ゲームマーケット2016春の新作『虹かけ』を遊んでみる

.16 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
スター×モンスターさんの新作のもう一つが『虹かけ』です。『虹かけ』はノーマーク・・・というか、SFでも推理モノでもシミュレーションでもメシネタでもなければほぼノーマークなんですが・・・だったのですが、『宇宙探検』のディスプレイの横にこちらが置いてあり、ついでに聞いてみたところこちらも面白そうだったのでつい買ってしまいました。

nijikake1605.jpg
▲『虹かけ』プレイ中

ゲームは虹の色を表す7色+太陽+雲の9つのタイルを裏向けて置き、お題の色に併せて必要な色だけのタイルをめくって成功すれば得点というシンプルなゲームなんですが、神経衰弱の要素があります。箱の説明に7歳以上とありますが、確かに視覚的にわかりやすくてプレイする人を選びません。
雲のタイルを引くとタイルがシャッフルされるのですが、単に引いてしまった事故的演出だけでなく、状況を混沌とさせるために故意に引きに行くことも可能で、ゲーム全体を通すと作戦的に使うことができそうで意外に奥が深そうです。太陽や、追加の雷雲タイルの使い方もいろいろ工夫できそう。
最初に三回プレイして、その後もう一度遊びその時は二回。ゲームが長くなると、大人もだんだん頭が疲れてきてポカを連発するので、良い感じで盛り上がれます。四人で遊んだ時はなんと7歳の子が優勝(笑)

次は『筋肉猫』です。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/791-4f92c8c3