『ねこあつめカードゲーム』のルールブックの作り方

.05 2018 ★ねこあつめカードゲーム comment(0) trackback(0)
『ねこあつめカードゲーム』は、前作を購入いただいた方はご存知と思いますが、対象年齢を小学3年生(8歳)としています。これは「作ったゲームが8歳でも遊べそうだから」ではなく、そもそも「8歳で遊べるゲームを作る」というところからスタートしたからです(そのあたりの経緯はこちらを参照)。そのため、ゲームの用語はもちろん、ルールの書き方もいつになく慎重を期しています。

特に気を使っているのは「言葉」。小学校低学年で理解の及ばないような言葉を極力避けるのに加えて、もちろん漢字も小学3年生までに習う漢字だけを使ってルールを記述しています。この漢字を調べる作業が結構意外に大変です。

例えば「カードを選択する」なんて記述はよく使いますが、きらりんから貰った小学生漢字早見表を見ながら探すとこれ4年生の漢字。となると、ひらがなで書くことになりますが、「せんたくする」ではわかりにくい。そこで「えらぶ」と書くことになります。「選ぶ」とは書けないわけです。同様に「置く」もひらがなでなければなりません。じゃあ「使う」はどうでしょう?・・・・これはOK。小学3年生の漢字です。でもただ使うのではなくて、そこにはふりがなをふるようにしています。だって・・・漢字が苦手な子もいると思うし、もっと小さな子でも遊んでくれるかもしれませんしね。

そんなわけで、今、漢字早見表とにらめっこしながら作業をしています。
※記事をカテゴリ「ねこあつめカードゲーム」に移動しました

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/847-5ee421d8