『死病の夜明け(Dawn of the Zeds)』をプレイ

.27 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
いやはや、ようやく腰を据えて『Dawn of the Zeds』もとい日本語名『死病の夜明け ファーミングデールの戦い』をプレイです。

死病の夜明け Dawn_of_the_Zeds
▲画像はa-gameショップから

コンポーネントはこんな感じ。中央の町、ファーミングデールにはわずかな市民とヒーロー3人と1匹がいます。ヒーローはランダムで選出なんですが、うち1人だけはプレイヤーが任意で選べます。『死病の夜明け』のヒーローは、多くのゾンビゲームのヒーローの立ち位置とはちょっと違って、「町と市民を守るリーダー」的なキャラクター。なので市長や保安官、医者などいるわけですが変わり種で犬(名前は「ピクルス」!)もいます。「わんこ」はゾンビ映画には欠かせないキャラクターですね。
というわけでわんこを選択して、後はランダムで選んだところ

●ハント保安官 元SEALにいたという最高戦闘力キャラ。防御力も高い。

●ピアッツア大尉 現役陸軍軍人。本作唯一の女性キャラ。スナイパーで研究所へ行く途中に事件に巻き込まれた。遠隔攻撃のほうが得意。

●ヘルナンデス町長 戦闘力は低いが、町での物資の徴発に+修整、演説スキルなどあるけどハズレかも・・・

●ピクルス わんこ。町長にかわいがられているらしい。利発で、使えそうなものを見つける(徴発)のが得意だが、戦闘やバリケード構築はムリ。ゾンビの目標になりにくい特徴あり。

となりました。初期物資は、補給物資は9個、弾薬3個で悪くありません。これで州兵到着まで町を守りきれば勝利です。

死病の夜明け Dawn_of_the_Zeds
▲なかなか個性的なヒーロー4人(?)

第1ターン。ゾンビは町の南の山道を進んできました。守るべき町ファーミングデールに続く4本の道の途中には、5つの村と農場や炭坑、原発(!)などの施設があります。村の人々はそれぞれ自警団を伴って立て籠もって動く気配はありません。ヒーロー3人と1匹、そしてヒーローに従う市民グループ2つはファーミングデールにいます。ゾンビが村に突入するのを見ているはずもなく、早速、ピアッツア大尉を村に向かわせます。
大尉は射撃が得意なので早速、ゾンビに対して攻撃を開始。射撃は反撃が無いのがメリットですが、貴重な弾薬を消費します。けれど、弾なんて「無くなってからどうするか考えればいいんじゃないの」というわけで、ゾンビユニットに3ヒット与えて耐久力を半減させました。

第2ターン。今度は北の林道をゾンビが進んできます。そちらにも応援を向かわせるべきか? しかし、まだ村まで距離があるのと、東の居住区のほうが住民が多く、こちらの街道を封鎖した方が良さそうな予感が。というわけでハント保安官は東へ向かいます。折良く、居住区上空に州兵のヘリが飛来しゾンビを攻撃していきます。隣の山道では、ピアッツア大尉が遠慮無く弾丸をゾンビに浴びせ、一団を殲滅しました。

第3ターン。にわかに全てのゾンビの活動が活発に。いったいなにごと!?って感じですが、保安官が村の入り口で撃退。さすがもとSEALだけあります。

第4ターン。西側ハイウェイを進んでいたゾンビが村に突入、市民との戦闘が発生! しまった、そちらに来たか! しかし、かろうじて市民の活躍によってゾンビは撃退されたのでした。しかし、市民にも死亡者が(1ヒット)。しかも、この戦闘で感染レベルが1上昇してしまいました。
近接戦闘では、射撃と違って双方に被害が出やすいのと、感染レベルの上昇が伴う危険があるのです。とはいっても、反撃や感染リスクのない射撃には弾薬が必要。ここはどうやら物資の徴発が必要です。よし、町長の能力を使ってみよう! ということでダイス目+1の修整で振るとダイス目は「6」。貴重な弾薬と補給物資両方をわずかばかり確保できました。
一方、ピクルスは大学エリアをうろついて、なにやら貴重な資料を探し当ててきました(イベント)。これによってリサーチポイントが1上昇します。
リサーチポイントが上昇していくと、何やらいいことがあるらしいのですが今回キャラクターに医師も研究員もいないので、あまり気にしないで進めていくことにします(オイ)。

第5ターン。弾薬が山荘にあったという情報(イベント)を得て、近くにいた大尉が向かいます。弾の補充があるならと、保安官も射撃を試みてゾンビの群れを攻撃。

第6ターン/第7ターン。ここまで順調に来たことに調子づいたのか、これまで傍観していた村民がいきなりゾンビの群れに攻撃を開始! 「おい、お前達! 無謀だ!」との保安官の静止も無視(というか強制イベント)。当然というかゾンビより市民の被害のほうが大きく、感染レベルもまた上昇。映画でもよくいますよね、主人公達のいうことを聞かない人たちって。
保安官、大尉の活躍により、さらにゾンビグループ二つが消滅し、残るのは北側のゾンビ1個のみという状況になりました。しかし、さすがに保安官も負傷して後退し、弾薬も空に。とりあえず活性化した市民によってバリケードを構築させ、ついでに町中心にいた市民グループを各村への防衛強化のために向かわせます。

死病の夜明け Dawn_of_the_Zeds
▲ハイウェイ沿いの戦闘。ピアッツァたん、大活躍

第8ターン。引いたのはイベント「やつら、どこに隠れていやがった!?」。殲滅したはずの街道にまたも現れるゾンビども。なるほど・・・とネーミングに感心している場合ではありません。北がわの村はゾンビに蹂躙され、避難民が道に溢れます。

第9ターン。恐怖の「の・う・み・そ・・・」イベント! ゾンビが急に凶暴化して襲いかかってきました。北側の村に突入したゾンビは、村奪還を目指す市民グループに襲いかかりこれを殲滅。さらに逃走中の避難民の群れにも襲いかかりこれを捕食します。感染が拡大します。さらにイベントが追加で発生するのですが感染度が高かったためにアウトブレイクが発生し、さらにゾンビの群れがふくれあがります。東の村は蹂躙され、避難民がファーミングデールに向かって逃走を開始しますが、これをゾンビが追います。大学もゾンビの群れに囲まれ、なんとかピクルスは姿を隠すのに成功しますが、ゾンビはさらに町に向かいます。負傷した保安官が立ち向かいますが多勢に無勢。下がるしかありません。大尉も弾薬が無くなり、白兵戦で市民を支援しますが負傷を余儀なくされました。2人を病院に呼び戻して治療したいものの、その余裕がありません。どうする!?

死病の夜明け Dawn_of_the_Zeds
▲「の・う・み・そ・・・う・ま」で大波乱

とりあえず、保安官と市長の連携(能力)で避難民をファーミングデールに誘導し、民兵に取り立てます。避難民を市街に入れると感染度が上がりますが、そんなことは言っていられません。今は、一人でも戦える奴が欲しいんです!

第10ターン。まさかの「の・う・み・そ・・・」二連発!!! 取り立てたばかりの市民ユニットが抵抗するもむなしく市内にゾンビ突入を許します。もはや町中心部を守るのは市長と怪我人のみ。

死病の夜明け Dawn_of_the_Zeds
▲ファーミングデール最後の戦い

そこで更に引かされたイベントは、「高速ゼッド」。あれです、リメイクされた映画「ドーン・オブ・ザ・デッド」の走るゾンビってやつです!!! ゾンビの二回の襲撃に耐えきれず、ファーミングデールは死の町になったのでした。

まさかの10ターンエンド。山札まだたっぷり残ってるんですけど。悔しいけど、ゲームタイトルの元ネタ映画のゾンビに蹂躙されたのなら本望? いやいや・・・ちなみにもう一枚イベントカードを引いたら、新たなヒーロー登場でした。もう1ターンしのげれば何とかなったかもしれなかったのか・・・もちろんまた再戦しますが、次回は市長じゃなくてもう少し使える人をヒーローにしたいなぁ。え、犬はいいのかって?

『いくさの子』第1巻(絵:原哲夫)感想

.26 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
少女兵器コミックなど読んでいますが、そもそも漢(おとこ)のロマン的作品を好むほうでして、そういった意味ではこの漫画は超当たり。

信長 いくさの子 1巻

織田三郎信長伝ということで、若き時代の信長から話が始まってるのも注目なわけですが、なんといっても描き手が「原哲夫」先生ですよ! これが狂喜乱舞せずにいられますか!! 原先生の戦国時代は慶次も左近も最高でしたが今回も最高です! 一巻では信長の親父織田信秀や教育役の平手政秀も出てきていますが、これがまたかっこよくて、今まで「信長以前だろ」程度に見ていた『天下統一』の最初のシナリオが無性にやりたくなってきました。それか、ボードゲームなら『信長軍記』あたり。

今日はゲーム三昧

.24 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
土曜はゲーム三昧でした。

最初は『Falkland Showdown』(S&T)。対戦相手がアルゼンチン希望だったのでこちらイギリス軍。序盤、増援もそろわぬうちに空母インビンシブルとハーミーズの二隻とも失う大失態。その後、フォークランド諸島に上陸するも、イギリス海軍は対地攻撃力に乏しく、地上軍がアルゼンチンのA4スカイホークとプカラにつぶされていき万事窮すとなりました。むむう、恐るべしアルゼンチン。というか、ハリアーのないイギリスなんて、クリープのないコーヒーみたいなもん! とまぁ、コーヒーはブラック派の自分が言うのも何ですが。

次は『ビルマ電撃戦』(コマンド94号)。どちらかというと『フライングタイガース』の方が興味があったのですが、友人がこっちを希望したもんでこちらをプレイすることに。といっても両方初プレイなため、ルールを確認しつつ初期配置。自分は日本軍担当で思いのほかユニットが少ないのに驚きましたが、連合軍も同じような感じ。5ターンまでプレイしたところで、人数も増えてきたので中断。

4人集まったので今回の目玉『Flash Point』をプレイしました。これはプレイヤーは消防隊の各分野の隊員それぞれとなり、燃え広がる火災の中で、消火と救出を行うゲームで、『パンデミック』系の協力型ボードゲームです。家人を救出するには、壁や扉を破って通路を確保し連れ出すのが有効なのですが、火事で壁などにもダメージが及んでいるので、あまり破壊しすぎると建物が倒壊するリスクや、開口部を通じて火が飛び火する可能性があったりするので、地道な消火も欠かせないという分業分担が重要になっているのです。

Flash Point

で、いきおい難易度高でプレイしようぜ!となったのですが、結構、順調に救出活動は進み、あっさりゲームクリア! 意外に簡単だね! とか話していたら、延焼に関する重要なルールの読み落としを発見。え? それじゃあ、多分クリア無理だったんじゃ・・・というオチでしたが、ゲームはなかなか面白かったです。プレイしてみようかな、と思っている人は、初心者用ルールから順に始めるのがお勧めかも。

『鋼鉄少女』第3巻(絵:ZECO)感想

.23 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
鋼鉄少女 3巻 少女兵器大戦 シリーズ

ほんわかムードも一転、珊瑚海にミッドウェー海戦まで話がすすんで読むほうもどきどきです。ゼロ戦が登場して少女兵器大戦らしくなってきましたが、九九艦爆っ子も好みかも。

気になるゲーム(2012年3月22日)

.22 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
昨日書いたばかりですが、早速新たなる刺客が(懐的に)。

[リンク]ソークオフだよ人生は
記事:このシミュゲがすごい2012

もちろん、9Joe的に注目しているのが『フィリピン攻略戦』ではなくて『異星人による太陽系侵攻作戦』であることは言うまでもありません。「太陽系の惑星軌道シミュレーターで2198年から2199年にかけての惑星軌道は確認済み」とか垂涎モノです。これは外せない!?

気になるゲーム(2012年3月21日)

.21 2012 ★Winds of Caribbean comment(0) trackback(0)
とうとう本家から帆船海戦ゲームが登場ですよ!
情報は『Wings of War』シリーズ(今後はWings of Gloryか?)の情報なら日本トップのこちら。

[リンク]テーブルゲーム・ボードゲームオフ会
記事:Sails of Glory

これは帆船海戦ゲームのベストオブベストになるかも!?な予感。

『空想世界 幻獣創造教典』著:宮永忠将 を眺めてみる

.08 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
何気なく本屋によったら『空想世界 幻獣創造教典』が売っていたので身柄確保。

空想世界 幻獣創造教典 宮永忠将

『空想世界構築教典』に続く第二弾ということで期待してたのですが、もう出ていたとは。今回も主題の脇を固めるプチコメントがなかなかに楽しい感じです。じっくり読もう。

戦利品を眺めてみる

.07 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット大阪での戦利品を鑑賞です。

CARD OF THE DEAD

まずは『CARD OF THE DEAD』。パッケージはちょっとエロいけど中身は結構怖い系の絵でした。カードのテキストが全部英語。ルールは日本語でしたが、裏面に英語ルールが。

『CARD OF THE DEAD』

こちらはそのルールの裏。他のお客さんと出店者の方が話していたのを耳にしたところでは「趣味」とのことで、ルールも簡単だから英語でも大丈夫だそうな。でも海外に売れそうだからいいかもしれません。英語でルールが書けるなんて羨ましい限りです。ゲームの内容はマルチ&サバイバル系。

ZOMBIE TOWN

次は『ZOMBIE TOWN』。これもサバイバルゲームみたいですが、イラストはかなりコミックライズされています。英語&中国語のルールが入っていて、たぶん台湾のゲームっぽいです。日本語訳付き。個人的にはイラストがとても好みでプレイ意欲がそそります。

120305_5.jpg

これは他のゾンビカードゲームとはちょっと切り口が違うゲーム『ゾンビリーバボー!!』。他のゾンビゲームが、プレイヤーは基本人間側(一部ゾンビを受け持ったりしますが)なのに対して、これは一人だけが人間側で他のプレイヤーは全員ゾンビ側という逆視点ゲーム。イラストがかなりプロな上に、ゾンビや人間キャラクターがユニークです。ゾンビプレイヤーは言葉をしゃべっていいけないというメタ・ルールがツボで、TRPGでこういうのをよくやったなあと懐かしくなりました。

同人ゲーム ホラーハウス

先の3つが商業印刷を使っているのに対して、こちらは手作りの同人ゲーム『ホラーハウス』。マップはパウチ、カウンターも厚紙を手切りしてあり、謎のミラータイル?もあり。ルールに読みやすくしようという工夫が見られます。
同じサークルの、『ホラーハウス』の進化系がこちらの『バッドモーテル』。

バッドモーテル

こちらはマップと駒がボード貼り。カードがパウチ。イラストもグレードアップしています。先の『ホラーハウス』は待ち構える恐怖をかいくぐって脱出するゲームなのに対して、『バッドモーテル』は追跡者をかわしていく逃走ゲーム。似ているけどテーマが異なっています。非常に丁寧な手作りで、商業印刷からは読み取りにくい作品への愛情のようなものを感じました。
ちなみにこれを買ったのは、頼んだきらりんではなくその旦那さん。ゾンビと関係ないゲームなのにどうして買ったのかと思ったんですが、そのへんに惹かれたんでしょうか。でも確かにこれは面白そう。

ゾンビゲームは会場でもうひとつ売っていたらしいのですが、昼には品切れだったそうです。「体験プレイを見た感じでは、『Dawn of the Zeds』のマルチプレイゲーム版みたいだった」とのことでしたが、タイトルせめて覚えてきてくれればよかったのに、と小一時間。

というわけで、どれから遊ぼうかな・・・・『ホラーハウス』にしようかな(ってそれゾンビ違う)。

ゲームマーケット2012大阪、戦利品とニュース

.05 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット前後はいつも色々ニュースがありますが、今、9Joe的に一番大きなニュースはこれでしょうか。

[リンク]サイフォン・ボードゲーム
記事:サイフォンのウォーゲーム制作支援プログラム

すごいよ! カウンター20個から作れちゃうのか! ますます同人ゲーム作りやすくなりますね。
う~ん、『ロボコマ』をカウンターにすることも考えちゃうなぁ・・・って製造費幾らだろう?

もひとつ気になるのはこちら。

[リンク]Table Game in the World
記事:『ボードゲームナビ』創刊、『ゲームリンク』休刊

定期的なボードゲームの情報とゲームを供給する商業誌があればと思っていた2009年の『ゲームリンク』の創刊は衝撃的でした。付録になったカワサキ・ファクトリーの『マーチャントギルド』も目をきらきらさせてプレイした記憶があります。その後、4号ぐらいまでは次の付録が何かとずっときになっていました。今思えば、あの創刊は昨今のボードゲームブームの火付けに一役買ったんじゃないかと思っています。

制作が池田氏からかわってからはあまりチェックしてませんでしたが、11号で終わりとはとても残念です。新しい雑誌は付録無しになるんでしょうか。

さて、ゲームマーケットで買ってきてもらった戦利品はこちら。

ゲームマーケット 2012 戦利品 ゾンビゲーム

思いのほか多くて予算オーバーな感じですが・・・って、ゾンビでないゲームも入ってるじゃん! でも面白そうだからいっかぁ。

ゲームマーケット大阪

.04 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
今日はゲームマーケット大阪でした。参加するきらりんさんに
「ラストナイトとドーン・オブ・ゼッド以外のゾンビゲームあったら買ってきて」
と頼みましたが買えたかなあ。

『Dawn of the Zeds』の和訳を眺めてみる

.02 2012 未分類 comment(3) trackback(0)
以前日記に書いたゾンビゲーの『Dawn of the Zeds』ですが、「日本語訳が無いしやっぱりプレイ無理w」と思っていたら、a-gameが和訳ルールの配付を開始!!!

そんなわけで今手元に日本語訳がありまして、早速読んでいますが、これは予想以上に面白そうです。ゲームの基本となるルールはそう多くはないのですが、この和訳ではカードイベントやキャラクターカードのフレーバーも全部訳されているので、かなりのボリュームがあります。おかげでゲームのバックグラウンドがよく分かるのですよ。
設定は、突如ふくれあがったゾンビどもからヒーロー達が町を「守る」というもので、なので登場人物も町の町長や保安官、もと軍人、医療研究者などとちょっとスペシャリスト系。市民系の「普通の人」がプレイヤーキャラの『Last Night on Earth』とかとまたちがったロープレで楽しめます。ゾンビ共から避難民を誘導したり守ったりしつつ・・・・という、こんな設定のゲームを作りたかったのですよ(これについてはこちらの日記に)。
ソリティア専用ゲームなのできっとゲームの難易度(プレイヤーが勝利できる可能性という意味での)は高いと思いますが、決してただ生き延びれば終わりというわけではなく、段階的な事件解決の可能性があるのもポイント高し。完全クリアを達成するまで、何度も遊べそうなやかん。
面白そうなギミックが色々ありますが、ルールに「ヒストリカル」設定があるのがユニークです。週末にはプレイしたいなぁ。
 HOME