『アジアン・フリート』にみるアジア危機

.22 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
タイトルはかっこいいですが、要はアジフリのシナリオを読み終えたというだけです。

でも、シナリオのシチュエーションがかなり興味深く・・・ありえそうという意味で・・・とても感心しました。思い切りがいいと思ったのは、「宣戦布告」がプレイヤーの任意に任せられていたりする事。攻撃を開始したほうが、勝利条件判定で大きなペナルティポイントを得るのですが、これって国際世論の反応って言う意味では、とても正しいですよね。
とりわけ、シナリオ1は設定が秀逸です。これ、やりたい。

もちろん、シナリオ中、どの勢力も宣戦布告しない可能性(つまり戦闘勃発しない可能性)もあるわけですが(シナリオにも「どちらの勢力も武力行使を宣言しなかった場合」というふうにちゃんと書いてある)、それも一種の“危機”のシミュレーションとして正しいのかも。

シナリオの最後に各国の軍事情勢解説とユニットレーティングの理由とかも載っていて、資料としても重宝ですね。
だから全部合わせて50ページ超とかになるわけですね、わかります。

理解しつつ読もうとすると、1時間に4ページしか読み進められないのですが。
こんな難解なものを何で平日寝る時間半減させて読んでいるのか・・・自分でもわかりません(笑)

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://9joe.blog39.fc2.com/tb.php/136-b9793b35