FC2ブログ

珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(5)ルールライティング

.08 2019 ★珊瑚海決戦カードゲーム comment(0) trackback(0)
珊瑚海決戦カードゲーム 紹介

 ゲームが形になってくるとルールを書く段階になりますが、テストで機能していたシステムも、文章にすると説明しにくいものが出てきます。
 なんとかして伝えようとしますが、文章がやたらと長くなってしまったり、また全体を読まないと意味がつかめないようなルールになったりしてしまいます。

 先に書いたように、9Joeは面倒くさがり屋なので、自分の書いているルールが、複雑だとか例外が多すぎると思ったら、ギミックから思い切ってボツにするか、より簡単なシステムに代替しようとしてしまいます。またその代わりのアイデアがまた良いものが浮かばないとここで頓挫とかになったりするんですが(笑)。

 『珊瑚海決戦』でもそういう場面が何度もありまして、その都度に行き詰まったりしました。大改装、と言えるような変化は合計で4回。最初の日本機動部隊カードゲームの構想も入れると5回になります。
 最初はゲームのセットアップを究極簡単にしようとしていたので(山札を一つにすることもその一つですね)、しわ寄せがゲーム中の「例外」とか「細則」に出てしまっていました。それをなんとかしようとして、いろんな調整を行い、そのたびに自沈を繰り返していたようなものでした。
 そこを割り切って、一つの形にしたのが2017年の8月でした。「多少準備や戦闘に手間をかける代わりに、一回のプレイの面白さを担保しよう」という考えに切り替えたのです。これは正しい選択だったと今では思いますが、本当にそれまでは暗中模索という感じでした。
 それでも、「くり返し遊ぶゲーム」という視点に寄りすぎていて、ゲームバランスがシビアになっていたのに気付かされ、最後の大改修をしたのが11月。いやぁ、ほんとによく間に合ったものだと自分では思います。

 そんなわけで(?)ルールはこれまでに9Joeが作ってきたゲームにくらべるとやや複雑ではありますが、こだわりのゲームに仕上がっているので、是非とも読み込んでいただき、実際にプレイしてもらいたいですね。

(つづく)

前の記事
珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(1)発想の原点
珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(2)索敵の要素
珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(3)ゲームのスケール
珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(4)索敵か攻撃か

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/884-b901d5d5