『レッド・ドラゴン・ライジング』(コマンド版)をプレイ

.24 2010 Red Dragon Rising comment(2) trackback(0)
 『ばるば★ろっさ』か『レース・フォー・ザ・ギャラクシー』あたりを遊ぼうと思っていたのですが、なかなかどうしてこういう時勢で、集まると政治や国際情勢の話が絶えず、勢い『レッド・ドラゴン・ライジング』をプレイすることになりました。

 前回はS&T版で遊びましたが、今回はコマンドマガジン版を使用。もちろん、収録されているヴァリアントも使用です。
 コマンドマガジン版には、S&Tヴァリアントはもちろん、日本語版独自のヴァリアントとして、2010年の最新のアジア情勢に即した兵器ユニットとルールが付属しています。日本の自衛隊には、F-2を主力とする対海上航空戦力や「ひゅうが」などのヘリ空母ユニットが差し替えで用意され、アメリカにはラプターやライトニングも増えてます。韓国には額面戦闘力は同じながらF-15Kが用意されている細かさ。北朝鮮はリアルに弱体化されていたりします。S&Tヴァリアントは中国軍の強化が図られていますが、日本語版ではそれらの過剰評価を補正した感じかな。
 しかし、ヴァリアントのすばらしさはユニットの追加だけでなく「作戦行動」とシナリオの追加などにあります。「作戦行動」とはPCゲームのコマンドに近いものですが、要はユニットに対して与えられるコマンドです。基本ルールでは、米中共に作戦的軍事行動を中心とした衝突でしたが、ヴァリアントでは戦略的兵器の使用、つまりはっきり言えば長距離弾道ミサイルや戦術核などの使用までがプレイヤーの選択肢になっているのです。あなおそろしや。シナリオについては、日本の政治の情勢に応じたいくつかの初期設定が用意されていて、例えば、日米同盟が完全に解消された状態や、日本が中国と同盟関係になった状態でのプレイ開始などが選べるようになっているのです。

 というわけで、今回、全てのヴァリアントを使用した上で、「日米同盟後退」のシチュエーションでプレイすることにしました。今回も米軍側を受け持ち、ゲーム開始。

 さてヴァリアントが採用されることで、日米軍は全体に強化されるのですが、シナリオ「日米同盟後退」シチュエーションでは、沖縄に配置される全米軍(陸海空)はグアム配置になるため、日本にいる米軍は本土にいるごくわずか。はっきり言って無防備国日本。
 沖縄は中国から見れば、単なる勝利得点の1エリアに過ぎませんが、米軍側からすると台湾/韓国を支援するための中継点として欠かせない島。がら空きで、ただで中国にくれてやるわけにはいきません。なので米軍側としては、ヴァリアントで増えたハイパーウォーチット(近代化軍事作戦みたいなもので準備、つまりチットが手元にないと使用できない)を使ってでも米軍を沖縄に急速展開し、そこから台湾/韓国を支援、そしてこれも新たに増えた中立国軍を使って南沙諸島近海を封鎖、中国軍の包囲網を完成させるつもりでした。

 しかし、中国もそんなことはお見通しでした。
 第一手、ハイパーウォーチットによる二連続軍事行動を実行した中国は、沖縄に奇襲上陸して全く損害を出すこと無しにこれを占領したのです。
 いきなり戦略が崩れたことで慌てましたが、やることは決まってました。沖縄の奪還です。沖縄抜きに、台湾/韓国の支援はあり得ないからです。奪還の戦力は米軍がグアムから送り込むことにしました。自衛隊の戦力でも奪還不可能なことはなさそうでしたが、前線の戦力の疲弊をまねくより、後方の戦力を少しでも前に送り込むほうがメリットが高いと判断しました。こちらもハイパーウォーチットによる二連続軍事行動を実行し米軍の最新空母を擁する主力を投入!しかし、多くの中国軍を撃破したものの戦闘は一回では終わらず沖縄の奪還には失敗し、米軍には空母も含めて損害が生じました。
 続く作戦行動で中国軍は弾道ミサイルの使用を宣言します。目標は沖縄近海の米新型空母。これが命中して米空母は沖縄の海の藻屑と消えてしまいます。空母の撃沈は中国側に勝利得点2を与えるので、中国は2ターン目にしてすでに勝利に必要な勝利点12のうち3点を獲得というスタートダッシュ。
 さらに中国の勢いはとまりません。米軍が援護に来れない状況を見抜いた中国は、台湾にも弾道ミサイルを撃ち込みます。対して、台湾も弾道ミサイルで報復し、ミサイル基地破壊を狙いますが失敗します。さらにシンガポールに展開していた米空母もミサイルで損傷。ミサイル被害を重く見た米軍は、空母の修理の合間に長距離ステルス爆撃機による破壊をもくろみますが、なかなか成功せず、その間に台湾は空爆で火の海となりととう占領されてしまいます。
 この時点で、あと中国軍は南沙諸島を占領するか、朝鮮戦争で勝利+どこか1エリア占領で戦争に勝つことが出来る状態にありました。しかし、遅れながら米軍も沖縄と本土にかなりの戦力を再展開させていました。朝鮮戦争勃発時にこれを支援するためです。また、ベトナムが参戦しオーストラリア海軍とによる南沙諸島の封鎖が始まっていたのです。
 そんなとき、
「え? 日本脱落?!」
 なんとこのタイミングで日本政府が中立化を宣言(イベント)。日米同盟を解消しました。
 日本にいた米軍はすべてグアムに撤退をよぎなくされ・・・・。このあと、中国軍の支援を受けた北朝鮮軍が、支援無き韓国領土に攻撃を開始したことは言うまでもありません。

レッド・ドラゴン・ライジング 日本語版 ヴァリアントを使用したプレイ風景
▲日本脱落でグアムに引戻された米軍の山。右の青色の駒の山は一戦も交えずに投降した自衛隊

 というわけで、米軍完敗でした。
 米軍側としては途中何度も戦術核の使用を考えましたが、使うと相手に勝利点を献上しなければならないので、なかなか思い切れませんでした。ヴァリアントを入れて無茶な展開になるかと思いきや、やっぱり『レッドラ』だったというか。ただ、結局一発も交えずに脱落した日本はどうなの、沖縄を守るために血を流したのはアメリカだけだったんですが、的な展開に国防意識が薄い今の日本政府がダブって見えたのは笑えませんでしたが。
 あと余談ですが、セットアップは基本通りの後、ヴァリアント毎に反映していったからそれなりに大変でした。全部のヴァリアントを入れた状態のセットアップ表があると便利なんですが、だれか作ってないかなぁ。
 

じゃばら(zabara)
ようやく仁木家の話もあって身軽になった私がきましたよ!
いやぁ~こういう現代SLGをPCゲームで遊びたいんですけど中々無いんですよね。
しかし日本の脱落は…かなりリアルですね!(マテ

今、うちのブログで紹介しているスーパールーラー2020というのが、それに近いんですが微妙に違うんですよね…びみょうーに…
ああ、しかし、韓国と北朝鮮、どうなるんでしょうかね。
(意外と、どうにもならかったりしたりして)
2010.11.25 23:17
9Joe
じゃばらさんこんにちは!
仁木家完結、お疲れ様でした! あれはもう大傑作でした!

> いやぁ~こういう現代SLGをPCゲームで遊びたいんですけど中々無いんですよね。
> しかし日本の脱落は…かなりリアルですね!(マテ

はい(笑)
イベントに振り回されすぎる感のあるゲームではあるんですが、そういう国際情勢をにらみつつの戦争になってる、という点で米中視点ではリアルで。

> 今、うちのブログで紹介しているスーパールーラー2020というのが、それに近いんですが微妙に違うんですよね…びみょうーに…

記事拝見しましたが、近いですね。無駄にパラメーターの多いのも面白そう。
でも複雑なシステムだし、Macのエミュレーターでは無理そう・・・・しかし、翻訳大変ですね。

> ああ、しかし、韓国と北朝鮮、どうなるんでしょうかね。
> (意外と、どうにもならかったりしたりして)

米韓合同演習中に・・・・とか、何もないのが一番ですが、日本の常識で判断できない国ですからねぇ。あったら日本も巻き添え間違いないですし。クライシスはゲームで十分です(笑)
2010.11.26 23:39

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/344-b1ececda