気になるゲーム(2011年5月7日)

.07 2011 未分類 comment(0) trackback(0)
相変わらず大人気の『7 wonders』。人数の許容も幅広く展開も多くバランスもいいとかいいことしか聞きません。とても気になりますが、その前に。
以前、気になるゲームの日記で書いた『Cosmic Encounter(コズミック・エンカウンター)』で興味あるレビューが。

[リンク]失われた時を求めて
記事:Cosmic Encounter
http://omt.sub.jp/php/wordpress/?p=936

気になったのはこの下り。


少なくともこのゲームは真面目なゲームではない。まず、ゲームバランスは崩壊しているしカードの内訳も無茶苦茶で、それぞれが担当することになる種族も性能差が激しい。


え? 酷評じゃないかって?
いえいえ、ここから始まる説明がいいんです。

ゲームの評価はリンクを辿っていただくとして、特にぐっときたのは、プレイの姿勢が変われば体感するゲームの面白さも変わるという話。映画でも、コメディだと思ってみていたらまじめな話だったとか、作品自体は悪くない筈なんだけど、不幸な出会いってありますよね? ゲームも同じで、思考ゲームだと思っていたらブラフゲームだったとか、生産ゲームだと思っていたら外交ゲームだったみたいなことってよくあります。
ゲームの場合だと、分かった時点で再プレイするのがベストですが、長丁場のゲームだとなかなかそれもできません。そういう場合に役立つのがデザイナーズノートだったり、いろんな人のプレイレビューなんでしょうね。

自分のレビューも誰かの参考になるようなものを目指したいです(なんちて)。

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/400-abd6e351