『フォークランド・ショウダウン』をプレイ(1)

.25 2012 Red Dragon Rising comment(0) trackback(1)
ハーミズ

アルゼンチンと英国が互いにフォークランド諸島(アルゼンチン名マルビナス)の領有権をめぐる紛争が勃発してから2日で30年を迎える。新たな軍事衝突の可能性は低いとみられているものの、フォークランド諸島沖には油田が存在することが分かっており、両国間の緊張が高まる要因となっている。[ロンドン 2012年4月1日 ロイター] 


長引く景気の低迷、金融不安、失業率の増加などにより、イギリスは国家財政の危機に直面していました。新政権も当初の期待に応えられず支持率は低下。軍事費削減のため、かつてない規模の軍縮を断行。とりわけ維持費の高い空母は退役が進められていました。そんな中、イギリスの元植民地や対立関係にある国々は、結束を強め、イギリス包囲網を作りつつあったのです。そのうちの一つがアルゼンチンでした。
アルゼンチンは軍事政権になって以来、国内の混乱を収拾できないでいました。経済状況が改善しないことに対し、国民の不満感情は爆発寸前。そこで民衆の不満の矛先をそらすために担ぎ出されたのが、マルビナス諸島・・・・「フォークランド諸島」の領有権問題でした。
イギリスが統治するフォークランドのアルゼンチンへの返還に向けての協議は、条件が折り合わず協議は長らく平行線をたどっていました。アルゼンチン政府もこれまで再三軍事行動をちらつかせて奪還の意欲を示しながら、実行に移すことはありませんでしたが、国家財政の危機で軍縮を進めている今のイギリスに、一万キロ以上も離れた南半球の島嶼の奪還のために軍事行動を行う余力はないと判断したのか、アルゼンチン軍は突如、軍隊を送り込み、フォークランド諸島とその東に位置する英領サウスジョージア島を占領したのです。
軍事行動を起こす決断を下すにも時間がかかる。外交交渉を長引かせれば、やがて南半球には冬が訪れ、実質的に作戦が不可能になる。そうなれば、さらに数ヶ月の時間を稼ぐことができ、実効支配を確かなものにできる。これがアルゼンチンの予想でした。
しかし、イギリスの対応は予想を裏切るものでした。英首相は、迅速に同盟諸国の理解を取り付け、武力奪還の決断を下すと、英機動部隊をフォークランド諸島に向けて派遣したのです。しかしそれでも残された時間は、一月あまりしかありませんでした。

『フォークランド・ショウダウン』は、こんな状況から始まります。

ゲームは英軍が一定の作戦数を終了した時点での勝利得点(VP)にて決します。VPはアルゼンチン軍視点で表されていて、VPが0より大きければアルゼンチン軍勝利。少なければ英軍勝利です。

フォークランド諸島には、5つの重要地域があります。「ポートスタンレー」「グースグリーン」「ベブル島」「ポート・ハワード」「フォックス・ベイ」。それぞれをアルゼンチン軍部隊が占領しており、それによりアルゼンチン軍が8VPを得ている状態です。この中の「ポートスタンレー」は諸島最大の都市で、占領によって得られるVPも最大。そして、英軍にとっては必ず奪還しなければならない都市になっています。
英軍はそれらの重要地域を奪還することでVPを獲得します。しかしもともとフォークランド諸島はイギリスが統治していた島。全て奪還しても勝利得点的には0にもどるだけなのです。つまり、イギリスが勝つためには、島の需要拠点の制圧に加えて、他の方法でVPを獲得する必要があります。それは、アルゼンチン軍に損害を与えることなのです。

しかし、アルゼンチン軍もイギリス軍に損害を与えることでVPを獲得できます。つまり、重要拠点の維持/占領に加えて、より多く敵軍に損害を与えた方が勝利に近づけるのです。そしてもし一方が勝利点を極端に獲得できたら、作戦終了を待たずに勝利する可能性もあります(サドンデス)。VPが20点以上になればアルゼンチン軍の勝利。VPが-5点以下になればイギリス軍の勝利です。

部隊の能力、質は、ともに英軍が勝っています。しかし、アルゼンチン軍は数で勝り、土地と勝利点におけるリードがあります。特に英軍は、急遽派遣されることになったため、編成が間に合わず、部隊はいくつかのグループに分かれて、順次戦場に到着します。そうした英軍の足並みの乱れは、アルゼンチン軍にとってのチャンスです。もし英軍が確たる戦果もなしに部隊結集に時間を費やせば、またはアルゼンチン軍の時間稼ぎが奏功すれば、冬の到来によりゲームは終了し、決着は勝利点の多寡で決まることになります。それはたいていの場合においてアルゼンチンに利することになるでしょう。したがって英軍としては、そうならないよう、アルゼンチン軍に決定的な損害を与えることで占領軍の降伏(サドンデス)を狙うことになります。

・・・・というわけで、いざ対戦!

(つづく)

(なお、今回のプレイでは、ほとんどの日本語版バリアントを採用しました)

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/564-f12d518f
アルゼンチンと英国が互いにフォークランド諸島(アルゼンチン名マルビナス)の領有権をめぐる紛争が勃発してから2日で30年を迎える。新たな軍事衝突の可能性は低いとみ
2012.06.26 08:26 まとめwoネタ速neo