スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸職人物語『IKI』をプレイしてみた!(いつの話だ)

.30 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
江戸職人物語IKI プレイ風景
▲江戸職人物語IKI プレイ風景

勢い買いしてあまりの高額さに愕然(そして他の商品が買えなくなって唖然)としたゲームマーケット神戸だったんですが、その買ったゲームもプレイして元を取らなきゃということで奮起プレイしたのが江戸職人物語『IKI』。もともと日本で出た商品がエッセンだか海外で評価されて海外で出て日本に逆輸入(うろおぼえ)したというような触れ込みで、「たしかに外国人が好みそうなコンポーネントだわ〜」というのが第一印象でした。
江戸時代の職人たちの名前とイラストがカードになっている、というだけで見ていてなかなか楽しいのです。読みにくい名前などもあり、「こういう職人いたのか〜」ってもしかしたら勉強にもなりそうな感じです。このあたりは、『討入忠臣蔵』にも通じるものがありますね!

「江戸時代経済を再現したゲームなのか!? 面白そうだ!」

と早とちりした9Joe。でもゲームはそういうことは全く無くて、タイトルにもあるように「IKI=粋」な生活したもの勝ち、という内容です。プレイヤーはいわば商人になって、町なかを回ってものを買ったり売ったり交換したりしながら家を立てたり職人を住まわせたりして「粋」ポイントを稼ぎます。江戸は火事が多かったことから、ゲーム中でも火事が起こって職人が焼けし・・・・ごほほ、長屋から追い出されたりするのでこれを食い止めるために火消し力をアップしたりと、いろいろやることはあります。

江戸職人物語IKI プレイ風景
雇った職人は長屋に住まわせて商売させるのです。んでもって成長してマックスになると引退して年金?ぐらしに。あんた、1年でどんだけ・・・

この価格帯のビッグゲームでいろいろやることがある、と書くと、これまた超できること多すぎ系のゲームを想像するかもしれませんが、ゲームをやってみると実のところは一度にできることは限られているのでそれほど難しくはありません。すごく大雑把に言うと、物件を職人に変えたモノポリーみたいなシステムで、止まった場所で買うか、資源を交換するかを考えるのみなので、考える時間もそれほど必要ないわけです。もっとも、移動するマス目は自分でコントロールできるので、どれだけ進むかの作戦は(他人の妨害も含めて)考えないといけないゲームになっています。いろいろモノポリーなので、歴史再現趣味の人にはハズレかもしれませんが、ゲームとしては良く出来ていて、登場する職人も後半(ゲームは春から始まって季節は冬・次の正月で終わる)に行くにつれてラージパワーだったり高得点だったりするので序盤でこけても最後までちゃんとチャンスがあるなどの安心感があります(シミュレーションだとそうは行きませんね)。
ルールブックが、必要なことは全部書いてあるのですがやや難読でもあり、見た目のシンプルさとはちがって最初はいきなりプレイまで行きませんでした。でも先ほど説明したとおりなので、わかっている人に説明してもらってプレイしたらさしてプレイに苦労はありません。小学4年生にルール説明して遊ばせてあげたら、後で4年生と1年生2人で勝手に遊んでいたぐらいです。

江戸職人物語IKI プレイ風景
勝手に二人で遊んでいた! さほど難しくないのかも。

というわけで、随分遅くなりましたが江戸職人物語の紹介でした。うはー休み時間終了〜

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/794-b380a368
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。