FC2ブログ

『ロボコマ』リプレイ(3)第二戦、最終戦

.30 2018 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
『ロボコマ』リプレイ(1)機体・武装選定編はこちら
『ロボコマ』リプレイ(2)第一戦はこちら

(つづき)

第一戦は激しい戦いの末に勝利をもぎ取りましたが、正念場の第二戦です。ちわわんも、今度は本気で来るでしょう。もう負けられないちわわんとしては、のこり3体中、唯一手持ち武装が使える二脚の《零式》を投入してくるに違いありません。

二脚は接近戦に強い機体。それは先の戦いが証明したとおりですが、ゆえにそれに対抗した機体で挑むのが道理です。そんなわけで、今回、ホバータイプの機体を使うことにします。ホバータイプは、移動手段として地上を移動する《移動》とは別に《飛行》を持っています。《飛行》中の機体に対しては、《飛行》するか《ジャンプ》でもしない限り、他の機体は接近戦武器で攻撃できないのです。つまり、二脚の最も得意とする接近戦を封じる、二脚キラーともいえるタイプなのです。
ホバータイプの機体は二体、《アークエンジェル》と《飛龍》から選べますが、《零式》は移動力が高く、いくら空を飛んでいるとはいえ足元に張り付かれるのはかんべんですからここは同じく移動力の高い《アークエンジェル》にします。

さて、ちわわんはしきりに「あ〜武器選び失敗したな〜」ともらしています。オーソドックスな武装を9Joeがわりと抑えている分、あちらはマニアックな武器が多いはずで、バランスのいい機体は作りにくいでしょう。しかもそういう武装はたいてい重いんですよね。いや、しかしそういう中での機体構築ほど面白いことはないんですが。

とはいうものの、こちらの《アークエンジェル》も武器の搭載量は少ないので悩まないわけではありません。
機動力のある二脚を仕留めるために命中率の高い武器を積む必要があり、候補としてはマシンガン系、ビーム系、ミサイル系が選択肢に上がりますが、全てを持っていく訳にはいきません。悩んだ末、使用時にこちらの機動力が下がるビームは諦め、マシンガンとミサイルを選択。マシンガン系は小型内蔵の《バルカン》。ミサイルも軽量のものを積みたかったのですが、唯一取っていたミサイル系が《多弾頭ミサイル》なので、しかたなく搭載。あとは、ミサイルを撃つ余裕が無いとき用の《ロケットランチャー》、中間距離用の《ライフル》、万一の接近戦用に小型の《ヴィブロナイフ》と一通り装備。シールドも一回り軽い小型の《スモールシールド》を持たせました。

ロボコマ リプレイ

さて勝負開始となりましたが、ここでいきなり想定外。
なんとちわわんは今回もタンクを投入です。
「あえてのタンク2連戦」とかほざいていますが、二戦目でリプレイ終わらせる気か!?

いやいや、ちわわんに限ってそれはありえません。なるほど、ここで二脚を投入しても後がない。それならば、ここであえて危険を犯しても意表をつくべき、との判断? 確かに、裏はかきましたが、タンクタイプの《サムソン》は、手持ち武装が使えないただの戦車もどき。シールドの殆どが使えないので、守りも弱い。先手で攻撃しつづければ、勝機があります。

そして第二戦は始まりました。

先手はちわわん。しかし、ちわわんの《サムソン》はいきなり距離を詰めることはせず、《上半身旋回》のコマンドを実行。これは、常に上半身を敵に向けておくことで武器の死角をなくすアクション、つまりは射撃戦の構えをとりました。固定武器は威力と射程はありますが、死角が広いのが弱点。ちわわんとしては、万全の体制で戦闘開始、それとも第一戦での反省に立って、というつもりだったでしょう。
しかし、この「備え」に費やした僅かな時間が命取りになるのです。

9Joeは《アークエンジェル》を進ませ、《レーダー》のコマンドを実行。《レーダー》がスロット上にあると、目標は〈ロックオン〉され、ミサイル発射可能な状態になります。そしてもちろん、次なるコマンドは《多弾頭ミサイル》。ミサイルはタンクの移動性能では回避しきれません。防ぐにはミサイル妨害兵器の《ECM》か《チャフ》、もしくは「シールド」が必要です。サムソンはここでシールド武装の一つ《ビームフィールド》を実行しました。《ビームフィールド》は機体の全周囲をビームの力場で覆ういわゆるバリアー。腕のないサムソンが唯一使えるシールドはこれしかありません。そして普通のミサイルなら、このバリアーで防がれたでしょう。しかし、不幸中の幸いにもアークエンジェルが放った《多弾頭ミサイル》は、重量もそれなりだけのことはあり、バリアーで防ぎきれる威力ではありません。結果、ミサイルのダメージはビームの障壁を貫通。サムソンの《上半身旋回》と《ビームフィールド》発生装置を破壊しました。

内心、「勝負あった!」と確信しました。
これで、もう《サムソン》に使えるシールドはありません。ミサイルとロケットでアウトレンジすれば、《サムソン》に打つ手はない、と。

ロボコマ リプレイ


しかしこれは完全に勝利を確信したがゆえの油断でした。《サムソン》は最初から小奇麗な防御戦をするつもりはなかったのです。《サムソン》も《センサー》を展開し、使用したのは《バーチカルミサイル》。垂直発射した後軌道を変えて敵に向かうこのミサイルもまた、威力は普通のミサイルランチャーより上回ります。ミサイルは〈高速移動〉や《飛行》では回避しきれません。反撃は予想していましたが、それに対して備えていたのは《スモールシールド》。ひとまわり小さい盾ではダメージは防ぎきれず、アークエンジェルも《移動》機構に損害を被ったのです。

逃げながら《ロケットランチャー》を撒く《アークエンジェル》対、損傷覚悟で次々反撃を繰り出す《サムソン》との対決となりました。しかし次に《移動》にダメージを受けたら《アークエンジェル》は移動不能。そのプレッシャーで受け身にまわり、攻撃の手がゆるみます。そこを見逃すちわわんではありませんでした。

《サムソン》の《バーチカルミサイル》を《バルカン》で迎撃しますが、続けて放たれた《ミサイルランチャー》が直撃。移動機構を完全に喪失してアークエンジェルは戦闘不能となり、ちわわんが勝利となりました。

「最初のミサイルをスモールシールドじゃなくてバルカンで防いでいたら、こちらが負けていたかもね」と、ちわわん。しかし、顔は「してやったり」の表情です。む〜、それじゃあ3戦目で勝負をつけようじゃないか!

ということで第3戦に突入!

こちらは万能タイプの四脚《ビスマス》で挑むことにします。選んだ装備は写真の感じ。ちわわんはかならず二脚の《零式》で来るでしょうから中近戦仕様でガチ勝負にいきます。耐久力なら、二脚より四脚に分があります。また回避性能の高い二脚に対する切り札として必中の《ビームライフル》を装備させました。

ロボコマ リプレイ

かくして、ちわわん。やはり《零式》を投入してきました。今回、ちわわんが二脚なので、イメージを近づけるためにコマを交換します。

開幕はお互い、間合いを詰めながらのロケット火器の差し合いとなりました。
ちわわんが放ったのは《EMPロケット》。機体にダメージは与えませんが、電磁妨害によって機体のコントロールに障害を与えるというもので、セットされているコマンドがキャンセルされてしまいます。《移動》で回避しましたが、これはシールドでの防御が不可の武器なので、今後迂闊にシールドには頼れません。
こちらも《ロケットランチャー》を放ちましたが、〈高速移動〉で回避しつつ距離を詰めてきます。やはり接近戦がお望みか? ならばと二連続攻撃を仕込みます! 《ライフル》で回避行動を誘い、回避後の無防備なところに《マシンガン》を浴びせる寸法です!

ロボコマ リプレイ

が、そうは問屋がおろしませんでした。こちらの攻撃を読んだのか《ライフル》の射撃に対して〈高速移動〉で距離を取ります。射程の短い《マシンガン》は空振りになり、コマンドが無駄に。この僅かなアドバンテージを活かしてちわわんはミサイルを放ちます。さすがにこれは《シールド》で防がざるを得ません。

ロボコマ リプレイ

しかし、こちらも攻撃の手を緩めはしませんでした。距離を詰めてミサイルの射程の内側に入るととともに、《マシンガン》を浴びせ、シールドをもぎ取ります。たまらず後退し、壁を背負う《零式》。エンジンがかかってきたか、最終戦らしい勝負になってまいりました!(当社比)

ロボコマ リプレイ

そろそろ頃合いでしょう。《ビームライフル》の出番です。ちわわんも危険と判断したのか、反撃しつつ〈高速移動〉でコーナーからの脱出を図ります。しかしこちらは移動性能の高い四脚。小回りをきかして側面を取ります。この角度ならばシールドも使えません!

ロボコマ リプレイ

しかし、予期せぬ逆転が待っていました。側面を晒したのはこちらを近づけるための罠。二脚には〈ステップ〉というアクションがあり、僅かな距離ですが間合いを詰めることができるのです。そして《ハンマーアクス》によるカウンター攻撃が待っていました。結果、《ビームライフル》に加えて《移動》《ライフル》他の装備を大量に喪失する結果に・・・

ロボコマ リプレイ

《移動》コマンドが残り1枚となり〈高速移動〉できなくなった《ビスマス》がその後アウトレンジでご愁傷様になった話は割愛です。

そんなわけで、今回の対戦はちわわんが2勝、9Joe1勝で、ちわわんの勝利となりました。

久々の対戦で9Joeもちわわんも、けっこう勘所を忘れていたりして、またリプレイも結構細部を忘れていてざっくりした記事になりましたが、これを読んだ方に『ロボコマ』に含まれているいろいろな要素がすこしでも伝わったらうれしいな〜というところで、このリプレイの筆を置きます。最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/858-dbf2d7e3