気になるゲーム(2012年1月31日)

.31 2012 未分類 comment(4) trackback(0)
ロボコマの制作予定とともに、その先についても考えています。とりあえず、次は『関ヶ原無双』をリニューアルしようかと。

・・・で、情報集めていたら、面白いゲームを見つけました。こんな「関ヶ原」ゲームがあったとは!

[リンク]ひろさわの人生ダメ詰まり--No Liberty--
記事:燃える白河殿( 『清盛軍記 保元・平治の乱』その2)

記事名は保元平治の乱ですが、記事の後半に関ヶ原のゲームについて書かれています。このコンセプト&スケールはまさに自分好み。しかも、この方アナログゲームを作り始めたのは最近だとか。すごすぎる!

『ロボコマ』フィギュア制作 二脚編(8)

.31 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
電車から更新のため画像がありませんが、何とか型は完成し、抜けなかったらどうしようと思ってたキャストの流し込みも問題なく、意外にいい仕上がりでした。やはり2体目ということで、原型段階で工夫したかいがあった感じです。反省点はありますが・・・それはまた後日まとめよう。
ちなみに、マーカー用は、シリコン流し込み時に原型が浮いたらしく、片方は失敗でした。二個作っておいてよかった。

さて、これでコンポーネントの一番大きな課題がほぼ解決したので、製造については時間と懐具合が解決してくれそうになってきましたが、懸案はゲームバランスです。どこかでガッツリテストする必要があるのですが。さてどうしたものか・・・・
製造工程とともにスケジュール組んでみよう。

『ロボコマ』フィギュア制作二脚編(7)

.29 2012 ★ロボコマ comment(4) trackback(0)
シリコンが固まったので粘土を外して反対側の型を取ります。
前回は粘土がシリコンに張り付いてきれいに取れなくて苦労したので、今回は粘土表面をつるつるにしておいたので剥がれやすいはず・・・でしたが、状況は全然変わってませんでした。結局前回同様、粘土を完全に取りきることはできず。と、いうことは、粘土とシリコンの問題ってことになるんですが・・・・信越シリコーンがそういう性質なのか、彫塑用粘土を使ったのがまずいのか、両方か、相性の問題か・・・・。次回があれば、粘土を変えてみたい気がします。

粘土を外すときには、粘土部分のブロックだけを解体し、その後、ブロックを戻してシリコンを流し込みました。ブロックはやはり便利です。前回とは段違い。

マーカー用シリコンのほうは、ただ枠をばらすだけです。小さい方がちょっとバリが大きく出たので、もしかしたら型取り失敗したかも・・・。

『ロボコマ』フィギュア制作二脚編(6)

.28 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
またもモデラーブログみたくなっていますが、ゲーム制作ブログです。今日はシリコンの流し込み。

ロボコマ 制作風景

シリコンの混合では、硬化剤を混ぜるのに重量をきっちり図って混ぜなければいけませんが・・・・なんと計量ハカリの電池切れ。こんな夜中にボタン電池なぞ、手に入りませんがな・・・・というわけで、目分量で混合する荒技に。
何ともいい加減ですが、やる気のあるときにやらないと・・・・というわけで、原型とついでにマーカー用の型取りも。まだ先は長いです。

『ロボコマ』フィギュア制作二脚編(5)

.26 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
なかなか進みませんが、とにかく匍匐前進です。

各部接着して、隙間も接着剤で埋めて原型完成。粘土に埋めてシリコン流すとこまで・・・と思いましたが、粘土に埋めたところで力尽きました。あ、埋める前に全体の写真取るの忘れた。

ロボコマ 制作風景

左腕を斜めに伸ばさせたので、ポーズは自然になりましたが、ちゃんと型から抜けるのかどうか・・・ちょっと不安です。

『ロボコマ』フィギュア制作二脚編(4)

.22 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
知人の進行聞いてテンション上がったところで自分もえっちらほっちら・・・・

rc_2legs05.jpg

腕と腰回りの装甲の削り出しと、武装の造形も何とか完了。武器はビームライフルです。あとミサイルランチャーを搭載させよう。

気になるゲーム(2012年1月21日)

.21 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
あのゲームがもうじき形になりそうとのことでまた期待上昇中。

Istberia Story 同人ゲーム

[リンク]自作アナログゲーム製作奮闘記
記事:完成急げ!!

写真を見て分かるのは、ベータ板に比べてグラフィックが向上したのはもちろん、どうも地形効果が入った様子。そうきたか!

自分もがんばろー

裁判員でした

.19 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
陪審員とか。日本のは裁判員制度でした。
しかし誰にも指摘されず、制度調べて自分で気づくとか悲しすぎるwww

まぁ、その代わりゲームのイメージはなんとなく固まりましたよ、と。

手軽な完全マルチプレイヤーズゲームです。今からつめてけば、大阪のゲームマーケットに間に合ったりする!?

逆転裁判とかもありますし

.18 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
ここには基本的に「政治」「宗教」「仕事」の話は書かないのがモットーなんですが、今日は話の枕なので。

[リンク]毎日jp(毎日新聞)
記事:君が代訴訟:処分取り消し訴訟 「減給以上、慎重に」 最高裁が初判断

今日見たこのニュース。集団生活のルールを教えるべき場で模範となるべき教師が率先してルール違反しているわけで、一般企業なら停職減給どこりか首でもおかしくないわけですが・・・・。「どの程度の混乱を招いたかの評価は困難」とありますが、正直、生徒への悪影響が甚大なのは確かでしょう。
まぁこれに限らず、裁判の判決って庶民の感覚では首をかしげる内容のものが結構ありますよね。
だから陪審員制度ってのができたわけですが、けどこれがまた、人って集まれば集まっただけ意見があって、なかなか意見がまとまらなかったりするとか・・・

そんなことを考えていたら、ゲームを思いついた!

ゲームのタイトルは『陪審員』。

はい、内容は想像の通りです(笑)。すでに誰かがつくってそうですが、くそまじめに考えてみたい気も。

最近のお気に入り(2012年1月14日)

.14 2012 未分類 comment(2) trackback(0)
最近のお気に入り(2012年1月14日)

外出の時の必需品って結構あるもんです。財布、携帯、免許書は基本として、携帯の予備充電器、筆記具とらくがき帳などなど・・・・もちろん、その中にはハンカチなんかもあるわけですが、最近これでいい奴を見つけました。

セブンイレブンで売っている「機能性ハンカチ」がそれです。製造元はブルーミング中西株式会社、メイド・イン・ジャパンで、値段は420円。

機能性ハンカチ
▲機能性ハンカチ(製造:ブルーミング中西 made in japan)

紳士物のハンカチって、どれもぺらぺらに薄くて、実際、殆ど水を吸いません。かといって、タオル地のハンカチにすると厚すぎて、スーツのポケットに入れるのはちょい厳しいわけです。

しかし! このハンカチは、紳士物ハンカチのような薄さがありながら、吸水性も抜群! ポイントは生地の織り方にあるのですが、これがなかなかに手触りがよく、一瞬で気に入ってしまいました。

というわけで、この数日、セブンイレブンをあちこち回って、同じものを片手ぐらい買い占めてきました。

ちなみに、その他の外出時の必需品と言えば、サイコロにブランクカウンターなんですが、そんな奴は私だけでしょうか(笑)

『ロボコマ』フィギュア制作二脚編(3)

.13 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
今日は帰りも遅くなったので頭だけでも・・・と思ったら、意外に頭が時間がかかってしまったでござるの巻き。

小さいパーツで、削っている最中もコロコロころころ、指から落としてしまいます。しかしながら、頭のパーツって、結構目がいくところで、他は手を抜いてもここだけは手が抜けないところだと個人的には考えているので、結局かなり力が入ってしまいました。というか、それなら最初から別のパーツをすべきでした(汗)

『ロボコマ』駒制作中

頭の形状に合わせて胴体も修正したりして。

『ロボコマ』フィギュア制作二脚編(2)

.12 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
タンクタイプの時は腕は正面に向けさせたのですが、二脚では正面に向けさせると「前へならえ」みたくなってしまいます。そこでポージングに悩んだ末、片腕だけ斜めに向けさせることにしました。そのために機体の形状もちょっと投書のイメージと変えなくてはならなくなりましたが、ちょっと実験実験・・・・

『ロボコマ』駒制作中

楯は新たにパテを練って腕に押しつけて成形中。

『ロボコマ』フィギュア制作二脚編(1)

.11 2012 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
ようやく駒の制作も再会です。胴体の形がいまひとつ気に入らず、作り直したりしていましたが、やっぱり最初の形で行くことにしました。あまったボディは次の機体を作るときに使おうっと。

『ロボコマ』駒制作中

んなわけで、足回りの修正を開始。腰にスカートを着けることにし、パテを新たに盛りつけです。ヒケてるところには、アロンアルファを盛りました。

『ロボコマ』駒制作中

乾いたらまた切り出しです。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』をプレイ

.10 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケットの出店情報で見かけて以来チェックしている「みさき工房」さんの『貴族の時代』をプレイしました。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』
▲プレイ風景

『貴族の時代』は、19世紀頃のイギリスの貴族社会を舞台にした社交ゲームで、貴族と交流を深めたりメイドを囲ったり資産を増やしたりして点数を稼ぎ、一番点数の高い人が勝利するゲームです。プレイ人数は2~4人。今回は2人でプレイしました。

ゲームが始まるとプレイヤーには10ポンド(お金)とランダムでメイド一人、初期点数5点が与えられます。盤上にはこのターンで雇うことの出来るメイドや交流できる貴族、購入可能な土地のカードがランダムに並べられます。これを手番プレイヤーから順に欲しいものを取っていくわけですが、金を使って邪魔をしたりすることも可能です。
さて先攻の友人は「やっぱ男欲しいでしょ」といきなり貴族キャラを確保します。貴族は晩餐会が開かれると高得点を得られますが、あとから同名のキャラを他のプレイヤーが落札するとそちらが有効になるという特徴があります(他人になびくわけです)。慌てて取らなくても・・・そうか、こいつおっさん趣味だったっけ?
次は自分。「やっぱりメイドだよね」とメイドを落札。でもそれは黒メイドで、家事一切は出来ず点数が徐々に下がりますが毎ターンお金が入ってくるキャラ。それ、まともなメイドちがう。
このターン、メイド二人を確保したこちらに対して友人は貴族と土地をゲットです。このあと、土地やメイドなどからの収入を処理し、メイドに俸給を払ってターン終了です。この時点では点数計算はまだしません。あ、でも黒メイドのペナルティによる点数減だけは行われます。

第二ターン。メイドと土地と貴族とバランスよく登場ですが、今回は先攻だったので貴族を取ることにしました。が、このゲーム。貴族のゲームと言うだけ合って、金を払えば他人の邪魔もやり放題。友人は金を積んで自分がゲットした貴族をかっさらい、あまつさえ逆に取り替えされないようにまたさらに金を積みます。
しかたなく自分はメイドの中から良さそうな子をチョイスしようとしますがちょっと皆能力が低め。そこで金を払ってカードを流して、他のメイドを雇うことにしました。そしてメイドだけ着実に増えていきます。
ターン終了で、黒メイドによりお金は結構増えていきます。友人も土地が二つになったのでさらにお金はインフレ状態。これはもっと積極的にお金を有効活用せねば。

第三ターン。ランダムに発生するイベント「供給激減」が場に登場。これが出るとカードを流すことが出来ません。しかし貴族が二人場に出ているので悪くない状態です。貴族一人を友人がゲットしたので、もう一人を自分がゲット。この一人はすでに友人がゲットしている貴族と同名のカードなので、友人のカードは無効になり、自分のカードが有効になります。得点も稼ぎつつ、友人の邪魔も出来、まさに一石二鳥。
こうして三ターン目の収入と俸給の処理をするわけですが、その後、晩餐会が開かれます。
晩餐会では、貴族と土地、メイドそれぞれから各種点数を獲得できます。メイドはそれぞれの点数は低いですが、屋敷の家事をうまく分担させられると追加点があり、友人はメイドが足らずまるで点数が取れなかった一方、こちらはその追加点を得ることが出来ました。しかし、友人はこちらより貴族が多いのと、こちらは黒メイドのマイナス点があることで少し差が開いてしまいました。何とかせねば。

第四ターンからは、メイドによる家事点特化で行くことにしました。場のカードを流したりしながら、屋敷の家事をこなすために必要なスキルをもつメイドを確実にゲットしていきます。一方友人は土地と貴族に特化。毎ターン土地から得られる膨大な金のあまりでメイドもそろえ出しました。こちらは黒メイドの収入で毎ターン潤っていましたが、メイドがどんどん増えていくと(能力の高いメイドは俸給も高いのです)ついに黒メイドの収入ではカバーできなくなってきました。どうなるこのレース!

最終ターンの晩餐会。友人は貴族と土地をがっちり確保で高得点。こちらは大量のメイドで屋敷の全家事をこなして全追加点ゲットしましたが、友人が42点確保で勝利。点差はわずか4点で、黒メイドのマイナス点が無ければ勝利という、なかなかにいい勝負でした。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』
▲文字通りメイドがいっぱい


デザイナーの後書きにありましたが、清楚なメイドのゲームを作りたかったとのことで、確かにメイド萌えとか関係なく、すっきりと遊べるゲームでした。でも友人は、「この貴族とこのメイドが出来てて、その事実を知ったこの貴族がメイドにさらに・・・」とか勝手な設定を作りながら遊んでいたのでやっぱりメイドはすごい世界です。個人的には、イラストがとてもキレイで気に入りました。背景も描ける人はなかなか。プレイ時間もインスト込みで40分ちょうど(パッケージに偽りなし)ってのもいいですね。

しかし、同人ゲームでマップがハードボードなんてうらやましい限りです。

みさき工房『貴族の時代 ~メイドパラダイス~』

今年の抱負

.07 2012 未分類 comment(0) trackback(0)
気がつけばあっというまに年末年始の休みも終わり、通常運転に突入していましたの巻でござる。

休みに入ってからは結局ゲームらしいゲーム会もなく、プレイしたのは『ブロックス』と『ロボコマ』だけでした。しかも後者はソロでのテストプレイw
でも本番用のマップデザインができあがったので、テストプレイもやる気が違います。

rc110107.jpg

写真はベータ版の最新バージョン10.5のモックアップ制作中。時間をかけられる時はカードをシールにプリントして、既製のTCGの余りカードに貼って作っています。この貼る作業が意外に時間がかかるもので・・・・

で・・・・

表題の今年の抱負。

結局去年は何もゲームを完成させられなかったので、今年こそは何か完成させるが目標です。さらにどこかのゲームマーケットで委託でも置ければ最高!

というわけで今年も当ブログをよろしくお願いします。
 HOME