スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『激突南太平洋』を眺めてみる

.26 2014 未分類 comment(2) trackback(0)
激突南太平洋 CTCS

コマンド・タクティカル・コンバット・シリーズ(以下CTCS)の三作目『激突南太平洋』が自宅に上陸したので眺めてみました。

『激突南太平洋』は先日プレイした『決戦連合艦隊』の対になるようなゲームで、こちらは砲撃戦ではなく空母戦のみのゲーム・・・・・でした。でした、というのはこれ、CTCSの『激突南太平洋』は大幅にアレンジされているからです。ほら、あれですよ! 『Falkland Showdown』が『フォークランド・ショウダウン』になったみたいな!(それで分かる人はこのブログの住人だけ)

しっかり読み込んでないのと、元々がどうだったのかとかが曖昧なのであれですが、はっきり分かることとは「南太平洋海戦」だけではなくて、珊瑚海海戦とかソロモン海戦とかも遊べるようになっていること、砲撃戦も可能になっていること、索敵方法がエポック版の(つまり元々の)ものと、『日本機動部隊』とが選べるということ、それから赤城とか加賀とか蒼龍とか飛龍とかが何故かおまけで付いているということですね! ミッドウェーシナリオを自作しろという神の声が聞こえます。

元々のルールに対して、追加の要素は上級ルールで別になっているのも、良いですね。手軽に遊びたいときは原版通りに空母戦のみで、じっくり遊びたいときは上級ルールを選択して航空戦あり水上戦ありで楽しむのも可能というわけですからね。金剛榛名が大活躍!?

『日本機動部隊』があればいらないじゃん、という話もありそうですが、あちらはルールブックがチュートリアル&ステップアップ式なので、久々に取り出して遊ぶときにはルールの検索性が悪いという欠点もあります。こちらはその点、一般的なルールの記述なので、自分だとこちらがプレイしやすい気もします。

早く遊びたいですね〜
スポンサーサイト

キャラクター・カードゲーム『リーダーズ・アイドル』とウォーゲームの構想(2)

.19 2014 未分類 comment(0) trackback(0)
予告通り(?)ガザラ・システムを使ったウォーゲームは、なんとか夜半にサンプルを作り、軽くテスト。どうも、レーティングがまずかったようで思った感じに仕上がらず。なかなか、難しいですね。あと戦術的な部分でもとの『ガザラの戦い』をもう少しやり込む必要があるなと思いました。iOS版リリース、はよ!

もう一方の構想中ゲーム『リーダーズ・アイドル』。こっちもとりあえず、サンプル作らないと始まらないなーということで、ちょっとコンポーネントの洗い出しを開始。
今のところ、システムの一部は競りになるので、チップが必要。枚数はこれから考えるとしてあとは重要なのがカードです。一応3〜6人用と想定して

キャラクター 8枚
スキル 12枚
ミッション
 ニュース6枚
 ツイート6枚
 フォーラム6枚
 グラビア6枚
イベントカード
 噂、評判、取材、悪徳商法、詐欺、盗撮、歌手デビュー、ゲーム化(8枚)

大雑把のイメージですが、これで52枚ですね。結構有ります。
ゲームシートも必要ですね。各ミッションは三段階にわかれているイメージ(例えば、トップニュース、セカンドニュース、サードニュース。フォーラムやツイートも同様)で、置き場を用意するとかなり場所を取りそうです。

そんな感じでまだまだ構想中

雑記(2014年5月18日)

.18 2014 未分類 comment(0) trackback(0)
20140518.jpg

今日は(も?)突発性自宅ゲーム会。ひさびさに『ねこあつめカードゲーム』と『ひつじがいっぴき』を遊びました。
『ねこあつめカードゲーム』ですが、おかげさまで完売が近くなってきました。a-gameさんで扱ってもらっていますが、次のゲームマーケットが最後になるかもしれません。今日は一回目はやまねこやこねこなど、ワイルド・マイルド系中心であつめて勝利。二回目はボス猫作戦であと一歩で逃げ切りのところから逆転負けでした。
『ひつじがいっぴき』は久々でしたが、シンプルさ、攻略性、勝敗の運加減、そしてイラストを含めたトータルの雰囲気などで、とてもいいゲームだなと改めて実感しました。これ、ほんとおすすめのゲームです。

今日はこの後余った時間で、昨日書いたシミュレーションゲームのサンプルづくりの予定。知人と『ガザラの戦い』についてしゃべっていたら、「そのシステムでゲーム作り合おうぜ」ということになり、ホントに作ることになってしまいました。ちゃんと動くのかは半信半疑ですが。できたらまたお見せしましょう。

キャラクター・カードゲーム『リーダーズ・アイドル』とウォーゲームの構想

.17 2014 未分類 comment(0) trackback(0)
何か急に育成ものを思いつきまして、それで考えていたのが「リーダーズ・カンパニーとしてコーポレートイメージを高めるために広報アイドルを育成する」ゲームで、名づけて『リーダーズ・アイドル』。
プレイヤーは企業の広報部長として、アイドル候補を選抜、教育と広報実務(ミッション)を与えて彼女たちをプロモートします。トップニュースをはじめ、フォーラム、グラビア、ツイートなどで人気、評判を独占し、最終的にそのポイントで勝敗を競うという感じですね。フォーラムやニュースには段階があって、もちろんトップを取れば高得点。逆に妨害カードもあって、「良くない噂」や「悪徳商法」などの風評被害などで評判を落とさせたりできます。取材カードは逆にボーナスカード。一発逆転を狙える、っていう感じですね。
もちろんまだイメージ段階ですが1番の問題はグラフィックかなぁ。マルチプレイのイメージですが、ソリティアで作るのも有り? ニーズがあれば作ってみたいです。

もう一つ、サイフォン/コマンドマガジンの『ガザラの戦い』に触発されて、同じシステムで別ゲームを作ってみたいなぁと思ったりしてます。テーマとアイデアは少し前から持っていまして、ただちょうどいいシステムがなかったのでお蔵入りしていたのですが、ここに来て復活? もちろんそういうわけなので、こっちはシミュレーションゲームです。
これならゲームマーケットに間に合うかもしれません。間に合ったからといって、出展もしていないのにどうするのか?という根本的な問題について聞くのは野暮ということでよろしくです。

気になるゲーム(2014年5月14日)

.14 2014 未分類 comment(0) trackback(0)
ネカフェに行ったら、『ワールド・オブ・タンクス』のポスターが張ってあったのですが、一瞬ガルパンOVAのポスターかと思ってしまいました。そうか、自宅にWindowsがなくても、ネカフェでやればいいんだ! 何で今まで気づかなかったのか・・・・それより、OVA「これが本当のアンツィオ戦です!」も公開まで二ヶ月ですね~。DVDも買いますが、劇場でも見たいですね! 劇場公開前にはVitaのゲームと『ぱんつぁー・ふぉー!』も出るので、もう大変ですね~

さて、恒例となりました気になるゲームです!

[リンク]妖怪ウォッチ とりつきカードバトル 公式サイト

実はゲームもテレビも知らないのですが、子供に大人気ってことは知ってました。しかしTCGとは、あこg・・・・ゲフンゲフン、子供には厳しい商品化だなぁと思っていたら、なんと15枚あれば遊べるとか。絵柄もかわいいし、これはちょっとやりたいなぁ。

[リンク]ガザラの戦い

メーカーは、我らがサイフォンです。「こまあぷ」シリーズの一作目ということで、タブレットやPCやスマホであそべるそれなんていうEWE。でも、AIも搭載していてソロプレイも可能というから、一粒で二度おいしいですよね。
スマホでも遊べるということなので購入予定ですが、iOS版はまだ先のようで残念! こんなことならKindleはペーパーホワイトではなくてFireにしておけばよかったと後悔してます。
インチキなしのAIづくりに今がんばっておられるようで、さすがアナログゲームを作っているPCメーカーさんだけのことはあります。でもあまり強力にしすぎないでくださいね。難易度調整か、タイプ選択とかあるといいなぁ。B=初心者タイプ、A=攻撃タイプ、D=防御タイプ、S=サイフォンスペシャル、とか。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。