ベネッセコーポレーションの個人情報漏洩に対するジャストシステムからの言い分

.12 2014 未分類 comment(0) trackback(0)
今日の日付で「ジャストシステム ユーザーズ・インフォメーション(以下、ジャストシステム)」からメールが来ました。タイトルはこの日記の表題通りです。普段受け取っている広告DMと違うのは、今ニュースになっている個人情報使用の件に絡む内容だった点。ほとんどTVも見れない9Joeですが、さすがに「株式会社ベネッセコーポレーション個人情報漏洩」に関するニュースは耳に入ってきています。

以下そのメールから重要部分を抜粋します。

ここから

【タイトル】
UsersInfo【重要なお知らせ:ベネッセコーポレーション個人情報漏洩の件に対する当社の対応につきまして】7/12

【本文】
■———————————————————————————————————
ジャストシステム ユーザーズ・インフォメーション      2014.07.12
■……………………………………………………………………………………………
■【重要なお知らせ】ベネッセコーポレーション個人情報漏洩の件に対する
          当社の対応につきまして
■———————————————————————————————————

 日頃は ジャストシステム製品をお使いいただき、誠にありがとうございます。
 この度は、株式会社ベネッセコーポレーション個人情報漏洩の件に関連する
 報道につきまして、多大なるご心配とご迷惑をおかけいたしておりますことを、
 深くお詫び申し上げます。

 当社は、2014年5月に株式会社文献社より257万3,068件のデータを購入し、
 これを利用して2014年6月にダイレクトメールを発送いたしました。

 事業活動の中でご登録いただいたお客様にダイレクトメールをお送りする場合
 や外部の事業者に依頼して発送する場合等がございますが、データベースを購
 入してダイレクトメールを発送する場合には、その外部事業者との間で当該個
 人情報は、適法かつ公正に入手したものであることを条件とした契約を締結し
 ております。

 今回、文献社からデータを購入するにあたりましても、同一の条件が含まれる
 契約を締結した上で、データを入手いたしました。しかしながら、社内調査に
 より、今回の文献社からの購入において、データの入手経路を確認しながら、
 最終的にはデータの出所が明らかになっていない状況で契約に至り、購入して
 いたことが判明いたしました。

 したがいまして、当社は、企業としての道義的責任から、2014年5月に文献社
 より入手した全データを削除することにいたしました。なお、当該お客様情報
 の使用は、既に7月9日(水)より中止しております。

 当社は、株式会社ベネッセコーポレーションから流出した情報であると認識し
 たうえでこれを利用したという事実は一切ございません。

 また、当社は、文献社から取得したデータが、株式会社ベネッセコーポレー
 ションから流出した情報であるか否かを確認する手段を有していないため、
 現時点においても、そのような事実を確認できているわけではありません。

 現在のところ、当社に対して警視庁または経済産業省からの問い合わせ等は
 ございませんが、今後何らかの要請等があれば、真摯に対応させていただき
 ます。

 お客様にはご心配をおかけしましたことを重ねてお詫び申し上げるとともに、
 今後は、個人情報の取り扱いについてさらにコンプライアンスを徹底し、
 適正な情報管理に努めてまいる所存です。

 今後とも弊社ならびに弊社製品・サービスにご愛顧賜りますよう、
 お願い申し上げます。

                        株式会社ジャストシステム
                          代表取締役 福良伴昭

■───────────────────────────────────

ここまで

Mac版一太郎が存在した時代からのATOKの愛好家である9Joeとしては個人的な感想の一つももたざるを得ません。
で、現在自分が知り得ているマスコミからの断片的かつワイドショー的な報道とこの文面を照らしあわせて感じたことを書きますと、「ジャストシステム可哀想」であります。

昨日の報道ステーションでニュース・キャスターが「大事な個人情報がなぜこうも簡単に売買されてしまうんでしょうか?」と締めくくっていましたが、その同じニュースの取材映像の中での取材された人の発言で明らかなように個人情報保護法の施行以来個人情報が手に入りにくいという現実があること、そしてビジネスにおけるマーケティングの観点から言えばより具体的な情報を入手して主要購買層に対してピンポイントでアプローチするのが有効なのは常識なので、「適法かつ公正に入手した」情報があるならそりゃあ欲しいとなるでしょう。個人情報の入手手段は古くからありますし。電話帳とか公共機関で入手できる地域資料とか信用調査(帝国データバンクとか)とか。

したがって今回問題の争点になるのはジャストシステムさんに情報を提供した文献社さん、もしくはその前段階の経路究明であろうと思っています。ここについては特別思うことはなく、単に早く解明されるといいなというぐらいですが、それとは別に思うこととしては、個人情報流出のリスクって一般に皆がどれくらい「覚悟」しているのかなぁということです。

通信販売、特にインターネットを使ったものが手軽になってきて、多くの人が何かしら使用されていると思います。カードを使わなければ安心、というものではなく、自分の名前や住所すらも実は貴重な情報です。懸賞などはどうでしょう? 抽選が終わったらちゃんと破棄されている、と思いたいですが旅行が商品だったりすると家族構成もまるわかりになりかねません。ソフトウェアはユーザー登録がついてきます。スマホのアプリとかのユーザー登録もありますね。パスワード再発行の時の誕生日の入力はどうですか? これで年齢が特定されてしまいます。いろんなところで流出のリスクがあるわけです(アプリ内のプログラミング動作による個人・位置データ送信などは別のものとして考えます)。

電話帳とかは電話営業を嫌って載せない家も増えているそうですが、自衛としてはこれはある意味正解だと思います。利便性をスポイルする代わりにリスクを減らしているわけです。そんなわけで自分も、最初のうちは結構慎重にサービスを選んだり自衛していました。が、さすがに最近は自分もどうにもならなくなってきました。プライベート以外ではそうも言ってられないことも多いですし。今回の件で分かる通り、大手ならば大丈夫、とも言えません。
情報を出す必然、買う必然、売る必然が揃っているわけなので、流出しないのがおかしい。理想でなんとかなる段階じゃないんじゃないかなぁ・・・というのが最終的な感想です。

というわけで、使っていない&あまり使わないサービスは解約しておこうっと!(もっとも、解約したところで情報が破棄される保障はないですよね)



それよりMac版一太郎は復活しないんでしょうか? 高機能はいらないので、古い一太郎ドキュメントを読めるブラウザてきなものがあると購入を検討したいです。ルビ機能は必須。メーカーの人が見てくれるかもしれないのでこれ希望。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/716-cf121eb2