『ガールズ&パンツァー』DVD1、2を見る

.20 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
女の子たちが主人公ながら、萌えに傾倒していない、スポ魂的戦車戦アニメ『ガールズ&パンツァー』。テレビ版はみてたんですが、どうにも最近見返したくなって、何度か自制したものの、とうとうDVD版を購入してしまいました! それも、一気に全巻です!

ガールズ&パンツァー DVD 全巻
▲『ガールズ&パンツァー』DVD 全12話 全6巻

映画を除く、アニメのDVDとかで全話買うとかは初めてのことですが、まあそれだけ『ガールズ&パンツァー』は面白いってことなんです! 今やってる再放送はもう終わり方なので、まだ見たことのない人(特に萌えとかに抵抗があって敬遠していた人とか)には、来年二回目がスタートする再放送をぜひ見てもらいたいですね。

『ロボコマ』のコマを作りながら、今、4話まで見返しましたが、大洗町での市街戦はやっぱり燃えます! また大洗に行きたいなぁ、今度はゆっくりと。
ちなみに公式戦車道ボードゲーム『ぱんつぁー・ふぉー!』の広報ツイートで公開されているマップに写っているのは大洗神社。




ちなみに大洗神社には軽巡洋艦 那珂 の慰霊碑もあるんですよね〜

同人ゲームの販売について(2013年12月19日)

.19 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
サイトを見た方から『ロボコマ』と『ねこあつめカードゲーム』そして『ソリティア関ヶ原の戦い』を買いたいとご連絡がありました。おお、嬉しぃ!!!! 三つも一度に欲しいと言われたのは初めてです。

そういえば『ねこあつめカードゲーム』はこのブログでも通販について触れてませんでしたが、お問い合わせあれば対応します! あと『ソリティア関ヶ原の戦い』は無料配布なので、希望の方はどうぞです♫

『決戦連合艦隊』を借りてみた!

.15 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
『シミュレーション入門2』を借りることができたので、気になっていた『決戦連合艦隊』をチェックしてみました。

まず、一番大事なユニットの確認。
ゲームは確かに駆逐艦まで1艦単位でユニット化されていて、名前もちゃんとユニットに入っていました! どうせ「〜級」とかでまとめられてるんだろうと内心思っていただけに、これはいい! 「お、五月雨かぁ」「いたいた吹雪」とか言いながら駒を整理するだけでも楽しいですよ。え? 「お前はただ吹雪って書きたいだけちゃうんか」と? まあ、まちがっちゃいません(笑)。

早速ルールも見てみました。
手順は思っていたよりはシンプルで、互いの移動の間に交互射撃と雷撃が入り、ターンの終了時に修理判定、というぐらいです。射撃は二つの表を使って命中〜損害までを算出。雷撃も表が変わりますが、基本流れは同じなので覚えるのは簡単です。クリティカル・ヒットの要素があり、弾薬庫直撃で轟沈とか火災発生とかも再現されます。火災が発生すると敵の射撃の的になりやすくるなるのです。ユニットには艦種と二つしか数字がありませんが、細かいレーティングはルールブックに記載されていて、火力、雷撃性能、移動、装甲、砲撃耐久と航行耐久なども細かくレーティングされています。
ゲームには歴史シナリオ3本とキャンペーンゲームが用意されています。おや、これは意外にプレイ可能だぞ・・・・

というわけで、早速ソロプレイしてみることにしました! シナリオは「サヴォ島沖海戦」。南太平洋での艦隊戦です。互いの陣営はこれ。

決戦連合艦隊 プレイ画像

日本軍は重巡洋艦(CA)古鷹 青葉 衣笠 と、駆逐艦(DD)吹雪と初雪です。いやあお気に入りの駆逐艦を扱えるというのはテンションが上がります。合計5隻。
対する敵は、重巡洋艦2隻、軽巡洋艦2隻、そして駆逐艦4隻の合計8隻です。おお、多いじゃないか。卑怯だぞ!? (というか米軍を既に敵認定ですが、これはまあゲームということで日本に肩入れさせてください)

そんなわけでセットアップ。とりあえず日本側は魂の単縦陣。駆逐艦で前後を挟んでみました。敵側は数も多いので複縦陣です。各グループを重巡、軽巡、駆逐艦2隻で構成させました。
セットアップしたらユニットのデータを損害記録用紙に書き写します。ユニットには2個しかデータが載っていないので、その他のデータも書き写しておきます。そうすることでいちいちルールブックの性能表を参照する必要がなくなるのです。
ということで、準備OK! いざ戦闘開始です。

ゲームは両軍が互いを発見していないところから始まります。発見できていない場合、両艦隊はそのまま直進するしかありません。視認距離に入ると敵を発見したことになり、そこからは自由に行動が取れます。今回の視認距離は判定の結果7ヘクス。よくも悪くもない数字です。
が、敵にはレーダーがあります。軽巡洋艦2隻がレーダー搭載艦で、視認距離の二倍以上の距離から日本軍を発見、攻撃可能です。したがって、敵が先手を取ることはほぼ確実。どうする日本軍!? 吹雪の運命やいかに・・・・ってまだ始まってませんが、もちろん敵のプレイも手を抜くつもりはありません。
ちなみに、敵未発見時はユニットを裏面で配置することになっていましたが、まあ写真も取りたいし、ソロプレイなのでいいじゃんということで表面で置きました。

ターンの開始時には先攻後攻の決定が有ります。今回は敵先攻。敵を発見していないのでそのまま直進です。次は日本軍、やはり敵を発見できていないので直進です。おお、ど真ん中に突っ込んでしまうがな!

決戦連合艦隊 プレイ画像

次のターン、敵先攻。すでにこの時点で敵は、日本軍をレーダーに捉えています。日本軍を発見したことで、敵は行動が自由になります。隊列の全てを射程に収めているわけではありませんが、先制攻撃は可能となりました。そこで敵は1グループが射撃、もう1グループが接近することを選択したことにしました。射撃を行うためには、目標に対して船舷を向ける(つまり相手に対して横腹を見せる)必要があります。そのため射撃を行うグループは回頭(向きを変える)して日本軍の進路を横切るような航路を取らせました。直進したグループは射撃はできません。

そしていざ、レーダー射撃です!
目標は日本軍の先頭を行く駆逐艦吹雪、そしてその直後を行く重巡青葉!

ここで先頭の吹雪に攻撃を集中しなかったのは、なにも吹雪が可愛いからではありません! 同じ目標を複数艦で砲撃した場合、命中しにくくなるからなのです。なぜ命中しにくいのか・・・・ルールに説明がないのでよくわかりませんが、弾着が確認しにくくなるからでしょうか・・・・ともかく、そういうわけでして、では4隻で射撃しながら目標が2つとはどういうことかというとそれは単に射程外だったから。

で、命中判定の結果、敵の弾はかすりもしませんでした。最大射程と、回頭したこととレーダーだけ頼りに攻撃したことなどでマイナス要因てんこ盛り。なるほど、レーダーがあってもそんなものなのか。ほっと一安心ですがまだ始まったばかりで油断できません。

というわけで日本軍の移動。敵から射撃を受けたことで行動は自由になりました。しかし、ここはとにかく直進。敵を視認できるとこまで進んで撃ち合いに持ち込むしかありません。ぎりぎり敵右翼艦隊の砲撃の死角で戦列の向きを変更。この動きにより先頭の吹雪と青葉が敵右翼グループを視認するとともに、射角に敵を捉えることができました。

決戦連合艦隊 プレイ画像

残念ながら日本側の射撃も、向きを変えたことが仇になってか攻撃はハズレ。しかし、敵右翼からの反撃は受けません。敵左翼からの射撃にはさらされますが、まだ距離が遠いためか全て外れます。

しかし!次のターンも敵先攻。ぬう!
この場合、敵側の行動としては右翼はそのまま直進で射撃でしょう。完全に側面から撃たれる格好になります。また敵左翼は再び回頭して距離を詰めつつ射撃を継続するのが妥当な感じです。
そんなわけで日本軍は敵からの交差射撃を受ける格好になってしまいました。

この射撃で初雪に初被弾! 重巡からの射撃ゆえ、「一発号沈か!?」と懸念しましたが、かろうじて直撃は1発のみだったので中破にとどまりました。

ホットひと安心ですが、対する日本側の反撃の射撃はことごとくハズレます。距離は詰まっていますが、発砲中の目標に対する射撃は砲煙が煙幕の効果をもたらすのか命中しにくくなるのです(まあ、これはお互い様なのですが)。

日本側にとっては更にピンチが続きます。

先攻移動と後攻移動の間にある雷撃フェイズ。ここでは先攻側だけが雷撃を行えるのです!

というわけで敵駆逐艦二隻は距離の近い吹雪と青葉に雷撃します。吹雪はこれをかわしますが、青葉に1発が命中し、中破。
これは日本側やばいかな?

でもここは

死中に活有り!

でしょう。それともここは

我、夜戦に突入す!

でしょうか。ともかく日本艦隊は突撃敢行!
これだけ近づけば当たるはず。さあ、どうだ!!!

決戦連合艦隊 プレイ画像

しかしまたも無茶な回頭があだになって射撃が外れまくりんぐ。おおう敵中で海の藻屑となるか・・・

だけどここにきてようやく日本軍の先攻が到来! 日本艦隊は敵右翼の射撃の死角に回りこみつつ、砲撃を仕掛けます。古鷹と衣笠の砲弾が駆逐艦2隻を中破に追い込み、敵の反撃で初雪が更に損害を受けますが、かろうじて耐久力1で踏みとどまります。
そしてここで2隻の駆逐艦、吹雪と初雪が敵両舷から雷撃! 酸素魚雷じゃないのが残念ですが、一発きりなので大物を狙います。目標は軽巡洋艦。レーダー装備艦です。

気合のダイスは両方共命中! 吹雪の放った魚雷はかすり傷でしたが、初雪のは直撃で、損害を合計するとギリ撃沈!

決戦連合艦隊 プレイ画像

やったぜ、お前たち!!!!

・・と思うのもつかの間、敵の移動で・・・・まあ、そりゃ挟撃しますわな。

決戦連合艦隊 プレイ画像

果たしてどうなるのか・・・・というところで時間がなくなったので、今日の『決戦連合艦隊』はここまでです。

ルール読みながらですがプレイできる手軽さで、海戦の雰囲気もよく出ていて、なにより個艦の活躍がドラマチックに感じられるので良いゲームです。
ただ今回プレイしたエポック版では、やっぱりユニットに性能が全部載っていないので、いちいち記録用紙を参照しないといけないのと、そもそも記録用紙にいろいろと転記しないといけないこと、また記録用紙に記載する性能がネームシップ名で記載されているために孫引きが必要なあたりは不便だったので、『決戦連合艦隊』再販の時にはユニットにレーティング全部載せ、がいいですね。あと、このゲームは艦首方向が重要なので、ゲーム中に自軍艦船が逆さの絵になったりしてももどせないので、ユニットの絵は側面図より上面図のほうが合っている気がしました。

しかしこういうゲームは、その気になればシナリオとか自作が容易そうなので、何か作ってみたい感じもしますね。もっと駆逐艦が活躍するシナリオとか。

雑記(2013年12月15日)

.14 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
少し前、ショップ&スペース「DDT」さんところで買った『THE BIG CHEESE』を、ようやく初プレイしました。三人戦を二回。9Joe以外はそれぞれ1勝で、自分だけ勝てませんでしたが面白かったです。三国志のカードゲームの『にょた』と似た競りゲーですが、高得点カード狙いも裏目に出たりするので、一筋縄でいかないバランスがなかなかです。出番が多いでしょうこのゲームは。

また、時間も取れたりしたので自作『ねこあつめカードゲーム』の梱包も手伝ってもらったり。次のゲームマーケットに向けて・・・・というわけではないですが、こういうのはできるときにやっとかないとね〜

nekotukuri.jpg

あとはまあ、ひそかにソリティアゲームを構想中・・・

色々と本を買ってみた

.13 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
自分の周りで話題になっていたのでローラン・ビネの『HHhH』を買って読んでいたのですが、どうにもなかなか読み進まず、3分の1までよんだところでちょい挫折の9Joeです。
ヒムラーの頭脳と呼ばれるハイドリヒに対する暗殺計画とその顛末・・・内容はなかなか興味深かったのですが、書き方がどうにも個性的すぎまして。同じ手法で書かれているウイリアム・ゴールドマンの『プリンセス・ブライド』はかなり面白かったんですが・・・。少し時間置いてからまた読んでみようかな。

んなもんで、次に読む本を探しに書店へ。書店へ行くのも久しぶりでしたが、そのぶん色々と面白そうな本が見つかりました。ちょっと買いすぎましたが、まずはこの三冊を読もうかと。年末まで仕事乗り切ったらね!

131212.jpg

最初はやっぱり『富士学校まめたん研究分室』かな。ロボスキーとしては。

GMのいらない人狼ゲームを遊んでみた

.12 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
ちょい前ですが、ちょっとかわった人狼ゲーム、『demokratie(デモクラティ)』を遊んでみました。制作者は4Gamersでお馴染みのライター徳岡正肇氏。確か最新作は『無慈悲な鉄槌』だったと思いますが、自分が持っているのは『プロージット』『Tank-show!』『民主ハラペーニョ共和国の五家族』そして『demokratie(デモクラティ)』までです。たしかどれも500円だったかな?

demokratie.jpg

毒杯をあおり合う『プロージット』を酒の席で遊べればと狙っていたのですが、なかなかなそんな機会も来ないまま、近頃の人狼ブームに乗ってこちらを遊ぶことになりました。

テレビの影響もあって急に広まった人狼系ゲームですが、これ意外にハードルの高いゲームです。
まず、プレイするのに人数がそれなりに必要です。基本の『タブラの狼』では9名以上必要で、この時点で遊ぶプレイヤーを選びます。つぎに、ゲームの調停者(ゲームマスター:GM)が必要なこと。自分がゲームをしたくて人を集めても、結局はプレイヤーになれないという事も有り得ます(TRPGのよう)。そして定石やセオリーが多く、プレイヤーがそれを守らないとゲームが壊れるというところ。さらに脱落式という点も初心者に厳しいと思っています。

そんな人狼ゲームの様々な欠点ともいえる部分に手を入れてみようという野心的な作品が『デモクラティ』である、と9Joeは見ています。

まずプレイヤーは一応10人まで遊べるとなっていますが、ルールに書いてあるとおり、5〜6人がベストです。このゲームでは人狼ゲームにおける役職が10人分用意されているのですが、未使用役職の処理がプレイに盛り込まれている関係で、むしろ全部プレイヤーが担当しないことで一風変わった展開が楽しめるのです。
またゲームの終了条件の変更により、プレイヤーたちはいつでもゲームを終了させることができ(協議の上ですが)、そこで勝利判定をすることができることになっています。これはプレイ時間を手頃にするだけでなく、ゲームマスターを必要としない仕組みとつながっています。マスターを不要とするために、ゲームのルールはシンプルになっていて、また協議方法にも独特の方法が取り入れられているので口のうまい人が圧倒的有利ということもなく、また「ずる」がしにくいようにも思えます。

もちろん、少人数向けで役職が少ない(最近の人狼亜流は役職のバリエーションがとても豊かですので)ところは、人狼フリークの方からみて物足りなく感じるでしょうが、逆にそういった点も含めて、人狼ゲーム初心者にとって遊びやすいゲームなのではないかなと思いました。
しいて言えば、テーマはあまり大衆向きではありませんが・・・・

『デモクラティ』では、探されるのは、狼ではなく未来の独裁者という設定です。将来芸術を弾圧する独裁者になるものを仲間のうちから探し出して殺すのが目的。狼男はファンタジーですが、こっちはSFの雰囲気ですね。もと画学生の独裁者、といえば第二次世界大戦の原因を作った・・・・もうお分かりの人物がモチーフ。だからこのゲームは「ヒトラー人狼」と言われるのだそうで・・・逆に、その歴史的背景にぞくっと来る人にはこのゲームお薦めかもしれません。

ラーメン店新開拓

.06 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
会社の役職者による交流会に参加した結果、今日も終電がなくなってまた一泊です。それでも明日は朝帰りできるので土日はゆっくりできそうです。久々にちゃんとゲーム記事書こうっと!

そんなわけで、「泊り込み恒例その2」はひとりラーメン店探検。今日は比較的新しい店に入りました。
始めて入った店ではかならず普通のラーメンを頼むことにしている9Joeですが、今回も普通のラーメンを頼みました。
スープの基本はとんこつみたいで、見た目からこってり。こってり系はあまり好みではないのですが、どろどろまでいかない中間という感じで、極細ながら腰と弾力がある麺の歯ごたえと喉越しがさっぱり感を感じさせ、多めのねぎもあいまって、するすると運ぶうまさでした。厚めで脂身の少ないあっさりしたチャーシューもなかなかあっていると感じました。
チャーハンもしっかり火が通っていて、ふんわり感もあってなかなかいけます。
店員も全体的に若く、スタッフ間の会話も耳に入りましたが、かねがね好印象でした。いくらおいしくても、スタッフの態度や仕事会話が興ざめだと、9Joeはその店には二度と行きません。

小さい店でテーブルも見当たりませんでしたが、清潔感もあり、また残業の時には来てみよう、とおもいました。

そのお店の名前ですが「曙ラーメン」。大阪心斎橋松竹座の前にあります。元横綱の曙の看板が目印です。

気になるゲーム(2013年12月5日)

.06 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
ただ今午前2時。残業終了したので今日も別荘から恒例の気になるゲーム、いってみよう!

[リンク]ソークオフだよ人生は
記事:コマンドマガジン他出版予定(予定だよ!)

コマンド・タクティカル・コンバット・シリーズなどという新シリーズがスタートです。第一弾はF16で、このゲームは『Air War』で空戦シミュレーターがトラウマになった(?)9Joeでもさくっとフライトできる優れゲー。そう、ちょこっとだけ動かしたことがあるのです。F18が入ってて、対地攻撃ができるならいいなぁ(いや、だからこれは空戦ゲームだって)

で、実のところ、正直言うと期待しているのは同じコマンド・タクティカル・コンバット・シリーズでも、そっちではなくてこっちなのです。

「決戦連合艦隊」!

第二弾のほうです。
これはやったことないんですが、聞くところによれば駆逐艦が、単艦・名称入りでユニット化されているという話です。吹雪とか涼風とかがユニット化されてる!? 気になりますよね~


[リンク]ディシジョンゲームズ
商品:Iwo

第二次世界大戦、硫黄島の戦いのソりティアゲーム。
ソリティア、って書いただけでこのブログの常連さんはきっと「ああ、9Joeってばソリティア好きねぇ」と思ったに違いありません。まあ、そのとおりなんですが。
だって、またソリティアゲームのアイデアがわいてきたりしてるぐらいですから・・・作る時間がないけどね!

無人ロボットが配達です!

.03 2013 未分類 comment(0) trackback(0)
面白いニュースが。

SankeiBiz:“空の宅配”サービス普及か アマゾン、ドミノピザ…無人機の平和利用

無人機=殺傷兵器のイメージが振りまかれている昨今ですが、やっぱりロボットは人間の友であるべきだしきっとうそうなると思っている9Joeです。
このニュース、近い未来過ぎて胸熱です。

ロボットだから情報収集集と分析得意だろうから、そのうち配達から発展してすごいサービスを提供してくれるように絶対なる!

ピンポーン

ロボ「ドイツアマゾンから配達デス」

自分「おう、ありがとう!」

ロボ「今回モソリティア・ゲームデスネ。対戦相手ガ必要デシタラオ相手シマスヨ? 貴方様ガオ買イ求メニナッタゲームノルールハ、ゼンブ記憶シテオリマス」

自分「いいねw じゃ、ついでに翻訳も頼んでいいかな?」

ロボ「承知シマシタ。デハ記述ノ間、コーヒーデモイカガデショウ?」

自分「お? 俺が何でコーヒー好きなの分かったん?」

ロボ「購入履歴カラ分析イタシマシタ。コーヒー豆ノオススメヲ携帯シテオリマスガ、イカガデショウ」

自分「おお、これは出品待ちでチェックしていた伝説のコーヒー! 買います!」

ロボ「決済完了シマシタ。トコロデ前回配達シタ時ニ比ベテ、肌ガ荒レテイルヨウデス。コノクリームナドオススメデスガ、イカガデショウ・・・」


いやぁ楽しみ楽しみ
 HOME