自宅ゲーム会(2017年12月10日)

.12 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
この日曜は、ひなP姉妹とともに自宅ゲーム会でした。ちわわんが、気を利かして買ってきてくれたゲームマーケットの新作ゲームもお目見えです。

fish! cash! dash!
その新作が『FISH! DASH! CASH!』。じんぼただとしデザインのねこゲーム。このデザイナーは日本史のゲームデザイナーですが猫好きで、前には『ぐるぐるにゃーす』という猫ボードゲームも発表しています。今回はカードゲーム。箱の説明によると「トリック・テイキング・タイプ」と書いてあります。
実は9Joeはトリックテイクのゲームはプレイしたことがないのですが、それでもどのようなゲームかは一応予備知識ぐらいはあります。それで「ふうぅん」とルールを読み始めたんですが、思っていたのと全然違う。そこでこれはプレイしてみないとわからない、ということで始めたのですが、気づけば2、3、4人戦あわせて7〜8戦回してました。
カードには魚と猫とお金のどれかのイラストと数字が印刷されていて、色は2色あります。親のカラーに合わせたカードを子は順に出し、数字の順番にカード効果を使うのですが、1)魚カードは自分の基礎点になる、2)猫は魚カードを奪う、3)お金カードは魚を勝利点に変える、という効果があります。魚は出来る限り数字が低いほうがよく(先に出しても猫に取られる)、お金カードは高いほうが良く(取られる前に換金)、猫はケースバイケース。同色がないときなどは違う色を出してもいいのですが、なんの効果も生みません。ただ、数字がバッティングするとそれらのカードは捨てられるので、それを狙って使うことはできます。
ただそんなことはわかってきても、実際にプレイしているとやっぱり何を出せばよいかわからず直感でカードを切っては予想外の展開に一喜一憂という感じでした。子どもたちのほうが、直感が鋭いのかどんどん得点を重ねていき、結局勝ったのは最初の一回だけという結果に(笑)。これは意外にわかってくるまでが長いゲームです。

街コロ
『街コロ』は新作というわけでもありませんが、そろそろ姉妹の下の子がプレイできそうだなと出してみました。
カード主体のゲームですが、手札がないので、プレイミスというものがないのはよいところ。コンビニやカフェ、駅、パン屋など、わかりやすいキーワードを買い求めていくプレイは子どもたちも楽しいようで、プレイ時間は長めながら4回ばかりプレイしました。残念なことに、初回のプレイから最適解が見えてしまって、毎回極端に手を崩しながら遊んでいても9Joeが全勝してしまう結果にはなったのですが、それでも姉妹は満足したようです。これには追加キットが出ていたはずなので、ぜひとも購入してみたいと思いました。もっと早くプレイしていていいゲームでしたね。

ねこあつめカードゲーム 2018年版
最後は恒例というか『ねこあつめカードゲーム』の新版のテスト。改良箇所のチェックをしながら、ゲームバランスもみていましたが、問題ない感じです。
ただし、カードのデザインは、イラストも含めて今回刷新するのに加え、基本的なゲームシステムには変更無いのですが、ルール記述は大幅に変更しようと考えているので、結構大掛かり。年内にめどを付けて来年早々には印刷の申し込みをしたいなと思っています。そのためには、イラストも揃っていないといけないのですが・・・・それについてはまたあらためて書きますね。
 HOME