シリコン型破損

.29 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
ロボコマ シリコン型


駒作りに使っているシリコンの型。モノの本には、耐久性は50回ぐらい、と書いてあったので頭にはありましたが、「100回ぐらいいけるんじゃね?」とか根拠なく思ってました

すみません、なめてました

車両型ロボットの型の一部が、ちょうど40個目を抜くところで、ぽろっといっちゃいました。腕と胴体の脇の隙間部分で修正不可能。壊れるの、10個も早かったです。現在約30個あるので何とかゲームマーケット分は足りるかなぁ。二足型はまだ30個抜けていませんが、こちらの型もよく見るとひびが入ってるので危険。また粘土に埋めるところからやらないといけないのかな・・・いや、それよりシリコンを買ってこないと。うう、投資が・・・

『ロボコマ』本番印刷用カードデータUP!

.21 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
ゲームマーケットに持って行くためには、印刷時間を考えると余り時間がありません。そんなわけで、このしばらくは毎日数枚ずつカードデータ作成を進めてました。それも自宅に帰ってからなので、いつも丑三つ時の作業です。

もうかなり古い記事ですが「カードのサイズ」を書いた頃に作成したロボコマのカードデータは、実は印刷用時にすぐ使えるよう考えて作ってました。サイズは最も多いと判断したポーカーサイズ63×88mm。しかし、今回印刷を予定している印刷会社さんの規定サイズは若干違ったため、データ全て作り直し。なので余計な手間がかかってしまいますた・・・

ロボコマ カード


それでも完成版に近いものを最初に作っておいたので、本業がデスマの中でも何とか完成。写真はできたカードを一覧にしてプリントアウト・アンド・チェック中のもの。
この記事を書いている時点ではもうサンプルが一組できあがっていて、これは明日から某所で開かれるという「ゲーム・ミーティング」出席予定の知人に託しています。歴史ゲームの会に未発表の同人のSFゲームの試作品のテストプレイって絶対無謀な気がしますが、インペリウムとかもSFだし、ウォーゲーム繋がりで遊んでもらえたらいいなぁ。

実質明日からちょうど2週間がテストプレイのタイムリミット。どこまで最後に詰められるか、勝負です!!!

気になるゲーム(2012年9月20日)

.20 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
昨日はゲームマーケットまで60日だったそうですよ。時間が経つのは速いですね。
ゲームマーケットがらみで気になる新作の情報がちらほら出てきています。

[リンク]a-game つれづれ日記
記事:FFP社関連の新商品
記事:A Touch of Evil『HERO PACK TWO』

ううむ、先立つものがないのだが、LNoEのエキスパンションだけは抑えたい気分。

[リンク]自作アナログゲーム製作奮闘記
記事:【イベント】 ゲームマーケット出展作品情報 その1

おお、これも欲しい〜

[リンク]ソークオフだよ人生は
記事:ゲームマーケットのカタログ用広告原稿提出したった

むう、第二弾出るんですねぇ。シミュゲの新刊も出たりして・・・・

ゲームマーケット2012秋開催まであと71日

.09 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
日、刻々と残り時間が減っているのを実感中です。とにかく、できところからやらねばとこの休み中は駒を製造してました。今日の日記も、横で駒の凝固を待ちながら書いています。

rc120909.jpg

型にキャストを流す作業(写真)ですが、いつもは混合液を計量カップに二種類図り分けて、混ぜるようにしているのですが、混合液の入っているスチール缶の口がそうしょっちゅう出したり入れたりするようことを想定していならしく、いつも缶の口に結構な量をこぼしてしまいます。これを拭き取ったりするのに使うティッシュも含めて、結構もったいないので何とかならないかと、計量カップをもう二個用意して、そこに三回分程度を先に汲み取っておくやり方を試してみました。これだと、缶の口を拭き取る作業が3分の1になります。
やってみると1回目はもちろん、2回目もうまくいき、能率アップにも良い感じだと思っていたら、3回目。混合して型に入れたらキャストが泡を吹き始めました。スポンジケーキみたいになったのでもちろんコレは失敗作として破棄することに。
やり方は同じなのに、どうしてだろう・・・・と謎解きです。

ヒントは泡。

キャストでの型取りの際に注意しなければならないこととして「撹拌に木の棒を使わないこと」というのがあります。理由は、木の棒に含まれている水分と混合液が反応して気泡がでるから。しかし、それはわかっていたのでいつも使用するのはプラスチック/アクリルの棒です。アイスコーヒーを作って飲んだりしてるけど、作業中には影響無いようにしていたはず。と考えていたら一つ思い当たりました。
換気のために窓を開けたら、ちょうど急な通り雨があったのです。
これだ、きっと空気中の水分を溶剤が吸ったのに違いない。小分けするにもリスクがあるのが分かりました。蓋のできるソース瓶みたいなものがあるといいのかもしれません。

というわけでこの週末の成果、製造18体、うち不良をのぞき6組製造成功。まだ合計で30組に届きません。がんばらねばです。

『フォークランド・ショウダウン』の追加ルール

.07 2012 Red Dragon Rising comment(0) trackback(0)
コマンドマガジン公式サイトに上がっている『フォークランド・ショウダウン』の追加ルールですが、これがまた「超魅力」です。

[リンク]コマンドマガジンWEBサイト FAQ
記事:[V5.4] 対空戦闘と長距離対空能力

ヴァリアントの中で、唯一面倒で違和感があったのが長距離対空能力を使った戦闘だったのですが、これで完全解決! 処理がめっちゃ(死語)スマートで嬉しい限りです。まず間違いなく採用決定ですね! 他はまあ「知ってた」って感じ。

ますます『フォークランド・ショウダウン』が好きになってしまつた・・・・

ゲームマーケット2012秋開催まであと76日

.04 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
ルールの書き直しが一段落付いたので、ルールに合わせてカードテキストの記述の修整をしています。

ルール内に出てくるカードやアクションの名称を分かりやすくするために、以下のルールを思いついたのですがこれがまたとんでもない作業量に。

カードの名称を指す場合 《名称》
アクションの名称を指す場合 〈名称〉
ルールブック中に細則がある用語 「名称」

例えば、【射撃】とあっても、それが名称なのか、用語なのか、単なる表現や説明なのかが分かりにくくなっていたので、約物で明確にしようというわけなのです。
でもそもそもはそういう、紛らわしい言葉は名称や用語として使わないのがいいのでしょうね。

む、この法則もルールブック内に記述しておかないと意味がない気が・・・・12ページで収まらないかも・・・・

ゲームマーケット2012秋開催まであと77日

.03 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
いろいろとある用事の合間をかいくぐって『ロボコマ』のルールの修正作業です。
同時に、もとはA5判サイズだったのを、A6判で作りなおしてみています。

ロボコマ ルールブック

うん、なんとかいけそうです。表紙とかはなくなりましたが、12ページに収まりそうです。あとは数日寝かして見なおして、それでも読みにくくなければ、ゲームの箱はA6決定・・・・・おっと、タイトルとクレジットを入れるスペースがないぞっ!
 HOME