『元亀争乱 ソリティア信長包囲網』のある日

.16 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
『元亀争乱 ソリティア信長包囲網』は、戦国時代の信長の後半生の戦いを扱った一人プレイ専用のウォーゲームです。対戦相手は必要なく、敵の動きはカードイベントによって制御されています。
プレイヤーは信長の立場となって、家臣団を統括し、天下布武を目指します。

今日はイベントがランダムに起こるオルタナティブシナリオをプレイ。オルタナティブシナリオでは、どの勢力がどのタイミングで参戦するのか、裏切るのかわからないため、純粋に展開にドキドキしながらプレイ出来ます。

今回方針としては、全力で朝倉を叩き、その後、武田、上杉の順で戦う計画でした。
ところがどっこい、足利義昭がいきなり包囲網参戦呼びかけを始め、武田信玄がいきなり上洛戦を開始。最初から朝倉との二正面作戦となり、伊勢平定も後回しの展開。徳川家滅亡後、一揆と反乱が発生し、荒木村重反乱で政治力を失いゲームオーバーでした。むう

130715.jpg

予想以上に早い武田参戦にあわせて、動員しまくって軍事レベルが低くなりすぎたのが敗因な感じでした。兵糧攻め重要。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/653-48a8a3a9