スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』をプレイ

.10 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケットの出店情報で見かけて以来チェックしている「みさき工房」さんの『貴族の時代』をプレイしました。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』
▲プレイ風景

『貴族の時代』は、19世紀頃のイギリスの貴族社会を舞台にした社交ゲームで、貴族と交流を深めたりメイドを囲ったり資産を増やしたりして点数を稼ぎ、一番点数の高い人が勝利するゲームです。プレイ人数は2~4人。今回は2人でプレイしました。

ゲームが始まるとプレイヤーには10ポンド(お金)とランダムでメイド一人、初期点数5点が与えられます。盤上にはこのターンで雇うことの出来るメイドや交流できる貴族、購入可能な土地のカードがランダムに並べられます。これを手番プレイヤーから順に欲しいものを取っていくわけですが、金を使って邪魔をしたりすることも可能です。
さて先攻の友人は「やっぱ男欲しいでしょ」といきなり貴族キャラを確保します。貴族は晩餐会が開かれると高得点を得られますが、あとから同名のキャラを他のプレイヤーが落札するとそちらが有効になるという特徴があります(他人になびくわけです)。慌てて取らなくても・・・そうか、こいつおっさん趣味だったっけ?
次は自分。「やっぱりメイドだよね」とメイドを落札。でもそれは黒メイドで、家事一切は出来ず点数が徐々に下がりますが毎ターンお金が入ってくるキャラ。それ、まともなメイドちがう。
このターン、メイド二人を確保したこちらに対して友人は貴族と土地をゲットです。このあと、土地やメイドなどからの収入を処理し、メイドに俸給を払ってターン終了です。この時点では点数計算はまだしません。あ、でも黒メイドのペナルティによる点数減だけは行われます。

第二ターン。メイドと土地と貴族とバランスよく登場ですが、今回は先攻だったので貴族を取ることにしました。が、このゲーム。貴族のゲームと言うだけ合って、金を払えば他人の邪魔もやり放題。友人は金を積んで自分がゲットした貴族をかっさらい、あまつさえ逆に取り替えされないようにまたさらに金を積みます。
しかたなく自分はメイドの中から良さそうな子をチョイスしようとしますがちょっと皆能力が低め。そこで金を払ってカードを流して、他のメイドを雇うことにしました。そしてメイドだけ着実に増えていきます。
ターン終了で、黒メイドによりお金は結構増えていきます。友人も土地が二つになったのでさらにお金はインフレ状態。これはもっと積極的にお金を有効活用せねば。

第三ターン。ランダムに発生するイベント「供給激減」が場に登場。これが出るとカードを流すことが出来ません。しかし貴族が二人場に出ているので悪くない状態です。貴族一人を友人がゲットしたので、もう一人を自分がゲット。この一人はすでに友人がゲットしている貴族と同名のカードなので、友人のカードは無効になり、自分のカードが有効になります。得点も稼ぎつつ、友人の邪魔も出来、まさに一石二鳥。
こうして三ターン目の収入と俸給の処理をするわけですが、その後、晩餐会が開かれます。
晩餐会では、貴族と土地、メイドそれぞれから各種点数を獲得できます。メイドはそれぞれの点数は低いですが、屋敷の家事をうまく分担させられると追加点があり、友人はメイドが足らずまるで点数が取れなかった一方、こちらはその追加点を得ることが出来ました。しかし、友人はこちらより貴族が多いのと、こちらは黒メイドのマイナス点があることで少し差が開いてしまいました。何とかせねば。

第四ターンからは、メイドによる家事点特化で行くことにしました。場のカードを流したりしながら、屋敷の家事をこなすために必要なスキルをもつメイドを確実にゲットしていきます。一方友人は土地と貴族に特化。毎ターン土地から得られる膨大な金のあまりでメイドもそろえ出しました。こちらは黒メイドの収入で毎ターン潤っていましたが、メイドがどんどん増えていくと(能力の高いメイドは俸給も高いのです)ついに黒メイドの収入ではカバーできなくなってきました。どうなるこのレース!

最終ターンの晩餐会。友人は貴族と土地をがっちり確保で高得点。こちらは大量のメイドで屋敷の全家事をこなして全追加点ゲットしましたが、友人が42点確保で勝利。点差はわずか4点で、黒メイドのマイナス点が無ければ勝利という、なかなかにいい勝負でした。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』
▲文字通りメイドがいっぱい


デザイナーの後書きにありましたが、清楚なメイドのゲームを作りたかったとのことで、確かにメイド萌えとか関係なく、すっきりと遊べるゲームでした。でも友人は、「この貴族とこのメイドが出来てて、その事実を知ったこの貴族がメイドにさらに・・・」とか勝手な設定を作りながら遊んでいたのでやっぱりメイドはすごい世界です。個人的には、イラストがとてもキレイで気に入りました。背景も描ける人はなかなか。プレイ時間もインスト込みで40分ちょうど(パッケージに偽りなし)ってのもいいですね。

しかし、同人ゲームでマップがハードボードなんてうらやましい限りです。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/507-8eeeccbb
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。