ナラティブって言うのか

.06 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
先日読んだ4gamerの記事。「ナラティブという言葉が注目」されている、「ナラティブをゲームに上手く利用」せよ、といった話でなかなか興味深い内容でした。ストーリー表現におけるナラティブとは、に記事の大半が割かれてましたが、ゲームの設計全体に対してもナラティブは有効だというふうに解釈しながら読んでいました。

ナラティブという言葉は初見でしたが、情報を無尽蔵に詰め込めるコンピュータゲームと違って、アナログゲームのクリエーター、特にTRPGのマスター経験者には今更説明されるまでもない概念ですよね。無情報部分のコントロール技術ですから。あえて情報を与えないことで、リアリティを増すアレです。

PL「え?武器の価格やたら高くね?何で?」
GM「さあ、何でなんですかねぇ」

別にシナリオの本筋に関係しないので理由を言っても全然問題ないけど、「ここは辺境の町だから高いんです」などと設定を明かしたりしない。それによって、「近くで戦争でもやってて武器が買い占められたりしてるんだろうか」などとプレイヤーの想像をかきたてる。逆に、完全に用意しきれない部分を、同じ手段で隠して奥行きを出したり。

普通のテクニックですけど、これって今後はナラティブって言われるんだろうか、とか思ってしまいました。

ブレイヤーとして9Joeもそういう「想像の余地」が好きなので、デザイン時には設定過多にならないよう意識しています。

[リンク]4gamer
記事:[CEDEC 2013]海外で盛り上がる「ナラティブ」とは何だ? 明確に定義されてこなかった“ナラティブなゲーム”の正体を探るセッションをレポート

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/665-b0f6b0fe