『燃えよ冷戦 』と『しぐさコレクション』を遊んでみる

.26 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット2017神戸の新作『燃えよ冷戦 〜俺達の終末時計〜』を遊んでみました。
プレイヤー全員は米ソ時代の国の重要人物となって核戦争を回避するために力を合わせる協力型ゲームです。ただし! もし核戦争が起こったとしたら? その場合は、核戦争の引き金を引いたプレイヤーの敗北となり、他のプレイヤーは勝利します。

燃えよ冷戦
▲『燃えよ冷戦 〜俺達の終末時計〜』プレイ中

このゲームでは、「終末時計」というサブタイトルから推測される通り、20分前からスタートする時計を0にしないように、各プレイヤーは考えながら手札を必ず消化しなければなりません。手札には、事件名と消化する時間が書かれていて、「朝鮮戦争」や「中東戦争」などが出されるたびに残り時間がどんどん減っていきます。なかには「ヘルシンキ・オリンピック」「モスクワ・オリンピック」などの消化時間0という平和的カードもあり、できればそういうカードを切りたいところですがいつも手札にあるわけではなく、またそうしたカードが使えなくなる「オリンピック・ボイコット」などのイベントも発生するため、泣く泣く「SSBN」を配備したり、「カストロ」が登場したりして、さらに世界は危機に近づいていきます。そうならないために、イベントを無効にする「外交努力」のカードもあるのですが・・・・

写真では、時間を記録するために近くにあった囲碁盤を使いましたが、TCGのライフカウンターでもメモと筆記具でもなんでもいいのであると便利です。

米ソの冷戦時代を知らない人にはピンとこない事件名ばかりですが、ゲームのルール自体はシンプルで小学生でも遊べます。「ナセルってなに?」「プラハの春ってなに?」と質問する子供に、親が「それはね・・・」と説明しながら遊ぶ知的な時間も一興かと思います。もしくは携帯で検索しまくるか(笑)


ちなみに、この日は同じ徳岡正肇氏デザインの『しぐさコレクション』もプレイしました。

しぐさコレクション
▲『しぐさコレクション』プレイ中

このゲームの設定の詳細は、現物のルールを読んでいただくほうが面白いと思うのでかいつまみますが、各プレイヤーは伝統の「しぐさ」を用いて、堕落した「深海しぐさ」の蔓延を防ぐのが目的です。毎ターン公開される「深海しぐさ」(内容には「怠惰」「嫉妬」「暴食」などがあります)に対抗するのは、伝統あるしぐさ(の中からおそらく厳選されたに違いない)「革命しぐさ」「サイタマしぐさ」「ヴァルハラしぐさ」の三種類!

革命しぐさには、「立てバンコクの労働者よ!(タイ王国によける伝統的な革命しぐさ)」「銃口から政権が生まれる(選挙戦を勝ち抜くために銃器会社から献金を受けるしぐさ)」など。
サイタマしぐさには、「スッゾコラー!(色々長いので説明省略)」「ハイクを詠め(以下ry)」など。
ヴァルハラしぐさには、「小便は済ませたか?神様へお祈りは?」「僕はこの世界に許されていない存在だから」など、どこかで聞いたような有名なしぐさが並びます。

深海しぐさとの勝負は、それぞれのしぐさの「伝承者」数で決まり、伝承者数の多いほうが勝利します。そして勝利した場合、その伝承者数が最終的に得点になります。
ただし!
ゲーム終了時に勝利するのは、伝承者数のもっとも少ないプレイヤー! 「伝承者が少ないほうが、より貴重な「しぐさ」の流派であるのは歴史的にみて自明(ルールより)」だそうで。

いかに点数を稼がないか(しかしまったく稼がないと負けになる)、という変なゲームですが、カードテキストが秀逸なのでネタに一度は仲間内で遊んでいいゲームだと思います! 安いしね!


さて、いよいよ次は『Panzer Witch』(ボンサイゲームズ)の予定です。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/818-c9611da2