ゲームマーケット2017春の戦利品を眺めたり遊んだり

.21 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット2017春に参加してきました。もともと行く予定はなかったんですが、直前に手伝いがほしいという話で行くことに。いつもは注目ゲームも調べておくんですが、今回はまったく事前準備なしの参加でした。それでも、会場を回れる時間がもらえたので色々と見てくることができました、ほくほく。

gm2017sp_all.jpg
今回のゲームマーケットでの戦利品。

「CHRONO BLAZE」ロボット物のカードゲーム
「PACIFIC GO」ボードゲーム風太平洋戦争ゲーム
「太平洋の土下座」太平洋戦争シミュレーションゲーム
この三つが今回の新作。

「ニューロストレガシー」春イベント限定おまけ付き
「春夏冬中」
「FLEET」ワーカープレイスメント風のカードゲーム。2016年秋の新作
これらは新作じゃなかったのですが、いろいろ気になって。

最初の週末ということで、9Joeも早速いくつか遊んでみました。

gm2017sp_02.jpg
▲『PACIFIC GO』プレイ中

太平洋戦争のシミュレーションゲーム、それも全体を俯瞰した戦略級って、まったくの初心者に対しても一定のニーズが有ると思うんですが、基本複雑なのが多いのでなかなかコレってのが無い気がしてました。
この『PACIFIC GO』は、その点、ユニットの情報をすっかりオミットすることで、ゲームのルールにプレイヤーが集中できるため、初心者に対しても勧められるゲームになっています。太平洋戦争の序盤から終盤までを扱うこと、1ターン中にも交互手番で進んでいくためにプレイ時間はそれなりですが、練習用のショートシナリオもあります。
「囲碁」に見立てられている通り、たしかに、一手一手の指し順が囲碁や将棋にも似て、一手の無駄が全局面に決定的な遅れとなって響いていくようなそんなゲーム感覚がありました。

ゲームマップ上に置かれている木製のキューブ類が部隊を表すのですが、その部隊を移動させたり戦わせたりさせるのに全て資源ポイントが必要。その資源をどう確保・運用するかが、日本軍にとって戦略の要になるんですが、お試しソロプレイではゲーム序盤にうっかりジャワ海の制海権をイギリス軍に奪われてしまい、以後それを取り返すことができずに資源不足から日本軍が敗退となりました。
将棋の14歳の棋士が話題ですが、ほんと計算力の高い若者ゲーマーに是非プレイしてもらいたいゲームですね。

gm2017sp_01.jpg
▲『春夏冬中』プレイ中

秋がないので「あきないちゅう(商い中)」と読むのだそうです。発売はもうかなり以前のようでしたが、推理モノということで価格も手頃だったので興味を持ちました。

ゲームの仕組みは『スルース』によく似ています。他の人の手札の内容に対して質問を行いながら、抜かれている特定カードを当てる、というもの。ただ、スルースと大きく違うのは、1)質問は任意の内容で行える(ただし、質問の形式は決まっている)、2)質問の答えを記録することは禁止、の二点。

実際に三人でプレイしてみたところ、使用するカードの種類や枚数は、スルースより少なめなので、たしかに記憶でプレイできる範囲だしその分手軽。ただ、このタイプの推理ゲームは自爆&脱落式なので、子供向けではないなぁという気もしました。

gm2017sp_03.jpg
▲『ニューロストレガシー』

以前から『ラブレター』と迷っていたのですが、ゲームマーケット会場で特典として「ワンドロー作品ロストレガシー」という自作キットを配っていたので、つい買ってしまいました。ニューの絵柄が良かった、というのもなくはありません。

探索フェイズにて最終的な決着がつく、というのが脱落方式の『ラブレター』との大きな違いらしいのですが、9Joe的には「探索」というフレーバーが気になってました。SF+探索、これ9Joe的には一種のキラーキーワードなんですよ。で、実際、三人でプレイしてみたところ、探索ゲームとしては食い足りなく・・・。『ラブレター』にしておけばよかったんじゃ・・・・という周囲の反応。いや、でもこれイラストがいいよね!ね!ねー!

そんなわけで、次は注目の新作ロボカードゲーム『CHRONO BLAZE』のレビュー、のつもりです。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/820-c732fa3b