スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

A Touch of Evil のゲームサプリメント『Allies』を眺めてみる

.31 2009 A Touch of Evil comment(0) trackback(0)
いつも『A Touch of Evil』を貸してくれる友人から借りた。

A Touch of Evil サプリメント Allies 画像

Game Supplement『Allies』

『A Touch of Evil』の追加カードセットらしく、名前の通りに同行者(Allies)が追加されるもよう。といっても、全部が同行者というわけではなくて、同行者がいると意味のあるイベントやアイテムカード(同行者を町で雇える)なども結構含んでいます。

使い魔の〈Night Terror〉とかは同行者を連れ去ったりするし、〈Domination〉なんかは魔獣の手下になる始末。コレは従者プレイ大好きな人には、スリリングでたまらないカードですね。とりわけ、興味があるのは、この三枚。

A Touch of Evil サプリメント Allies 画像

〈The Scarlet Shadow〉
Hero Packでプレイヤーとして使えるスカーレット・シャドウが、同行者として使える。もしプレイヤーとして誰かが使っていたら、先の日記に書いたルーシーと同じく呼び出されるんでしょう。ルーシープレイヤーとスカーレットプレイヤーで呼び出し合いとか、想像するだけで何か熱い。

〈Carla, Blacksmith's Wife〉
えっと、直訳すると『鍛冶屋の妻、カーラ』ですか? 買い物の際にちょっと口をきいてくれるという、戦闘以外でも活躍できるキャラ。つうか、他人の妻を連れ歩いていいんでせうか?

そして〈Entourage〉!
各主要地ごとに1人しか連れられない同行者を2人まで連れることが出来るカード! コレを使えば、連れてゆける同行者はほぼ2倍! 『Something Wicked』と合わせて、どれだけ仲間を増やせるか、魔獣退治そっちのけでやってみたい!!
スポンサーサイト

同僚と『ドミニオン』

.30 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
「これをやればきっといいインスピレーションが閃くよ」とか、無茶なことを言って無理矢理会社の同僚に『ドミニオン』をやらせる自分。ガイタメのCMを笑えない感じ。

だって、もうずっとゲーム会やれてないし。

仕事が忙しいと、アウトプットばかりになるので、時々インプットもないとガス欠になっちゃう・・・とか、ただの禁断症状かも。

そんなで、終業後、会社の倉庫でひっそりとプレイ。

あ、写真撮るのまた忘れた・・・。

ゲームサークルとかのサイトやブログ、必ずといっていいほど写真を載せてるけど、まめだなぁ・・・と思う。写真取り忘れたから、日記書くのもいいや・・・・ってことが結構ある。

それはさておき、久しぶりの『ドミニオン』でしたが、面白さを再認識。相手はもちろん、初体験だったわけですが、インストも楽だし、それでいてしっかり面白さを感じてもらえたし、やっぱいいゲームですね。
〈民兵〉連射に耐えながら、〈改築〉〈鉱山〉のライブラリ圧縮戦術で勝利、とか。

しかし、『海辺』欲しい。〈堀〉を脇によけておく効果で、強力なアタックカードをずばっとカウンターとかしてみたい。

『ドミニオン(Dominion)日本語版』拡張セット『海辺』が出るみたい

.20 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
忙しい時はゲームウォッチに限ります。
昔の液晶ゲームではありません。

なにげにホビージャパンのサイトを覗いたら、書いてありました。


[リンク]ホビージャパン
記事:ドミニオン(Dominion)日本語版/ドミニオン:海辺

ドミニオン:海辺(Dominion Seaside)画像


ドミニオン拡張セット第2弾日本語版発売!
発売以来、日本中、そして世界中のボードゲーム・カードゲームファンを虜にしている、2009年のドイツ年間ゲーム大賞受賞の話題作『ドミニオン』の最新拡張セット第2弾が、早くも日本語版で発売となります。

●新能力の王国カード26種類が新登場。『ドミニオン』基本セット、『ドミニオン:陰謀』の王国カードとの組み合わせで、さらに戦術が広がる。
●このセットでは、自分の「次のターン」をクローズアップ。このターンと次のターンに効果があるカード、次のターンの準備をするカードなどの通常のターンの枠を超える新能力が追加。
●カードは全300枚。さらに新能力で使用するプレイヤーマット、コイン、トークン類が追加。基本セットと同様、豪華なカード収納トレイ入り。

(HOBBY JAPAN サイトより)


出るのか、第二弾。
海外のポータルではRioGrandeの英語版画像が公開されていたので、そのうち入ってくるかもと思ってましたが、思ったより早かった。今回も世界同時発売なんだろうか?
第二弾の『陰謀』はあまり食指が動かなかった自分ですが、今回のセットは興味津々。
でもカード枚数はちょっと少ない(基本セット、陰謀は500枚)。価格は一緒。プレイマットが入っているって書いてあるけど、どんなものだろう?

『SAMURAI THE CARDGAME』なんてものあるらしく

.16 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
色々試行錯誤の今年ですが、残すところもふた月あまり。結果を出すにはそろそろ方針を決めないといけない時期です。

というわけで、主軸を二本に絞ります。
一つが、前から動かない動かないと言っている戦国国盗りマルチカードゲーム。仮称は『戦国覇王』です。これまではメインタスクで開発進めていたのですが(とはいってものろのろですが)、色々改良しなければならないところがみえてきたのでじっくり腰を据えて来年完成を目標に進めていこうと思っています。というわけで、プロトタイプを持ってリサーチ開始です。
もう一つが、対戦型ロボットバトルゲーム『ロボコマ』(正式名称)。これは二年ほど前から開発してきたものですが、大きな問題点にぶつかって、ちょうどこのブログを書き始めた頃からは水面下の調整が続いていました(って、同人で水面下も何もありませんが)。ようやくその問題が解決したので、早ければ年内を目標に形にしたいと思っています。

さてさて、どうなることやら・・・・

ところで、日本もののカードゲームというと、まもなく面白いものが入ってくるようです。
ゲーム名が『SAMURAI THE CARDGAME』。海外のゲームですが、イラストが実に秀逸な感じ。言語依存がないと聞いていたので、ぜひやってみたいと思っていた一作です。こちらに入荷するようですが、どうもホビージャパンからも出る模様。英文ルールも手元に欲しい、という人は“言語依存がないゲームなので”こちらで買うとよいかもしれませんね。

samurai the card game

[リンク]B2FGames
記事:サムライカードをきっかけに

戦国時代の将棋的バトルカードゲーム

.12 2009 未分類 comment(1) trackback(0)
先日、関ヶ原ものがやりたくなって関ヶ原戦役やった~てなレポを書きましたが、こちらに別の関ヶ原が。

[リンク]自作アナログゲーム製作奮闘記
記事:『関ヶ原 対戦』関ヶ原の戦いのカードゲーム

こちら以前、プレイさせてもらいましたが、手軽でなかなかに面白いです。コンポーネントもしっかりしています。画像はぜひリンク先をご覧いただきたいのですが、カードがそのままコマになる、出現場所(陣形)、裏切りのシステムがとてもユニーク。カードを増やしてシナリオ式にすれば、同じシステムで、他の戦場も再現可能でしょう。汎用歴史ウォーゲームとして、かなりポテンシャルが高いです。

以前プレイさせていただいたときから、改良が加えられているという話を聞いたので、また遊んでみたいですね。

A Touch of Evil : Expansion 『Something Wicked』と『Hero Pack : One』

.11 2009 A Touch of Evil comment(0) trackback(0)
最近ちょっと更新が滞ってました。
「仕事が忙しい?」
はい。全くその通りですが、もう一つ理由がありました。
「ゲーム作りが忙しかった」
これです。このしばらく、モチベーションが異常に高くて、ゲーム作りに没頭してました。一つは、戦国時代国盗りカードゲーム『戦国覇王』と、もう一つは対戦型ロボットバトルカードゲーム『ロボコマ』です。これらは現在、前者がルールブックの詰め、後者がβ版制作中というところで両方佳境です。

そんな状況なんですが、ちょっと一息ついて日記を更新・・・というのも、(前置きが長くなりました)『A Touch of Evil(タッチ・オブ・イービル)』のエキスパンション『Something Wicked(サムシング・ウィキッド)』と『Hero Pack(ヒーローパック)』が手に入ったからなんですね。

結局、レポを書く書くと言っている間にエキスパンションが出てしまった『A Touch of Evil』(以下、AToE)ですが、まあこの際にまとめておきましょう。

A Touch of Evil 基本セット コンポーネント画像
A Touch of Evil:基本セット

(フィギュアを出して並べれば良かった...orz)

AToEは、19世紀の片田舎を舞台としたゴシックホラーテイストのマルチプレイボードゲーム。プレイヤーは、軍人や貴婦人、怪盗、警官、女教師などから自分のキャラクターを選び、町やその周辺に点在する主要地を探索して情報や武器を獲得し、いち早く町を恐怖に陥れている魔獣を倒すのを競います。それぞれの主要地・・・・舞台となるシャドウブロークの町の権力者ハンブローク卿が住む領主の館、魔物が住み着く古森、風車小屋などには専用のカードデッキが用意されていて、捜索するごとにそのカードを引くことが出来ます。カードの内容は、アイテムの発見であったり情報ポイントの獲得であったり、そして魔獣の使い魔との遭遇などであったりします。地道な捜索はリスクも少ないのですが、ライバルプレイヤーの存在、そして時間が経つほどに町の犠牲者は増え、魔獣は力を増していくで、時に危険を冒す必要もあります。いち早く情報を集めて、魔獣の巣窟を見つけ、最終決戦に挑むために。
ゲーム中に生じるイベントがなかなかに面白く、映画的、もしくはRPGをプレイしているように感じさせるます。舞台となる町には、重要人物として6名のキャラクターが登場するのですが、これがゲームの進行に応じてプレイヤーの仲間になったり、殺されたり、また裏切って魔物の手下になったり、また魔物そのものだったりするのです。重要人物は、領主であるハンブロークや、その夫人、町の判事とかですが、プレイヤーはその素性をあらかじめ調査することも可能。それを怠ると、魔獣との決戦でとんでもないことが起こったりしてしまうので、プレイヤーは重要人物を疑ってかかるわけですが、そんな中でイベント「お引き取り願います(Wicked Manipulation)」が起こってハンブローク夫人に町を追い出されたり、「隠しても為にならんぞ(There’s No Such Thing!)」で判事に武器を取り上げられたりすると、「てめーなんぞ護ってやらんからな」みたいなことになって、ゲームの勝敗より展開的感情プレイに走っていったりしてしまいます。逆に、重要人物ではないものの、プレイヤーと一緒に行動して戦ってくれる同行者(Allies)もいたりして、ハンブローク卿の娘ルーシー・ハンブロークや、メイドのセレナをゲットするのに夢中になったりも。各キャラクターに名誉値が設定されていて、同じエリアにいて戦闘になると強さと関係なく、名誉値の高い者から順に戦わないといけないため、他のプレイヤーにくっついて行動して戦闘を押しつけるとか、ついロールプレイしたくなるような要素が盛りだくさん・・・・それがAToEなのです。(カードのイメージ画が全部俳優を使った実写で、ゲームの雰囲気をとても盛り上げてくれます)

AToEは基本的なストーリーは無く、発生するイベントなどがそれらしい展開を作り出していくシステムになっています。一度プレイすると謎が分かってしまって・・・といったことはありません。なので、プレイヤーキャラクターを変え、魔獣を変え、すると何度も遊べます。同じ組み合わせでも、展開は必ずといっていいほど違いますし(最終決戦の場所が違うだけでもかなり)。選択ルールで、魔獣を強くする代わりにプレイヤーが全員協力して戦う(最近流行のCoopとかいうジャンルですね)ことも可能です。
しかしながら、魔獣を全部倒してしまうと新しい敵が欲しいというのは心情。
そこで、満を持して登場したのがエキスパンション『Something Wicked』(以下、SW)なわけです。

A Touch of Evil Expansion Something Wicked 商品画像
A Touch of Evil:Expansion 『Something Wicked』

和訳はa-gameのもの

SWでは、エコー湖というマップが追加され、AToEのマップとつなげてプレイするようになっています。湖の周辺には、曰く付きの宿屋と修道院、そして沼が存在し、それらの特性にあった新しい魔獣が増えています。魔獣Bog Fiendなら、土地がどんどん沼地になって町の状況がどんどん変わっていくとか、秘密結社が登場して町の重要人物を扇動し問題を生じさせるとか、かなり手強い魔獣やイベントが増えているようです。一方で面白いイベントも増えています。宿屋の216号室に住む謎の住人セバスチャンは、こと(イベント)あるごとに登場してはプレイヤーの足を引っ張ったり希に役立ったりする変人だし、領主の館ではハンブローク夫人が出す謎の手料理(?)で腹をこわすか家を出て行くかを迫られたりと、結構笑えます。また、前作に比べて“出し抜き”要素が強化されていて、出遅れたように見せかけておいて一気に展開を進めるキーアイテムなどは、非常に興味そそられる追加要素となっています。これらも含め、基本セットを含めて全主要地のイベントが追加され、しかもかなり特長が強化されているので、前作の魔獣で遊ぶ、というときにも是非とも加えたいエキスパンションです。ヒーローも新たに4人、増えていますし。前作より強力な感じがするのは、魔獣も強いから? エコー湖マップには海岸へのつながりを示す矢印もあるのにも注目。

これと一緒に日本国内に入ってきたのが、『Hero Pack 1』(以下、HP1)です。

A Touch of Evil Expansion Hero Pack One 商品画像
A Touch of Evil :『Hero Pack: One』


これがいきなり「One」とか書いてあるところを見ると、たぶん次もあるんでしょう。
どうやら海外では、AToE発売後、オリジナルキャラクターを作るのがはやったようで、プレイヤーキャラクターを増やして欲しいという要望が強かったのでしょう。ヒーローカードだけでなく、ちゃんとミニチュアも増やしているのがなかなかにすばらしいセットです。増えているのは4人。注目はなんと言っても、基本セットで“同行者(Allies)”の扱いだったルーシー・ハンブロークがプレイヤーキャラクターになっていることでしょう。ルーシーファンは正直、それだけで“買い”です。デザインセンスを感じさせるのが、このルーシーを使うときに「前作のなかから同行者ルーシーのカードを抜く」のではなく「他のプレイヤーが領主の館で同行者ルーシーのカードを引いたら、ルーシーは領主の館に移動し、プレイヤーと接触する」というルール。基本ルールを修正せずに、新しい要素を成立させるセンスがいいと思いませんか。追加のイベントカードも入ってます。

というわけでとりあえず、ざっと見ただけですが、両方ともになかなか面白そうなセットです。
早く混ぜてプレイしたい!


[販売先]
A Touch of Evil:http://a-gameshop.com/hpgen/HPB/entries/4.html
Somethin Wicked : http://a-gameshop.com/SHOP/AToE_ex1.html
Hero Pack - One : http://a-gameshop.com/SHOP/AToE_ex2.html

剣さんのブログ『自作アナログゲーム制作奮闘記』発見

.01 2009 未分類 comment(2) trackback(0)
独創的なゲームデザインでいつも刺激を与えてくれる剣はじめさん。いつのまにか自分のブログを立ち上げていらっしゃいました。一ヶ月も気づかなかったとは不覚の極み・・・

そんなでせっせとリンクを設置。

自作アナログゲーム制作奮闘記 Blog画像

[リンク]自作アナログゲーム制作奮闘記
剣 はじめのオリジナルアナログゲーム製作所『DREAM BOARD GAMES』のブログ


現在のところ、作品が三つ公開されています。いつも驚かされるのが、豪華なコンポーネント。ブログの写真からでも、その雰囲気は掴めるでしょう。手製の木ゴマは、是非見てもらいたいところ。

現在公開中の3作品ですが、そのうち『モンスター・ブリーダー・コロシアム』はプレイさせてもらったことがあります。コンストラクト&育成ゲー好きの9Joeにとってはとても興味の尽きない作品でしたが、その後もバージョンアップを重ねてられたようなのでまた改めてプレイしたいゲームです。

板遊伝記 三国志』は、これまた一風変わった三国志ゲーム。三国志もののバトルゲーム、といったら中国の国境線にヘクスか、エリア分けか、ポイントtoポイントかしか思い浮かばない自分の引き出しの貧困さに一撃をくれるコンセプトで、是非とも純然なゲーマー脳でプレイしてみたい作品です。

そして『Deadheat』ですが、これこそ、剣作品中、自分がもっとも注目しているゲームです。コンストラクション要素+ロボ、という時点で、9Joeのハートをわしづかみ状態なのですが、しかもレースというこの切り口。とろけそうになるビジュアル。ゲームの展開を握る熱量とは? プレイできる日が待ち遠しくて仕方ありません。

・・・というわけで、ざっと紹介させていただきましたが、こうやって自作を並べられるって、かっこいいですよねぇ。
自分もやってみたいなぁ・・・・作品が増えたらですが・・・・
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。