『ねこあつめカードゲーム ひだまり編』データアップ♪

.28 2018 ★ねこあつめカードゲーム comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット2018大阪での発売に向けて制作してきた『ねこあつめカードゲーム』の第二版ですが、名前も正式に『ねこあつめカードゲーム ひだまり編』としました。ようやく全部のデータが完成し、先程、印刷会社様にデータを送信したところです。
こちらが『ひだまり編』の箱絵です。

ねこあつめカードゲーム ひだまり編 ボックスアート

今回、新版をつくるにあたっての動機については先の日記に書きましたが、グラッフィクを刷新できたのはイラストを描いてくれた九龍芥(くーろんあくた)さんとの出会いが無ければ、これはありえませんでした。それもたまたま、まったくゲームとは関係ない仕事上の接点で、書類についていた付箋に書かれていたねこの落書きがなければ・・・・。忙しいスケジュールの合間に、なんとかスケジュールを挟んでいただいて、リテークまで応じていただいて感謝感謝なのであります。

そのようなわけで、今回、無事印刷所にはデータを送れましたのであとは完成を待つばかり。もちろん、到着後の組立作業などはありますが、そこはきらりん親子にお手伝いを打診済みです。あとはデータにミスがないことを祈るばかりです。

ゲームマーケット2018大阪 出店にむけて

.21 2018 ☆ゲームマーケット comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット2018大阪 英雄開発事業団 新作
▲ゲームマーケット2018大阪 「英雄開発事業団」サークル原稿

出店者のカタログの送信も終わり、まだサークルの番号などもわかりませんが、サークル「英雄開発事業団」はゲームマーケット2018大阪出店に向けて何とか進んでいます。参加者としてはもう長いですが、サークル出店というのはゲームマーケットでは初めて、それ以前はいつだったかというと、ボードゲーム以外の趣味のイベントを含めても遡るのが難しいレベルで、ホントに久しぶりになります。

出店することにしたのは、自分たちが作ったゲームをもっといろいろな人に遊んでみてもらいたい、または興味ある人と一緒に遊びたいというのが理由です。これまでは出来上がったゲームはずっと某ショップさんに販売を委託していまして、忙しかったこともあってメンバーたちとしてはもちろん納得していたのですが、やはり自分たちで出店してみたいという思いはありました。どういうところに興味を持ってくれたのか、遊んでみてどう思ったかなど、いろいろ直接にお伺いしたいなと、これまで以上に強く思うようになったわけです。
それで今回は、初めての出店なのに試遊卓を一つ取ることにしました。とはいえ・・・・『ねこあつめカードゲーム』のデザインは「きらりん」ですが、きらりんはこういった場でゲームの遊び方を人に説明したことがありません。9Joeはもういつもどおりですが、仕事の都合が見えません。そこで、きらりんのご主人で技術担当の「ちわわん」が、今回仕事の休みを取って試遊を担当してくれることになりました。売り子には、『ねこあつめカードゲーム』の初版でイラストを書いた子どもたちも協力してくれるという話ですが、ちゃんとできるんでしょうか? 段取りが何もかもどきどきですね???
それとやはり委託というのは当然ながら委託先の都合に合わせなければなりません。何回か前にゲームマーケットで『ロボコマ』の増産分を預けて販売依頼したときに、「置く場所もなかったので売りませんでしたわ」と言われたときは、やっぱりいつまでもこれではいけないのかなと思いました。『ウインズ・オブ・カリビアン』も『リーダーズ・アイドル』も気がつけば取り扱いから外されてましたし、やはり同人ゲームというものは、まずは自分たちがしっかりと供給していかないといけないものだなと今では反省しています。

そんなわけで、当サークルはこのゲームマーケットを機会に休眠から目覚めて活動再開したいと思っています。今後、大阪で開催のゲームマーケットに限っては、毎回出店できるように頑張ります!

さて、今回、持っていく予定は『ねこあつめカードゲーム』の新作と『ロボコマ』の追加生産分です。どちらも試遊できるようにしたいと思いますので、ご興味のある方はぜひとも「英雄開発事業団」をよろしくお願いいたします。

さて、そうと公言した以上は『ロボコマ』の駒作りも再開しなきゃですね!


しかし・・・他のサークルの原稿の下には、灰色の情報欄がついているんですが、どうやってその画像をつくってるんでしょうね? 何か公式から配布用の画像とかもらえるんでしょうか・・・初出展だからわからないことばかりです。

『ねこあつめカードゲーム』のルールブックの作り方

.05 2018 ★ねこあつめカードゲーム comment(0) trackback(0)
『ねこあつめカードゲーム』は、前作を購入いただいた方はご存知と思いますが、対象年齢を小学3年生(8歳)としています。これは「作ったゲームが8歳でも遊べそうだから」ではなく、そもそも「8歳で遊べるゲームを作る」というところからスタートしたからです(そのあたりの経緯はこちらを参照)。そのため、ゲームの用語はもちろん、ルールの書き方もいつになく慎重を期しています。

特に気を使っているのは「言葉」。小学校低学年で理解の及ばないような言葉を極力避けるのに加えて、もちろん漢字も小学3年生までに習う漢字だけを使ってルールを記述しています。この漢字を調べる作業が結構意外に大変です。

例えば「カードを選択する」なんて記述はよく使いますが、きらりんから貰った小学生漢字早見表を見ながら探すとこれ4年生の漢字。となると、ひらがなで書くことになりますが、「せんたくする」ではわかりにくい。そこで「えらぶ」と書くことになります。「選ぶ」とは書けないわけです。同様に「置く」もひらがなでなければなりません。じゃあ「使う」はどうでしょう?・・・・これはOK。小学3年生の漢字です。でもただ使うのではなくて、そこにはふりがなをふるようにしています。だって・・・漢字が苦手な子もいると思うし、もっと小さな子でも遊んでくれるかもしれませんしね。

そんなわけで、今、漢字早見表とにらめっこしながら作業をしています。

『ねこあつめカードゲーム』新版、制作快調! #ゲムマ #新作

.03 2018 ★ねこあつめカードゲーム comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット2018大阪発売予定の『ねこあつめカードゲーム』の新版ですが、絵師さんからサンプルイラストも届いて現在順調に制作が進んでいます!

ねこあつめカードゲーム 新版

キュートなイラスト、テンション上がりますね! アイコンが古いままだったりクレジットの西暦が間違っていたりするのは製作中ゆえのご愛嬌。現在絵師さんには、キャットフードと缶詰を魚を乗せた白ご飯に変更してほしいとかリクエスト中。うみねこやセレブねこのイラストも素敵なので、これも順次お見せしますね。アイテムイラストも刷新されますよ!

ゲーム自体も大幅に修正しています。まず基本的なシステムやギミックはそのままですが、ねこたちを呼び寄せるためのアイテムの構成も大幅に変更しました。前作は終盤わりとガチな勝負になる設計でしたが、今回は通してカジュアルなゲームになるよう調整しています。またこれによりプレイ人数も、前作は最大4人まででしたが、5人まで遊べるようになります。これ、なかなかいいでしょう!?

その関係でルールを書き直す必要があるため、現在その執筆中です。もちろん新版も、小学生3年生まで対応のルールブックにします。

あ、そろそろ印刷申し込みしておかなきゃ!

2018年新春自宅ゲーム会

.03 2018 未分類 comment(0) trackback(0)
新年あけましておめでとうございます! 9Joeです。
旧年は色々忙しくあっという間の一年でした。ブログ振り返ると我が事ながら、あまりゲームを作りも遊びもできていない様子がまるわかりですね。しかし今年は違いますよ!今年はゲームマーケットで新作発表が目標なので、テンション上げて更新していきたいと思います!

さてこのお正月は親戚も集まり、甥っ子たちともども自宅ゲーム会と相成りました。プレイしたのは次のゲーム。

『花札』
最初はお正月らしいゲームをやろうということで出してきた花札。大人の方がルールを忘れているなか、甥っ子たちのハウスルール満載のゲームで大爆笑。母が入ってきてやっとまともなゲームになりました。始めた遊んだ子どもたちは意外に気に入った模様。

『ダンジョン・オブ・マンダム』
甥っ子が次に遊びに来たときはこれをやりたい、と言っていたリクエストゲーム。自分の手番にダンジョンにモンスターを追加するか、ダンジョンに挑戦する勇者の身ぐるみ(装備)を剥がすか、のチキンレース的ゲーム。プレイヤーはパスしてゲームを降りることもでき、最後に残ったプレイヤーはその勇者でダンジョンに挑戦しなければなりません。ダンジョンのモンスターを全て倒せれば「成功」、途中で死亡すれば「失敗」となり、また最初からゲームを繰り返します。一人のプレイヤーが「成功」2回でゲームクリア、「失敗」2回でゲーム全体から脱落、ということで降りる駆け引きがかなり大事。最初は4人プレイでしたが、2人脱落の時点でゲーム終了にしました。

『歴史悠久』
以前甥っ子とも一度プレイしたゲーム。これも久々だったのでルール確認から。自分の文明を育てながらも、最後には文化ポイントをいかに集めるかが重要。時間がなくて今回も途中でゲーム終了して、その時点の文化ポイントで勝敗決定。これ最後までプレイしたいんだけど、いつその機会が訪れるやら。

『ドミニオン』
遅めのお昼ごはんを挟んでからの最初のゲームはこれ。甥っ子は初めてなので基本セットでプレイ。要領を掴んだ甥っ子はアクション追加&カードドローコンボの大旋風にはまり、そのお父さんは、金銀貨購入&公領・属州購入で着々と得点していくプレイで中盤はそのお父さんがトップの模様でしたが、最後には全員が得点僅差の勝負となりました。なかなか気に入ってもらえた模様。

『街コロ』
下の甥っ子の希望でこれ。二回プレイして残念ながらその子は二回とも勝てませんでしたが、十分楽しんでくれた模様。最近『街コロ』はプレイ機会が多いので、そろそろ、拡張がほしいところですね。

以上が新春自宅ゲーム会でのプレイゲームでした。
そんなところで、今年もよろしくお願いいたします。

 HOME