ゲームマーケット2014年秋新作『リーダーズアイドル』紹介(1)

.10 2014 ★リーダーズアイドル comment(0) trackback(0)
直前までイラストの変更などやっていたのですが、ようやく出来上がったので現在販売分の生産作業にとりかかっています。これまでにも何回かゲームの紹介をしてきましたが、最終的な仕様までに変更もありましたので改めてご紹介。

『リーダーズアイドル』は、キャラクター育成要素を持つ多人数プレイ可能なテーブルゲームです。プレイ人数は2〜4人。それぞれは、リーダーズカンパニーの広報部長の立場となって、部下をアイドルに仕立て上げて広報活動を行い、自社のPRを行います。ゲーム終了時のPRポイントの合計で、勝利者を決定! 広報活動にはキャラクターの向き不向きが影響するため、計画性が重要なほか、キャラクターの弱点を補う/長所を伸ばすといった育成をどのタイミングで取り入れるかも考えなければならない、いわば広報シミュレーションでもあります。

といっても、ゲームシステムは非常にシンプルにしておりまして。当初はかなりヘビーなゲームだったのですが、とにかくプレイ時間を短くして、手軽に何回か遊べるようにするため、改造を重ねました。

ゲームに使用するカードは、広報部配属の見込みある若手を表す「社員カード」5枚、そして様々な広報計画を表す「プロジェクトカード」24枚、それから親手番を表す「トップカード」からなります。
こちらは社員カードの一つ。

リーダーズアイドル キャラクター
▲リーダーズアイドル 広報部社員「空樹一美」

キャラクターは5名で、当然女性・・・・・・が多いのはいいとして1名男性もいます。これ、もらったゲームの感想の中に「男性アイドルがほしい!」という女性意見があり、それを反映しています。結果的に男性も女性もあそべるファミリーゲームになっていると思うので、萌えゲーム・・・・と嫌わないでください。

さて、ゲームの進行は『ビッグチーズ』などでお馴染みの「競り」が中心となっています。『リーダーズアイドル』では、プロジェクトカードを競りによって落札し、そのカードに記載のPRポイントを獲得します。こちらはそのカードの例。

リーダーズアイドル カード 雑誌取材
▲リーダーズアイドル プロジェクトカード「雑誌取材」

点数、内容共に様々ですが、特徴はアイドルそれぞれの能力次第で得点しやすいかそうでないかの違いがあること、また獲得したカードの内容がその後のプロジェクトに影響を及ぼしていく点です。例えば、「マナー講習」のカードは、特典は0ですが、「社交」能力をアップさせる効果がある、といった具合です。

どのような広報戦略で行くか、手軽ながら頭を悩ませるゲームになっていると思います。

というわけで、リーダーズアイドルはイベント特別価格500円。a-game(アナログゲームショップさん)での販売となります。装丁は、ウインズ・オブ・カリビアンのような感じですので、よろしくお願い致します。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/731-5e98f198