『東国争乱』シナリオ「竜虎相克」AAR

.30 2011 東国争乱 comment(2) trackback(0)
 マルチゲームの『東国争乱』。なかなかメンツが集まりませんが、二人対戦用のシナリオならなんとかということで、上杉対武田の「龍虎相克」と、織田対今川の「桶狭間前夜」を遊びました。
 折しも某店長ブログでプレイレポが連載されるとのことなのでこちらも対抗(?)してAARを二回に分けてお届けします。

『東国争乱』シナリオ プレイ風景

「龍虎相克」
 このシナリオは、2人用のショートシナリオです。プレイヤーは上杉か武田を受け持ち、勝利条件達成を目指して激突します。9Joeは武田を、対する上杉は知人のCが受け持ちました。
 『東国争乱』は、土地の生産力(石高やお金)がゲームの進行と共に変化するという特長があります。このシナリオは基本ゲームの2ターンから11ターンをプレイします。11ターンは中期の真ん中ほどになるので、途中一回その変化があるという事になります。
 2ターン時点、武田の領土は甲斐周辺に加えて信濃北まで拡がっています。おそらく武田が村上を破った後、という設定だと思われます。その分、石高も基本ゲームのスタート時点より高くなっています。一方、上杉は基本ゲームと同じ領土です。生産力では武田が有利ですが、ここで一つ大きな問題が。
 『東国争乱』では一定の石高を獲得するとゲーム終了となるのですが、このシナリオでは互いの領地を占領した際に獲得する石高にボーナスが付くのです。つまり、このシナリオにおいては、中立エリアに領土を広げるより、敵性国を攻めた方がいいわけです。となると武田は国土が広い分、守らなければならない土地が多いということになります。
 第8ターンまでのゲーム終了条件は石高20以上。だいたい上杉は敵国領2、武田は敵国領1+α取れば勝利になるわけですが・・・
 そんな感じでゲームが始まりました。


 最初は武田からです。武田は領地にまんべんなく部隊が散開しています。兵力は通常ゲームのこの時期より充実していますが、これは短期シナリオ用のセッティングということでしょう(対する上杉も同様に戦力は増量されてます)。戦力は1ターンごとに1エリアしか動かせないので、各エリアから戦力を集中するには多少の時間ががかります。逆に言えば、先を見越した兵力移動が必要というゲームです。上杉が襲来してきそうな信濃北エリアにも戦力がありますが、かなり少なめでこの戦力だけで上杉を攻めるのは無理・・・というか守りきるのも無理、という状況なので、まずは最前線の信濃北に戦力集中することにしました。
 信濃東からは歩兵が、信濃南からは騎兵が北上します。歩兵だけの戦闘では、騎兵相手に簡単に負けてしまうので前面に騎兵を幾ら投入できるかが鍵になります。信濃東から上野に侵攻することも可能なのですが、とりあえずは自国防御に専念しました。移動して空いたエリアには、甲斐から代わりの部隊を回します。
 さて上杉のターンですが、上杉はやはりというか信濃北に侵攻してきました。村上が旧領奪回を要請したから・・・かどうかはさておき、やはり石高3(+ボーナス5)は魅力というところでしょう。おまけに、上野北と越中東にも同時侵攻です。そっちの石高はそれぞれたかだか1だけど・・・。信濃北での戦いは、上杉戦力が騎兵3、銃兵1、歩兵3。対するこちらは騎兵2、銃兵1、歩兵7で数で上回るものの1勝2敗2引き分けで退却の羽目に。虎の子の騎兵を失ったのが痛いですが、それは向こうも同じだし・・・・

 いきなり領地を一つ取られましたが、3ターン目はもちろん取り返しに行きます。3ターンのシーズンは「秋」。兵を動員できる時期です。信濃東で騎兵を動員し、他では歩兵を動員します。甲斐西から信濃東に移動した騎兵と退却した騎兵合わせて騎兵総数は3、対する信濃北の上杉騎兵は2。いける!
 ここでだめ押しの「風林火山」を使いました。各大名は、内政や戦闘に使えるイベントが用意されていて、武田には戦闘時に歩兵1個を騎兵として使える「風林火山」があるのです。
 結果戦闘は圧勝で、痛恨の騎兵1の損失があったものの上杉に2損害を与えて信濃北を奪回しました。が、その直後。上杉も騎兵を再動員して信濃北にやってきました。なんというか、もう川中島も第三次ですか? しかも上杉謙信のイベント「軍神」付き。「軍神」は引き分けの戦闘でも勝利と見なす、卑怯なほどに強力な技です。見事に押し戻されてしまいました。

 負けてはいられないと第4ターン。兵を動員しますが季節は「冬」。なんと冬の時期は軍隊を動かすことができません。しかしこれは上杉も同様。むしろ、上杉は冬に動員できないため、減った戦力の回復も出来ず、せっかく取った信濃北の生産力を活かすことができません。これはある意味チャンスかも。

 そこで第5ターン。春の攻勢で再び風林火山を発動し、信濃北を奪回すると共に、一部割いた戦力で上野西にも侵攻。上野北から越後東への攻略をにおわせます。しかし続く第6ターンまで取ったり取られたりの繰り返しが続き戦力はじわじわ目減りします。秋冬動員の武田にとっては、夏場がきつい!

 第7ターン。武田にとって恵みの秋が来ましたが、ふとターントラックを眺めると、移動できるターンがあと2回しかありません。石高は最初から減らしてわずかに9。一方、上杉はまめに領地を広げて石高12(+ボーナス5)。取っても取り替えされる可能性を考えるとこれ厳しいんじゃね?
 そんな遠い目で盤上を見ていると・・・おや、何だか西の方が光ってます。西方浄土ではありません。美濃東と尾張エリアが「こっちゃこ~い」と呼んでいるではありませんか。両方の石高合わせるとゲーム終了時(11ターン)に得点10。もしかして信濃北ぐらいくれてやった方がいいんじゃないか?とか思い始めます。問題は部隊の殆どを信濃東に集中していたことです。美濃東に接する信濃南には歩兵がわずか1個いるだけ。信濃南で動員して即美濃に行けばなんとかなる???
 いろいろ計算しましたが混乱してきてわからなくなり・・・ええい、ままよと南進を決断! 美濃東へ侵攻します。
 とはいえ上杉も放っておけないので、一旦信濃北から駆逐。しかしその後やはり取り替えされて冬。

 8~10ターンは互いに移動できない時期です。しかし、動員はできます。支配したばかりの美濃東で集中的に兵を動員しながら、尾張侵攻に備えます。中期にはいると尾張は石高が6となり、占領するのに必要な戦力もより多く必要になります。金を持つと中立勢力も簡単になびいてくれなくなるんでしょう。計算上は最終ターンの11ターンには美濃に尾張侵攻に必要な戦力が揃うはず・・・でしたが
「あれ? 駒、たりないんじゃね?」
 歩兵駒を使い切っていたのです。いわゆる動員限界、ってやつですね。もっと早く部隊を転進させていたら・・・と思いましたがあとの祭りです。結局取れたのは尾張でなく三河北。やせた土地です。たった2点しかありません。

 最終的に、11ターン終了時に両者勝利点に達しなかったので得点判定。武田は18点、上杉は信濃北落として最終で25点でした。尾張を落としていても負けは変わらなかったわけですが、とはいえ7点差なのでもっと早く西進していれば状況は変わっていたかもしれません。もっとも、そんなことをして上杉の南進を止められたかどうかは分かりませんが(笑)。
 軍事的には互角の両雄なのでしょうけど、動員時期が違うことで微妙に攻守が入れ替わる面白いシナリオでした。

(桶狭間前夜に続く・・・予定)

じゃばら(zabara)
リンクありがとうございます(>w<ノ

武田軍、おしかったですね。
西方浄土へ行ったら、天に召されたという高度なオ(自主規制

>「軍神」は引き分けの戦闘でも勝利と見なす
しかし、なんという鬼畜仕様。
機動力をませる風林火山があるとはいえ
引き分けを勝利にしますか。。。
2011.03.30 13:53
9Joe
> リンクありがとうございます(>w<ノ

いえいえ、こちらこそです。

> 武田軍、おしかったですね。
> 西方浄土へ行ったら、天に召されたという高度なオ(自主規制

これがですね、ゲーム終了が全24ターン中の11ターンで、ゲームが1550~1600年のスケールで、武田信玄の没年が1573年、上杉謙信が1578年ですから、まさにそうかもです(汗)

> >「軍神」は引き分けの戦闘でも勝利と見なす
> しかし、なんという鬼畜仕様。

「風林火山」もたいがい強力なんですが、他の大名も結構トンデモ強力なイベント持ってます。でも不思議とゲームを壊しているような気にはなりません。大名の采配、カリスマ性、武勇などが、実際大きなものをいった戦国時代らしさというところで。たとえば他の武将の能力は・・・今後のリプレイでおいおいとw
2011.03.30 23:18

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/385-27bf6bb7