休みの間のゲーム(まとめ報告)

.08 2010 未分類 comment(4) trackback(0)
気がつけばいつもの日常にどっぷり。「休みの日」はもちろんだけど「仕事日」はもっと日が過ぎるのが早いです。ということで休みの報告をまとめて。

天下統一プレイ画面

●『天下統一』
第一シナリオ「乱世の覇者」をやったらえらく辛く、第二シナリオ「相剋の果て」でやり直し。多少、戦い方も分かってきたので色々しかけて、何とか斉藤龍興を下して美濃平定に成功。しかし東は同盟の武田、徳川領、西は同盟の浅井領で、進めるとしたら南の伊勢長島か朝倉あたりだけど、どちらも戦力がばかっ高くてどうしたものか・・・地道に引き抜きで戦力削減を図ってくか?


moscow_100105a.jpg

●『モスクワ電撃戦』ソロプレイ
プレイの前にネットで対戦に関する情報を収集。サドンデス勝利条件のモスクワ陥落で決着が付いていることが多いようだったので、ロシア側プレイでの作戦方針は「史実達成(モスクワ死守)」。対する枢軸側は、ロシア側がモスクワ死守と分かっているので、「モスクワ正面はもちろん南方方面にも圧力をかけて大都市占領=VP勝利を目指しつつ、南にロシア軍を誘導できたらやはりサドンデスも狙ってみる」という何となく史実通りの作戦。

moscow_100105b.jpg

第三ターン。北は戦車部隊の集中投入で大進撃。機甲の進撃に若干歩兵がついて行けてない感じはあるがドイツ軍の進撃はすこぶる快調。モスクワもそう遠くなさそう、ということでVP獲得のためにスターリングラードにも部隊を派遣。

moscow_100105c.jpg

と思いきや、冬の到来で足の鈍る独軍。次から次へと湧いてくるロシア兵。それでも果敢に東進して第五ターンにはスモレンスクとヴィヤジマを占領。
しかし枢軸の攻勢はここまで。この後、親衛赤軍の反攻で装甲2ユニットが痛恨のステップロス(VPマイナス)。側面が危険にさらされ、南方軍の一部を北へ回さざるを得ず、南方進撃も不可能になったので終了。


●ロボコマ(オリジナルゲーム)
テストプレイを頼んでいた方からの報告がもらえたので、改良について検討。バランスに関する問題はともかく、システムに関する部分は判断が難しく、さらなるリサーチが必要と言うことで、意見を求めたり、また別の人にもテストに協力を頼んだりしました。課題はまだまだありますが、ようやく形に出来そうな感触を得ました。
11日に鍋会が久々にあるので、ここでも問題点の検証を行いたいと思っています。酒でつぶれたりしない限り(笑)

ホセマリア
天下統一攻略。

同盟とは戦えないが、同盟破棄は他国との友好度を下げる。
友好度を下げずに同盟を破棄するには、大名従属勧告を連打。
そのうち相手が勝手に同盟破棄をしてきます。
でも、出口がなくならないようにしながら同盟は多用するほうが吉。

独立勢力は一向一揆を含め各国外には攻めません。
加賀や摂津、伊賀などはよほどの余裕が出来るまで
放置した方が得策です。
一向一揆勢力は、戦国大名以上の勢力が国内に
侵入してくると活性化し、国内を荒らしまわります。

織田家のように武将数が多い大名は、すべての
武将を任官していくと総兵数の関係で、各部隊の
兵力が頭打ちになります。
無能な武将だった場合、追放するなりロードし直しを
しないと行き詰ります。

鉱山収入は重要です。
これが大きいとバンバン裏切りをかける余裕がでます。
それがないのに裏切りを多用すると収入が激減し
何も出来なくなる危険性があります。

軍団長は、内政専用は別として基本的に知謀型です。
知謀が高いと、攻城戦のラウンド数が長くなります。
軍団の能力は基本が軍団長+部下の方が大きかった
場合のみ超過の2分の1が加算されるので、
謀略(寝返り等)など重要なコマンドを考えると
知謀型を同一軍団に固めるのは間違いです。
ただし、能力値上昇については、どうも軍団の
能力が高い方が速いようなので、二線級の武将の
成長を期待する場合は高能力軍団へ。
その点、敵は常に知謀型武将を同一軍団に
固めてくるのですが、それによる利点は一切なく
ルーチンの変更を求めたい所です。

あんまり一杯教えすぎると面白くないでしょうから
今回の攻略アドバイスはこのへんで。(笑
2010.01.08 08:58
9Joe
> 天下統一攻略。

ありがとうございます! さすが、やりこまれているだけあって教えるポイントも完璧です!
軍団編成、みごとに武力型と知謀型を分けてまとめてしまいました(笑)
戦闘のターン数、兵数と兵糧の関係かと思ってたらなるほど知謀が影響してたんですね。
しかし再編成大変だ・・・・まいったな
2010.01.12 04:06
ホセマリア
戦闘のターン数は、野戦は常に20。
攻城戦ターン数は、戦意と知謀と動員率の複合です。
多分、この順番で影響が大きいです。
でも動員率は全部隊共通に共通なのでトータルでは
物凄く大きいですけどね。
戦意が各ターンごとに減って行くのとは別に総ターン数の
決定要素として機能しますから、残り戦意がゼロで
終わるというだけではありません。

つまり、このゲームでは、戦意がかなり大きな要素に
なります。
もちろん、ダメージコントロールとしての盾の役割も
ありますし、この攻城戦のターン数ははっきり言って
ものすごく大きい。
ゆえに、攻城戦での強襲は私は絶対にやりません。
兵力を失って補充すれば、戦意がどうしても低下
してしまうからです。

実は敵の思考ルーチンには偶然性がない。
外交や寝返りなどには、多少の偶然性はあります。
ですが、軍団の機動と攻撃には偶然性はありません。
常に弱い所を攻めてきます。
いやらしい程に確実に弱い所に来ます。
それを封じるには、、、
対陣しての睨みあいになった場合、敵はこちらに
対して明白に優位な時だけ攻撃してきます。
対陣しておいて、矛先を変える卑怯さがありません。
ただし独立勢力は「上級」時には常に攻撃します。
これを利用して、敵と同程度の戦力を相手に
あてがい敵を封じながら脇を攻めて国力をあげて
行く事になります。
なんだか、囲碁でもやってるようです。(笑
この時、ものすごく大事なのは、敵が攻撃するか
どうかの判断基準は基本が兵力数だという事。
戦意と鉄砲数も多少ならず影響しているようですが、
武将能力はほとんど考慮されません。
ここに、作戦立案の妙が生まれる余地があります。

弱兵をあてて、敵を封じながら、少数の強兵をもって
後背地を荒らしまわる。
逆に、少数の強兵に敵をあてて、攻撃させる。

このゲームの場合、野戦で鉄砲がある場合は
防御側がかなり有利です。
そこで、敵の半数強の強兵をあてて、敵を誘い
混乱で敵の戦意を落として勝ちぬける。
でも、戦意が落ち過ぎると攻めてきません。
さらに敵の有能武将だけは引き抜いておきます。
この状況を作って成功するとまさに勝った気分。

攻撃側撤退だけで大幅な兵力損失が出ます。
まして、全軍敗走の場合は、各部隊の敗走と
2重の兵力損失が出るので、一気に戦力半減です。
一度主力軍が兵力半減したら、たたみ掛け続ければ
もう立ち直れません。

本当に、このゲームはよく出来ています。
さすが黒田さん。
さすがの戦国時代のシミュレーション。
戦国時代の合戦がどういうものだったかを本当に
分かっています。

唯一言いたいのは、もう少し後半の服従工作や
臣従工作が成功しやすくなって欲しかった事だけ。
ま、後半は単に時間との戦いだけなので、
覇者ランク500万石を自分の中での勝利条件に
勝手に設定して色んな大名でやってます。

すいません。。。。
つい教えすぎてしまいました。(汗

でも、このゲームは超絶シビアですから、再ロード
なしでのクリアは基本的に無理ですね。
混乱による疲弊状態で攻めて欲しかったのに
混乱に失敗したら、、、こっちが敗走とか。。(汗
直前ロードでは同じ結果にしかならない。
このことを踏まえると裏技につながりますが、
超弱小大名によるクリアを目指すとき以外は
不毛な裏技なので、教えないでおきます。

関ヶ原シナリオで石田光成をやった時は、裏技を
駆使してすら、絶望的な戦いを延々と繰り返し、
まともに徳川家と戦えるまで、2000回位再ロードを
したかもしれません。
それでも覇者まで持って行きましたけどね。(苦笑

ちなみに、このゲームで一番楽なのは北条家です。
士気80の兵が雇える武蔵は大きいです。
90が雇える上杉も有利ですが、雪に邪魔されて
必ず出遅れます。
武田も90を雇えるけれど、外交を駆使しないと敵が
多すぎます。
織田は、武将が多すぎて総兵力とのバランスを
とるのが難しく初心者向きじゃないです。
2010.01.12 09:30
9Joe
> つまり、このゲームでは、戦意がかなり大きな要素に
> なります。

今、それを実感してます(笑)
野戦でも鉄砲の撃ち合いになると戦意が重要ですよね。うちの部隊はどれもこれも、鉄砲の撃ち合いになると兵士はいるのにどんどん逃げ出してしまいます(汗)

> 本当に、このゲームはよく出来ています。
> さすが黒田さん。

ゲーム作りがライフワークのものとして、色々勉強させてもらってます。
史実や定説をどうデフォルメし表現しようとしたのか、またその思考というものを垣間見ようと、ウインドウの中を覗いています(笑)。

> でも、このゲームは超絶シビアですから、再ロード
> なしでのクリアは基本的に無理ですね。

やっぱりそうですかw
でもそれはコンピュータゲームの醍醐味(?)でしょうから、自分もガンガンリロードしますよ(笑)

> 関ヶ原シナリオで石田光成をやった時は、裏技を
> 駆使してすら、絶望的な戦いを延々と繰り返し、
> まともに徳川家と戦えるまで、2000回位再ロードを
> したかもしれません。

さすがに2000回はできませんw

> 織田は、武将が多すぎて総兵力とのバランスを
> とるのが難しく初心者向きじゃないです。

ちょっと今朝倉が攻めてきて許してくれそうもない感じなので、ちょっと他の国もやってみますね。どっぷりでなくて、数日おきにちょろちょろとでも進められるのが今の自分に合ってます。
2010.01.14 00:35

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/265-36796304