ゲーム批評記事について

.29 2010 未分類 comment(0) trackback(0)
サイト・ウオッチをしている時は仕事が忙しい時と相場が・・・(げふんげふん)

興味深い記事があったので、ちょっと記録がてら紹介。

[リンク]盤遊記 ~つれづれ日記~
記事:ゲームの批評サイトとどう付き合うか [雑感]

批評を読んで、自分と異なる意見を見つけると、つい論破しようとしてしまう事ってあるわけですが、やはりこの方のように「第三者的目線ということで納得」できるような器量を持ちたいものです。

そういえば、ずいぶん以前から参考にしている批評サイトがあるのですが、最近はあまり更新されていないようで、どちらかというとブログと海外のポータルを中心に活動されている様子。実に残念なのが、ブログの書き込みがつぶやき程度か、英語のレビューだということ。

[リンク]bqsfgameの日記
※コマンドマガジンやゲームジャーナルでボードゲームの記事を書いている方のブログ

英語が苦手な自分としては・・・ですが、いっそ勉強がてら訳してみようかしら。

ゲームフェスティバル2010 募集要項公開/申込開始

.21 2010 未分類 comment(1) trackback(0)
タイトル通りすが、

[リンク]テーブルゲームフェスティバル 公式サイト
記事:ゲームフェスティバル2010 募集要項公開/申込開始


場所はいつも通り、東京都立産業貿易センター(台東館) の5階。11月28日(日曜日)10時から、ということですが、「行きたい」しかし「何も出来てない」というお約束的展開。前回のゲームマーケットとちがって、今回は何もストックがない。どうするか・・・。

それはそうと、あの萬印堂さんが「試作品製作応援キャンペーン」なるものをやってます。ゲームマーケット/ゲームフェスティバルの時期にはいろいろ興味深いサービスをやられるんですが・・・・・ん~と、例えばこのサービスを使って、超小ロットの量産ってのはどうかなぁ。10個だけ、というような。

[リンク]ボードゲーム・カードゲームの印刷所 萬印堂
記事:試作品製作応援キャンペーン

気になるゲーム(2010年9月4日)

.04 2010 未分類 comment(0) trackback(0)
気になるゲーム、ではあるけども、「目が離せないサイト」でもある感じ。

こなすの『戦ノ国』体験blog
[リンク]こなすの『戦ノ国』体験blog

腹を抱えて笑うレベル。これほど抱腹絶倒のコンテンツは、今年お目にかかってないかも。この先どれだけ笑わしてくれるのか、期待が膨らみまくりんぐ。

[リンク]B2FGames
もう連載10回を超えた『ぼくらの火星 / Mars is Ours!』の製作日記。リアルな、つぶさな、それでいてドラマチックな現場模様に、これから先がどうなるのか気になって気になって仕方ありません。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。その4。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。その5。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。その6。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。その7。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。番外編のエッセン話。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。その8。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。その9。
記事:「ぼくらの火星 / Mars is Ours!」の話。その10。

そういえば、『ロボコマ』のコマ。ペンディングにしたままだった。
「ぼくらの火星」のタイルじゃないけど、やはり自分でやるしかないかぁ。

で、こっちは以前アキバBlogの紹介記事で見てからずっと気になっていたアジア系ゲーム。

対戦型カードゲーム『少女兵器大戦 -Girl Arms War-』公式サイト

[リンク]少女兵器大戦 Girl Arms War
略してGAW。萌え系ですが、絵に清楚さがあるのでギリギリ守備範囲。

最後はそして、

[リンク]自作アナログゲーム製作奮闘記
またすごいものを作っておられます。ダンジョンアタックものとは、なぜにかくも胸躍るのであろうか・・・
オレも負けねz・・・ガクッ


 HOME