スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Isutoberia Story』をちょこっとプレイ

.26 2011 未分類 comment(2) trackback(0)
剣さんが製作したテスト版『Isutoberia Story』。シミュレーションゲーム、ってのでかなり期待していたのですが、いざ届いたら仕事がしゃれにならない状態でなかなかプレイできませんでした。しかし、それもちょっぴり落ち着いてきたのでちょこっとプレイしました。と言ってもソロプレイですw

[リンク]自作アナログゲーム制作奮闘記
記事:【製作日記】 テスト版できましたー!!
記事:【『Isutoberia Story』(仮)】 物語の設定

とりあえずルールを読みながらいきなりゲームを開始。シナリオも気になりながら、とりあえずはフリー対戦ルールを試してみました。
『METAL ARMOR CREATOR』でもそうでしたが、『Isutoberia Story』も時間を可変的リソースとして扱っているところが特徴です。FFTみたいな・・・・といわれる戦闘システムですが、そう、自分の印象は・・・FF10?
4以降アクティブタイムバトルばかりの中できらりと光った10の戦闘システム「カウントタイムバトル」。あれがアナログゲームのシステムとして成立していることに驚きました(もちろん10を参考にしたわけではなく偶然の一致だと思いますが)。

わからないところを剣さんに質問メールを出したら、停電直前にもかかわらず返信をいただけました(一部は単なる読み落としでした。申し訳なし)。
改定の成長ルールは最初ゲーム的過ぎる気もしたのですが、プレイすると悪くありませんでした。シナリオで継続プレイする場合、満遍なくキャラクターを育てられていいかも。

で、プレイ後改めてルールを読み直すと、一部間違ってプレイしていたことにも気づき(おいおい)・・・今度、あらためてシナリオをプレイしてみるつもりです。

でもこれ、トレカサイズで作ったら、プレイスペースがかなり必要になるのじゃないかしらん・・・・(どきどき)

剣 はじめ
プレイしていただきありがとうございます。
FF10ですか、なるほど・・自分はPS2になってからのFFを知らないのでどのようなシステムか分からないのですがなかなか興味深い話です。
質問もありがとうございました!質問の内容が逆転の発想にも受け取れたので、いい改善が出来そうです。
Lvアップに関しては継続できませんので、その都度Lvを指定値に戻します。
Lvアップする事で逆転できる余地とゲーム性を持たせたのが狙いです。


>でもこれ、トレカサイズで作ったら、プレイスペースがかなり必要になるのじゃないかしらん・・・・(どきどき)

たしかにwドキドキなんですがww
トレカサイズにする理由は、購入者がカードをスリーブにいれて遊ぶ事を想定してそのサイズにしようと思っています。オリジナルサイズだとスリーブが無くて困る・・といった事があるそうです。人によってはスリーブに入らないのなら購入を躊躇う人もいるようですので・・
一様、場所とらないようにカードを重ねて手元でて管理できるように、必要な数値を左に寄せてあります。テスト版のカードのサイズは量産するためにコンパクト仕様になってますので、あのサイズなら重ねる必要がないと思いルールにも記載しませんでしたが、カードを重ねて管理するが本来のルールです。
それでもスペースはそれなりに必要な気がしますが・・w


また何かありましたら質問なり感想なりを頂けたらと思います。ありがとうございました!!
2011.03.27 10:44
9Joe
こんにちは、剣さん。そちらは停電やらなんやらでなかなかゲームのテストもままならないだろう・・・と思いまして。預かってからプレイまで、遅いぐらいですが(汗)


> トレカサイズにする理由は、購入者がカードをスリーブにいれて遊ぶ事を想定してそのサイズにしようと思っています。オリジナルサイズだとスリーブが無くて困る・・といった事があるそうです。人によってはスリーブに入らないのなら購入を躊躇う人もいるようですので・・

たしかに、それはありますね。トレカサイズ以外は、手に入れにくいですし使い回しも聞きませんしね。
2011.03.28 12:59

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/384-21d19b65
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。