年末年始の強化ゲームその1『歴史悠久』を遊んでみる

.31 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
『歴史悠久』は文明発展を競うカードゲーム。歴史の時代に応じて登場する、政治形態、軍事技術、生産工業技術などのカードを半入札方式で獲得し、自文明の発展を目指します。古代からスタートして、チンギスハーンやナポレオンなどの時代を経て、近代兵器が登場する現代、インターネットそして未来到達でゲーム終了。その時点で、文化、生産、軍事などさまざまなポイントを比較して、最も文明を発展させたプレイヤーが勝利となります。

歴史悠久 プレイ
▲『歴史悠久』プレイ中

ゲームの中心になるのは「資源」。資源を使うことでカードを取得することができますが、欲しい効果を手に入れたければ、それ相応の投資が必要になります。少ないコストでカードを手に入れようとすると、横から掠め取られたりするのです。そうした仁義なき獲得競争の中で、資源をどのように増やし、使うかを求められます。「灌漑」で生産性をあげるもよし、「戦士」や「戦車」などで軍事力をあげて資源を奪ったりカードを捨てさせたりし、そうして獲得していった生産力を新しい技術で別の能力に転換していくなどしていきます。この時代の変化とともに戦略も変化していくゲーム性は、なかなかな興味深いものです。

初めてのプレイでは、ルールを理解しながらだったのでかなり時間がかかりました。プレイ時間は約60〜90分となっていますが、3時間ぐらいかかったでしょうか。点数計算もなかなかややこしいので、メモと筆記具があるとよいと思います。4人戦でしたが、いろいろな戦略がありそうで、このときは世界遺産をうまく抑えたプレイヤーがまさかの逆転勝利でした。わりにプレイ時間が長いのでなかなかプレイ機会が得難いかもしれませんが、プレイヤーの反応も良かったので今後もプレイ機会はありそうです。

ちなみに、この手の多人数ゲームは3人以上というのが多いのですが、2人から可能という設計には好感が持てます。パッケージの雰囲気もよく、カードデザインも人を選ばない渋めのデザインもグッドですね。

次は『ぱんつぁー・ふぉー2』です。

年末年始の強化ゲーム!(2016年12月31日)

.31 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
ようやく年賀状も書ききって、ようやく年末年始モード突入の9Joeです。家の片付けの合間の休憩時間。家族や来客相手にゲームをゆるゆると遊んでいます。再ブレイクしているのが『ひつじがいっぴき』、ハウスルール込みの『UNO』ですが、もちろん強化ゲームは年末発売のゲームから。

ぱんつぁー・ふぉー2 歴史悠久 Dead Reckoning 突入!?レイテ湾


『Dead Reckoning』。ミニゲームばかり出しているTiny Battle Publishingから出たゾンビゲーム。二人用のヘックスウォーゲームですが、カードによるイニシアチブ&アクティベート、戦闘システムが特長で、久々にあたりの予感。もちろん英語版+和訳なしなので、いつプレイできるかわかりませんが、正月の間に読み進めたいな〜

Dead Reckoning

『ぱんつぁー・ふぉー2』。大学選抜チームとの試合がメインですが、個人的にはソロプレイ可能な「大洗防衛線」に注目です。ルールがかなり簡単で、カードを使わないので教えるのも容易ですから、親戚の子供に勧めてみようと思っています。ちなみに「防衛戦」ではなく「防衛線」なのに注意(誰が)。

ぱんつぁー・ふぉー2

『歴史悠久』。GMの注目ゲームの一角。文明発展をテーマにしたシヴィライゼーションのようなカードゲーム。一読ではルール理解不能でしたが、プレイ動画を見ていたのが良かった。動画って偉大ですね〜。このテーマで、一時間あまりで、古代から未来までの発展を多人数で遊べるというのは、なかなかありません。期待通りかなり面白そうです!

歴史悠久

『突入!?レイテ湾』。レキシモンゲームズのミニシリーズの新作ですが、これまでの中で一番売れ線の内容。なんといっても9Joeが大好きなモンスターメーカー(マニア的にはミルボーン)のシステムですからね。そこに第二次世界大戦の海戦を重ねたゲームがいまどき出てくるとは思いませんでしたが、これがなかなか雰囲気出ているんです。

突入!?レイテ湾

というわけで、しばらく更新サボり気味でしたが、休みの間はこれらのゲームプレイ報告をしたいとおもいます!

ゲームマーケット2016秋の気になるゲーム

.10 2016 未分類 comment(0) trackback(0)
いよいよ明日になりましたゲームマーケット2016秋。皆様もう購入予定も立て終わり、予約も終わっている頃と思いますが、いやいやこれからという方々や他の人の注目作品が気になる方々のために、恒例の「気になるゲーム」行ってみよ〜。なお、新作中心ですが限定されません。そして9Joeは今回は行けません。

●歴史悠久
Taiwan Boardgame Design(ただし今回はMoaideas Game Designと合同出店:G06)
簡単なルールで文明の進化を競うカードゲーム。カードのデザインもシンプルなのが、人を選ばない感じで好印象。歴史の「流れ」を感じられるかどうか、そこが大変気になります。大変価格も3000円と手頃感ですね!

●名迷探偵
BLUE HOUR GAMES(J07)
ちょっと情報少ないんですが、「シンプルなルールと奥深い推理の混ざり合い」ということなので、推理ゲーム好きの9Joeとしては気になります。ゆるい絵もいいですね!

●モニャイの仮面
ギフトテンインダストリ(L01-02)
アニュビスの第二弾、かどうかわかりませんが体験版が体験宅で遊べるそうです。行ける人はいいなぁ。

●ぱんつぁー・ふぉー2
アナログゲームショップ a-game(B16)
ガルパン劇場版といえば色々な名シーンが走馬灯状態なんですが、とりわけ鳥肌だったのは撤退戦中のプラウダですね。あのシーン、どう再現されるんでしょうね〜気になりますよね〜ほわ〜

●突入!? レイテ湾
レキシモンゲームズのミニ・シリーズ第三弾。ミルボーン系ということですが、どんなアレンジがされているか。ここに注目です。なお知人は第一弾の「オン・ザ・フライト・デッキ」の再販を期待してますが、あるんでしょうか。

●筋肉猫
堀場工房(J02)
説明するまでもなく『ぱんつぁー・ふぉー2』のデザイナーのブース。筋肉猫体験版(?)のレポートはあげたとおりですが、その完成版がいよいよ登場ですね。どんなブラッシュアップがかかっているのか注目ですよん。

●ZIBUN
カフェ&ゲームバーことぶき(C07-08)
最近気になっているシステムの一つが「ワーカープレイスメント」です。有名ゲームシステムに有りがちな初心者殺しがきになって、あまり進んで購入しないんですが、

しかも、ワーカープレイスメントあるあるのカード知識や展開を知っている程、プレーヤーが強くなってしまい、初見プレーヤーを倒してしまう事故。
あれもないです!


というのですから、これは気になります! プレイ時間も短く、価格も800円とお手頃なのもいいですね。友情破壊要素、ってのは違う意味で気になりますが(汗

●密室からの脱出
MOVIE ROCK(E23-24 )
新作かどうかわからないのですが、一人から遊べるというところがポイント。アプリでも脱出系ゲームがありますが、そういうテイストでしょうか。

●ひとしずくのせかい
缶詰本舗(L18)
コンセプトである世界設計、そしてコンポーネント・デザインの一致が素晴らしく、良ゲーの香りがします。流石に同じように思った人は多いようで、取り置きはすでに完売とのこと。入手は難しいでしょうね。

●巨龍峽谷 (ドラゴン・キャニオン) 日本語ver
尖端出版(08)
ヨーロッパでも大好評だった、とのことなので興味があります。もっとも、海外で良かったからといって日本でも当たるとは限らないんですが、ファンタジーテーマでなんとなく探索系の感じもするタイトルなのでちょっと興味が。

●ドラフト戦国大名+拡張
遊志堂(G24)
もともとは春の販売だったようで、しかし好評だったのか拡張も出るようです。マップの作りが「だよねー」というところで気になります。


と、今回はこんなところで。ちなみにゲームではありませんが

●『某・人型決戦兵器』にしか見えない
サイコロ専門店 ドラタコ(B11)
このサイコロ欲しい。

しかし今回、ヘクス関連の出品多かったような気がしたのは気のせいかな〜
 HOME