スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公開和訳よりゲームレビューの価値

.29 2011 未分類 comment(0) trackback(0)
ようやく仕事が峠を越えたので(越えたとはいっても全力でまだ走り続けねばならないマラソンの途中ですが)ひさびさに「ゲーム創作を再開するぜ」とやる気満々で帰途に着いたら、事故の影響で電車が止まっていました。

そういうわけで、今日もネットカフェでPCに向かっています。



さて、最近気になっていたゲームに『レジスタンス』がありました。評判もいいし、かなり買う気満々だったのですが、ネットに和訳があることを知ってしまってつい読んでしまいました。

印象は『バトルスター・ギャラクチカ』のコアシステムを人狼テイストにアレンジしたという感じでした。ネーミングも、ギャラクチカのインスパイアかなぁ。面白い、という評判も「そりゃギャラクチカだからなぁ」と納得でしたが、遊ぶ前にいろいろ見えてしまったことで残念感が。

9Joeの場合、ゲームに対する対価の中で大きな割合を占めるのが、アイデアや設定への感動に対するものなので、先に情報を得てしまって「すげー!」となって買えればいいんですが、そうでないときは「はずれをつかまずにすんだぜ」と思うより、非常に申し訳ない気持ちになってしまいます。

シミュレーションゲームなどは、ルールを読むだけでは何が再現されるのかわからないことが多いのでわりと安心していたのですが、シンプルなテーブルゲームは要注意ですね。コンポーネントありきの、たとえばジェンガとかなら問題ないですが、思考ゲームでは・・・・。

全部わかってしまったら遊ぶ理由がなくなってしまうので、やっぱり

「公開和訳、読むのは危険」

ですね。同様の理由で、ネタばれ同然のルールサマリ同然のゲーム紹介とかも感心しません。

なので、ルール(アイデア)そのものではなく、それを遊ぶことで得られる面白さを伝えようとするレビューこそ、9Joeは価値を感じています。



・・・って、今日は何を書いているのかわかりませんね。もう寝ます。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/427-87d1d0d6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。