正月に作ったゲーム『妖怪将棋』

.10 2015 未分類 comment(0) trackback(0)
おくればせながらあけましておめでとうございます、9Joeです。去年もなんとかオリジナルゲームを1本発表できたので、今年も同じくオリジナル1本制作を目標に頑張って行きたいと思います。

さて、正月ですが今年は親戚の甥っ子がやってきて将棋を挑んできました。今、かなりハマっているらしく、お父さんを時々負かすほどになってきたとかで他流試合に来たのです。
将棋なんて何時ぶりだ?ってな感じで適当に打っていると、スキをすかさず攻めてくる猛者ぶり。いきなり飛車をやってしまって、真剣モードに切り替え、なんとか逆転勝ちで面目施しました。しかしながら、次はヤバイなという感じだったので、ちょっとリハビリの必要性を感じました。

ところがうちには将棋がありません(動物将棋ならあるんですが)。そこで、早速作ることに。どうせ作るなら、将棋に興味が無い他の親戚の子どもたちにも遊んでもらえるようなのがいいかもと思い、わかりやすい意匠をと考えて作ったのこちら。

妖怪ウォッチ将棋

『妖怪ウォッチ』の将棋です。もちろんこれは自分が子どもたちと遊ぶとき専用ということで、ちょっとイラストは借りております。
最初は適当に、将棋として遊べればいいや的に作りかけたんですが、最終的にはかなりこだわってしまいました。妖怪選びについては、飛車の裏はオロチ、角の裏は麒麟、ジバニャンは赤いので成金・と金、戦わない王はウィスパーとか、結構考えました。フユニャンを角にしたほうがよかったかなぁとか、未だ悩むところ。
動きについては駒に全部表記しているので、これだと将棋はよくわからないと言ってる家族でも遊べるだろうということで引き込みを考えてます。

まあ正直、ぱっと見では普通の将棋のほうがどこにどの駒があるかわかりやすいんですけどね。楽しい雰囲気大事ってことで。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/738-1b01aa0e