スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『STARTUPS(スタータップス)』(オインクゲームズ)を遊んでみる

.21 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
この『STARTUPS(スタータップス)』は、秋のゲームマーケットでの新作だったそうで、いわゆる準新作ということで売ってました。

このゲームは、企業への投資をテーマにしたカードゲーム。ゲーム中に登場する企業は6種類で、その企業のカードをより多く手元に置いたひとが、そうでない人からお金を集めることができるという割とシンプルなゲームです。その企業のカードを持っている人が、その持っているカードの割合にしたがって、トップ目の人にお金を払うというのがポイントで、まったくカードを持っていない人は払わなくて済みます。つまり、下手に競争して負けると支払う金額が大きくなるので、手の引き際が肝心。とはいえ、手札次第では最後に逆転できる可能性もあって、競合が少ないと油断していると痛い目を見ることもあります。

ゲームマーケット2017神戸STARTUPS
▲『スタータップス』プレイ中

ルールを読んでその場でプレイ可能な難易度はさすが同人大手のオインクゲームズの手堅さというところでしょうか。小学生二人を相手に2ゲーム遊び、わりと好感触。何かのゲームのつなぎや、頭の切り替えにちょうどよい手軽さのゲームです。後もひかない感じですし。

それよりも、9Joeが気に入ったところは未来有望な企業に投資する、というテーマですね。登場する会社には、ビールメーカーやゲームメーカーなんかもあるんですが、宇宙開発企業なんかもあって、別段ゲームの点数には何も影響ないんですが、そこに投資したいなー、買い占めたいなーと思わせる何かがあって、その企業マークも動物があしらわれているのもデザイン的に気に入りました。あと、このゲームの箱には、お金のチップが「ばらした状態」で山盛り「つめこまれて」いて、満足感がわりとあります。

「投資」という言葉がなんとか通じる相手であれば説明は簡単。そうでない小学生でも遊べるので今後も出番はありそうです。

さて、次はゲームマーケット2017神戸の新作『星を渡る』です。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/815-2cf72950
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。