ゲーム制作は恋愛に似ている

.25 2017 ★珊瑚海海戦カードゲーム comment(0) trackback(0)
9Joeです。最近ふと思ったんですが、ゲーム制作って恋愛に似てますね。相手がユーザーっていう馬鹿でかい対象であることはともかく、気に入ってもらおうと色々考えたり、アピールしたり。その上、見向きもされなかった時の落ち込みぐあいとか、自己肯定作業とか逆ギレとか(最後のはいただけないですが)。

さらにゲーム制作仲間同士の友情とかも。そして、友人が同じテーマを狙っている(作っている)と分かった時の焦りとかライバル心とか。それは「自分のテーマよ! 手を出さないで!」なんていう感じですかね。で、しかもそれについて相手から相談を受けてしまって、友情を取って作るのを控えるか、出し抜いて先に出すかとかの葛藤とかもなかなか似ている気が。

ゲームを作っているとき、9Joeは基本的に「自分と同じアイデアのゲームはすでに世に3作はでている」というふうに考えてまして(自分に似た人は3人いるみたいなもの)、だから作ることに意味はあるの? と自問することが多いです。それで調べてみて、やはり同じようなテーマや方向性のゲームが他にもある、または出るらしいと分かったりすると、もう気が気ではありません。恋愛で言うとなんですかね、「身を引く」べきか、「ライバル宣言」すべきかの葛藤みたいな感じになります。

最近ウォーゲームの界隈で空母戦ゲームの制作がブームみたいで、なんか次のゲームマーケットとかその次あたりとかに3〜4本出そうな気配がしてます。このブログを見てくれている人は知っていると思いますが、9Joeも昨年3月ごろから『珊瑚海海戦カードゲーム』を作ってまして、実はほぼ形になっているんですが、細かな調整を行っているところ。どうかな〜ここはライバル宣言するところかな? それとも身を引くところ?(笑

カテゴリはこちら

正直、自分が遊びたい、欲しいと思うゲームが出てくれるなら、自分が作らなくてもいい派なんですけどね!

coralsea_160328.jpg

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/826-16093d6d