FC2ブログ

珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(4)索敵か攻撃か

.05 2019 ★珊瑚海決戦カードゲーム comment(0) trackback(0)
珊瑚海決戦カードゲーム 紹介

 空母戦を検証する際に話題になることが多いものの一つに索敵本数の日米の違いがあります。日本軍は攻撃力を温存しようとして索敵を軽視していたとよく言われますが、その見立ては正しいのでしょうか?
 温存してはいけなかった? いやそもそも温存じゃなかった? 歴史は難しいですね。

 9Joeには史実が実際にはどうだったかわかりません。しかし、その状況を『珊瑚海決戦』で再現してみたいと思ったので、艦載機を攻撃・爆撃に使用するか索敵機として使用するかの選択を取り入れることにしました。日本軍は雷撃機を攻撃だけでなく索敵に使用することができ、アメリカ軍は爆撃機をやはり攻撃だけでなく索敵に使用できます。
 カードは使い捨てなので、どちらに使用するかで悩むかもしれません。特に日本軍空母は雷撃機の搭載数が少ないですからね。

 ちなみに索敵に使用された艦載機の数は、おおよそ以下のような感じでした。

5月7日
日本軍 97艦攻 12機(早朝) 4機(昼)
米軍  SBD 10機

5月8日
日本軍 97艦攻 7機
米軍  SBD 18機

 資料によっても差はあるのですが、おおよそ二日間合わせて日本軍は中隊2.5個、米軍は3個相当使ったことになりますね。先に書いたように、カード1枚は1個中隊相当としてデザインしているので、ゲーム的に言えば敵を見つけるために、カードを3枚使ったということになります。
 ゲームでは、運が良ければ一発で見つけることもありますし、5度6度索敵を繰り返すことになるかもしれません。そこは歴史のifということになりますね。

 ちなみに日本軍は索敵に使える艦載機がアメリカ軍より少ない代わりに、地理的なメリットととして陸上機や水上機などの協力が得やすいようになっています。「味方からの報告はまだか!」なんて、じりじりするかもしれませんよ。

(つづく)

前の記事
珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(1)発想の原点
珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(2)索敵の要素
珊瑚海決戦カードゲーム:デザイナーズノート(3)ゲームのスケール

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/883-5fd5b95b