キャストで型取り(3)

.17 2011 ★ロボコマ comment(2) trackback(0)
今日はいよいよキャストを注入して成形してみます。

型は二つ合わせた状態で、圧力をかけるために板に挟んで輪ゴムで縛っています。流し込むキャストは色々メーカーがありますが今回はとりあえず直感でこれです。色はアイボリー。他に白や灰色もありましたが、灰色もいい感じの色でした。ゲームの駒を量産するときは2色用意して、どちらがどちらの駒かが分かるようにする予定です。

ロボコマ キャストで複製

レジンは二つの液体を混合して注入します。シリコンは固まるのに1日ですが、こちらは混合すると、120秒ほどで固まるらしいです。ええ? それで作業できるの? という気がしますが、まあやってみます。

ほぼ同じ分量をまぜてさっと型に入れてみます。しか~し、穴が細くて途中で詰まってしまった感じが。あわてて人工呼吸よろしく、シリコンの型に外から圧力を加えて中の空気を押し出すようにしてみます。いくらか空気がぽこぽこ浮いてきて・・・・うむむ、不安です。

ロボコマ キャストで複製

解説書には20分ほどで固まるとのこと。その間、ゲームのアイデアを夢想しながら待つことに。

ロボコマ キャストで複製

固まりました。確かに早かったです。途中、かなり熱を持つのとその間、においが強いので換気は充分にしたほうが良さそうです。
攪拌用カップ残りも見事に固まってます。

で、どきどきしながら型を外してみたらちゃんと抜けました!

ロボコマ キャストで複製

かなりバリがありますが、一応形を成してます! ただ・・・やはりというか、かなり型内に空気が残っていたようです。銃身やシールド、ミサイルなどとがった部分に充分にキャストが流れ込まなかったようです。
これもマニュアルに書いてあったのですが、こういう場合、空気の逃げ道を作ってあげるのがいいらしいです。というわけで、早速空気抜きの道を造ります。

そうとうバリが増えそうですが、ちゃんと形にさえなれば多少の仕上げ加工ぐらい、わけないはず!

ロボコマ キャストで複製

というわけでリトライすること3個目でようやく満足いく形が抜けました。バリはかなり減ってきました。きれいに取れなかった粘土がバリと共に剥がれて隙間が減ってきたのかもしれません。

ロボコマ キャストで複製

仕上げたらこんな感じです。中学以来の模型工作(型取りは始めてですが)にしては上出来な気がしますがいかがなものでしょうかw 
奥のが最初のもの。色がかなり違うのは・・・・やはり、混合量を間違えたから? 攪拌が足りなかったから? よく分かりませんw
かなり空気の抜けは良くなりましたが、どうしても多少ヒケが出たりするようです。が、そこはハンドメイドの強みを活かして直接モデルを成形してしまうのがよさそうです。というか、形状複雑すぎ?

ロボコマ ゲーム用の駒

というわけで、ずいぶん試行錯誤しましたが、『ロボコマ』の駒はこれでいくことに決定です!

剣 はじめ
すごい!カッコいいと思いますよ!!
いいですね~やはり立体駒は臨場感がちがうなー今にも上半身旋回しそうですねーwwすばらしい!!
2011.09.18 22:42
9Joe
そう言ってもらえるとますます有頂天にw がんばって二つ目も作ります!
2011.09.20 15:05

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/458-0f6aff09