戦車戦ゲーム『TANKS』をプレイ

.11 2015 未分類 comment(0) trackback(0)
漫画家の島本和彦先生が、漫画を読むときには読み手が作品に合わせてフィクションレベルを調整しておかないと楽しめないことがある、と何かの作品で描いておられたのですが、ゲームもまさにそうじゃないでしょうか。自分が誰とそれを遊ぶつもりかによってゲームの評価も変わるわけでして、そういう点からこのゲームはとても貴重に思えるのです。

戦車戦ゲーム TANKS
▲戦車戦シミュレーションゲーム『TANKS』(国際通信社)

9Joeが戦車戦ゲームといえば、WTB(ワールド・タンク・バトルズ)なのはこのブログの常連の方ならご存知かと思いますが、今回の『TANKS』はもしかするとそこに並ぶかもしれないゲームです。
「WTBって何?」という方のために少し紹介すると、以前海洋堂が食玩として販売していた戦車ミニチュアを使って遊ぶ戦車戦ゲームでして、全くシミュレーションゲームはもちろんボードゲームを遊んだことのない人でも遊べるようにシンプルなルールで作られたにもかかわらず、戦車戦の特徴とダイナミックな駆け引きができる超傑作でした。ただこれ、人気のうちに売り切れてしまい、現在入手は超困難。ところが! 去年にこれが戦車道ボードゲーム『ぱんつぁー・ふぉー!』として奇跡の復活。『ぱんつぁー・ふぉー!』はアニメ『ガールズ&パンツァー』のゲーム化作品ですが、劇中でリアルな戦車戦をやっていて、それを再現するのにWTBが使われたというわけ。しかも、ただそのまま復活したのではなくて、旧作で後ちょびっとリアルだったら嬉しいのにと思っていた部分に改良が加えられた進化版、しかもプレイ解説DVDつきとあってこれもう戦車戦ゲームの入門用としては超決定版なのです! アニメ知らない人でも、単に戦車戦シミュレーションとして十分に遊びうるからそれがすごい!

ところが一点、このWTBと『ぱんつぁー・ふぉー!』は、カードプレイが前提となっていて、それが面白さの要なんですが、ソロプレイには向いていないんです! ああ、なんてこと。ソロプレイ可能な初心者向け戦車戦ゲームはないものか・・・・

そこに出てきたのがこいつ、『TANKS』です。
正直に言うと、事前情報を集めた段階では9Joeは『TANKS』をなめてました。ところがシミュレーションゲーム未経験者からこいつで対戦を求められまして。その場でルール確認を始めて読み進めるとですね・・・・戦車戦のポイントを過不足なく抑えている上に全ルール使って(ここ重要)すぐさまプレイ可能な適度な難易度! いやもう衝撃が走りました。
各戦車の砲ごとに距離による命中率と火力を設定してあり、距離の駆け引きが重要になっているとか、旋回砲塔と固定砲の違いを運用面で再現するしくみとか、あと兵員輸送車とか大砲、歩兵などもひと通り入っていて戦車戦限定ではなく戦術級ゲームとして遊べるところとか・・・『ぱんつぁー・ふぉー!』がカバーしない部分をしっかり抑えていて、これは入門用ゲームとしては双璧誕生という気が!?
戦術級ゲームとしては、もちろん「精密」がつく他の戦車戦ゲームに再現性で及びませんが、初心者でも遊べるようにするために何を残し何を削ぎ落とすかの判断がまさにデザインの妙。昔のゲームの再販ということですが、良いものは変わらず今でも良いのだなぁとも思いました。これなら、9Joeの非ゲーマーの友人にも自信を持って薦められます!

シナリオは6本ありますが全部戦車戦なので、大砲や歩兵が出てくるシナリオを勝手に自作して遊んでいます。だってソロプレイ可能なので、そういう遊びに燃えて燃えてしょうがありません。イギリス戦車を追加してもらえればアフリカ戦ができるんですが、エキスパンションが出るといいな〜(遠い目)

戦車戦ゲーム TANKS
▲歩兵の突破を三号で支援するシナリオを勝手に作って遊んでいるところ。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/747-9ee08775