読んだり遊んだり

.27 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
食事、入浴時間は省くとして、やはり1日に最低2時間はプライベートな時間が欲しいところ。その為には多少睡眠も削るわけですが、毎日というわけにはいきません。このところそういう時間がなかなになかったせいか、反動が。アルコールの力を借りつつ、友人の書いた物語を読んだり、ゲームをしたりです。平日の夜中に何をやっているのやら。

読んでいる作品の方は歴史もの。それも外国史。なかなかに凝った設定で、世界史に疎い自分にはどこが史実でどこが創作なのかがいまいちわかりませんが、その分、純粋に楽しんで読んでいます。とはいえ集中力は日々仕事で枯渇しており、長続きしません。なのでちょっとずつ、読み進めているところ。途中で感想を書くのは無粋なので、最後まで読んだらにします。

ゲームは、『真本信長公記』を。序盤こそは公家方プレイヤーの有利でしたが、自分が担当する右府方は、信長の徹底した京居座り+徳川による上杉征伐で着々と支配地を増やし、終始リードの展開。しかし、公家方は浅井長政の大活躍+松永久秀の裏切りによって粘られ、最終の7ターンには逆転されてしまいました。その差、「1点」。最終ターンに徳川部隊が朝倉を討取ったものの、後継者が出てきた為に北陸を占領できなかったのが痛かったです。地元に居座る武将の有利さがうまくにじみ出ているところがこのゲームのいいところですね。

nobunagakouki.jpg
[写真:最終ターン、信長公ついに除去。決定的敗北の瞬間]

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/159-8ce865e0