スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォーゲーム日本史『忍者大戦』をソリティアで遊んでみる

.25 2015 未分類 comment(0) trackback(0)
ウォーゲーム日本史初のカードゲーム『忍者大戦』。結構遊ばれているようですね。家族で子どもと遊ぶ人とか多いような感じがします。忍者、っていうだけで子供の食い付き、結構いいですもんね。忍たま乱太郎とか、みんな好きですもんね。

さて、そんな手軽なカードゲームだけにソロでも遊べるといいなーと思うのは必然ですよね!!!(力説)
そこで! 『忍者大戦』をソリティアで遊べるルールを作ってみたので、ちょっと書いてみます。

カードゲーム『忍者大戦』 ソリティアプレイ

★セットアップ
基本ルール通りです。ただし、仮想敵としてライバル数を設定します。1〜4人まで。以後、このライバル数を「X」と呼称します。

★ゲーム手順
当然のことながら自分からゲームを開始します。基本は全く同じです。

手番を次に移す時は、代わりにXの数だけ手札からカードを取り除きます。取り除くカードは、難易度の低いものから順に選びます(同じ難易度のものがあるときは、ダイスなどでランダムに決定します。難易度がこれまでの経過年数とあるときは、自分の経過年数を元に算出します)。

取り除いたカードは、ライバルの経歴として捨て札とは別に保管します。ライバルが獲得したカードの術のうち、他のプレイヤーに影響する効果はすべて自分が蒙ります!

最後にカードを山札から引くときは、1枚ではなく、「X+1」枚引きます。

★カードごとの解説
「機密情報」:このカードを獲得するとライバルの経歴から選んでプレイできます。ライバルがこのカードを獲得した場合は、自分の経歴のうち伝説点の高いものから1枚を選んで(同じ点数のものがあるときはそのうちからランダム)ライバルの経歴とします。
「流言飛語」:このカードを獲得すると手札のうちいらないカードを2枚破壊できます(次回補充時には2枚多く補充します)。ライバルが獲得した場合は、自分の経歴のうち伝説点の大きい物から2枚(同じ点数のものがあるときはそのうちからランダム)を捨て札にします。
「情報の握りつぶし」:ライバルが獲得した場合は、残っている手札を全て捨て札にします。
次のプレイヤーの生存判定難易度に影響するカード:プレイヤーが獲得した場合、次にライバルの経歴として取り除くカードの枚数を1枚減らせます。ライバルが獲得した場合は、それらすべての修正をプレイヤーが蒙ります。

★終了条件と勝利条件
終了条件は基本ルールに同じです。勝利条件は、獲得した伝説点で達成段階を評価します。

得点10点以上:雑魚
得点20点以上:下忍
得点30点以上:中忍
得点40点以上:上忍
得点50点以上:伝説


ルールとしては以上ですね。

試しにX=2でプレイしますね。・・・・・「家族と戦う」「故郷を焼かれる」「樹を飛び越える」「流言飛語」「引退(捨てる術は「流言飛語」)」「稲妻に打たれる」「くノ一を育てる」で終わって13点。これだと「雑魚」ですね!

つぎはX=4でプレイ・・・・「武将暗殺」「伝説の茶器を盗む」「弟子に教える(5点)」「旅芸人の情報収集」「埋蔵金を巡る抗争」「流言飛語」「落ち延びる武将の先導」で合計31点、「中忍」です! 「弟子に教える」が高得点になっていますが、それは途中ライバルの流言飛語で経歴を2枚取られているためです。

今のところ最高はX=2で、「旅芸人の情報収集」「武将暗殺」「弟子に教える(4点)」「故郷を焼かれる」「幻覚の罠」「後方撹乱任務」「伝説の茶器を盗む」で38点「中忍」です! ちょっと冒険すると死んじゃうんで・・・伝説は遠い!

こんな感じです。Xが多いと、妨害が多くてちょっとゲームが長引きます。いろいろ試した感じでは、Xは「2」ぐらいが難易度的にちょうど良い感じがしますが、どうかなぁ。
【ルールの追加】
ソリティアで遊ぶときは、二代目は登場しません。一度死んだらゲーム終了となります。

【Xについて】
初めてプレイするときはXは2、慣れてきたら3に挑戦してください(3が最もバランスがとれていると思います)。


記 2015年7月7日

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/758-98b02a66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。