戦国時代とか大河とか関ヶ原戦役とか

.30 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
昨日は友人とゲーム談義から始まり、「友人制作ゲームへのアイデア具申→戦国時代考察→天地人の関ヶ原→歴史資料の信憑性→歴史は主観的に見るほうが面白い」などという会話をしてました。
とりわけ天地人の話が盛り上がり、「なぜ前田慶次は出ないのか」「あれだけ家康に噛みついておいて大阪夏の陣まで描くのか」とかで轟々。
そうこうしているうちにどうにも関ヶ原ものがやりたくなったので一つプレイすることに。とは言っても、天地人の話の後なので、関ヶ原近辺だけ切り取った関ヶ原ものは対象外(自分の関ヶ原無双もそうですが)。かといって上杉まで含む、普通に手に入る、しかも手軽に1~2時間で遊べるものとなると限られてくるわけで。
戦略級関ヶ原か、関ヶ原大作戦か、かなり迷った末に「あまり遊ばれていないようだし」という理由から『関ヶ原戦役』に決定。

『関ヶ原戦役』は、先に書いたように西は畿内大阪城から東は上杉、伊達領までを含めた、いわゆる戦略級というスケールにあたる関ヶ原もの。歴史的には、慶長五年の役、といわれるもので、このゲームでは徳川家康率いる東軍が、三成挙兵を聞いて反転西上するところからがゲームになっています。コマ数100個弱と手頃なのもグッド。

最初はルールの確認を含めてプリプレイ。ゲームシステムは、カードドリブンというもので、交互に手札を切って移動か戦闘かイベントを起こすことでゲームが進んでいきます。とにかくルール自体がとてもシンプルで、ウォーゲーム日本史の創刊号、2号と比べると、驚くほど軽いです。とはいえ、空白地に撤退できないとか、戦闘後前進できるのは一部のユニットのみとか、シミュレーションゲームの一般的なルールと異なるところがいくつかあり、これを見逃すとゲーム展開が大きく変わるので要注意です・・・というか、自分も勘違いしてプレイしていて、あまりの展開の?さにルールを確認して気づいたのでした。

そんなこんなで仕切り直して。

ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

写真はセットアップ。自分は西軍です。
最初は史実通り、田辺城、伊勢方面にも兵をさき、畿内制覇→秀頼出陣を狙ったところ、兵力分散→各個撃破の展開だったので今回は中央突破一本に絞る作戦です。

ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

山盛りの大阪城エリア。とにかくこいつらを関ヶ原まで連れて行かないことには始まりません。にしても大阪城エリア狭すぎ。(毛利勢が裏面の「戦意喪失」面になっていないのはご愛敬。秀頼が出るまで本気出さないという史実っぽい及び腰です)

ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

序盤の展開は予想以上に順調で、第一ターンから伏見城、大津城と東軍の拠点を突破し、西軍は果敢に進撃します。
しかし東軍もさるもの。イベントカード「大返し」で福島政則、黒田長政らが大移動し関ヶ原に進出、佐和山城を急襲。島左近は、石田三成と合流する前にあわれ戦死。

ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

佐和山城をめぐって本格的に激突! ここはカードの消耗を顧みずに勝負です。まだまだやる気の島津勢に、朱槍の侍大将(戦闘力がアップする)をセットして「総攻撃」!

ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

東軍に大損害! 関ヶ原まで追い返すのに成功!
しかしその間に桑名城の氏家勢が、東軍の調略に屈して寝返り、東軍別働隊の伊勢方面への進撃を許してしまいます。兵力をかき集めて上野で対峙するも、互いに戦力が分散し、膠着状態へ。東軍は東から戦力をかき集め出します。
 
ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

小山城が手薄になり、上杉に好機到来! 兼続の「今こそ、家康を追撃する時!」の声が聞こえてきそうです。ついでに景勝の「それを御館様が本当に望むと思うか」の突っ込みも。
それに屈したわけではありませんが、上杉は矛先を最上に転じます。というか、最上勢を調略。史実で頑強な抵抗を見せた最上も、こうなると心強い味方です。
怒り狂った東軍プレイヤーは、伊達政宗に最上の仕置きを命じますが、みごとに空振り。

ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

ゲームは全5ターン中の第4ターン。ついに両軍総大将が関ヶ原周辺で相まみえます。天下分け目の決戦は、互いに突撃や総攻撃のカードを繰り出す激しい戦いに!

ウォーゲーム日本史 第3号 関ヶ原戦役 プレイ画像

東軍は一部武将を寝返らせるも、こちらの攻撃に屈して、ついに関ヶ原から清洲へ後退。伊勢方面に進出した別働隊も孤立し、戦力集中もままならない状態になりました。
最終ターン、手札を確認した東軍はついに投了。西軍勝利となりました。
損害は、西軍2ユニット(武将は島左近のみ)に対し、東軍は山盛り。

そんなわけで戦果的には西軍圧勝だったわけですが、島津や鍋島など九州勢が最後まで戦意喪失せずがんばってくれたのと、東軍が序盤に無理な突出をし、また後半戦力を分散してくれたおかげともいえ、早々に島津らが戦線離脱していたらどうなっていたかと思うと、薄氷の勝利の感が否めません。三成の胸中いかばかりか、ですね。

カードのイベントの使い道がよく分かっていないところもあり、結構研究しがいがありそうです。一時間半ぐらいで決着もつくので、遊ぶ機会は多くなりそう。今度は東軍で上杉を征伐してみよう・・・

連休の予定

.19 2009 未分類 comment(4) trackback(0)
明日からの連休で、ようやく少しゲーム開発の時間が取れそう。問題はテストプレイヤーの確保。テストプレイヤー次第で、何を開発するかが決まるという本末転倒状態。
家族にゲーマーがいればこんな苦労は・・・

『Wings of War』がコンピュータゲームに?

.12 2009 未分類 comment(1) trackback(0)
まさに衝撃の事実。

ソースは『Wings of War』国内最強サイトであるボードゲームオフ会さん。写真もあります。

PlayStation Storeって? PS3?

どうも世の中は自分にPS3を買わせたいらしい・・・・

GJ「入札級関ヶ原」と「関ヶ原大作戦」を見てみる

.11 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームジャーナル(GJ)32号を入手しました。
早速気になっていた『入札級関ヶ原』と『関ヶ原大作戦』を見てみる。

『入札級関ヶ原』。ルールブックがコンパクトになった印象。あまりゲームは変わっていないのかな? 『抄本関ヶ原』が手元にないので確認できないけど、ソロプレイルールが増えた? どうもソロプレイルールの方が計略破綻しなくて面白そうな気がしました。

『関ヶ原大作戦』は、マップがいい感じです。街道とか城の位置とか、地形に関して色々あるきがしますが、それよりデザイン的なセンスがこれまでのGJの作品と違って、明らかにいいですね。色使いとか。デザイナー変わったのかな? 今回、地形の境界線を破線と実線で使い分けてますが、自分の作った『関ヶ原無双』のマップとデザインの方向性酷似なのが、「間違ってなかった」てな感じで何か嬉しかったり。

プレイ時間がどちらも分からないのですが、『関ヶ原大作戦』はやってみようかと思ったり。ソロで。

あと、そろそろもう一つの関ヶ原も情報が出始めました。ウォーゲーム日本史『関ヶ原戦役』も、コンポーネントがかなりいい感じで仕上がってきましたね。

AIONやれたら天族でシャドウウイングやるんだ

.09 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
もうPS3でFFやるからいいや的な感じもありつつ、やっぱり気になる完成型MMORPG「The Tower of AION」。
んでもって、あちこち見てたら面白い動画を発見。








満足です、閣下。

A Touch of Evil のエキスパンション『SOMETHING WICKED』と『HERO PACK』と動画と・・・

.08 2009 A Touch of Evil comment(0) trackback(0)
この住人がショップとか新製品ウォチャーやってるときは、時間が無くて何も進んでない時です。

そんなわけで、何か書く書くと言ってるうちに大型エキスパンションとヒーローパックなる者まで出てしまいました>タッチ・オブ・イービル

そのタッチ・オブ・イービルですが、最近にわかに動画づいている某店で動画がアップの模様。
A Touch of Evil 紹介動画
a-game「A Touch of Evil 紹介動画」

何か、映画の予告編みたい。というか、そういう雰囲気のあるゲームなんですよ。作った人、よう分かっていらっしゃる。

さて、新しいエキスパンションの『SOMETHING WICKED』ですが、ニューマップと新キャラ、新モンスターと、期待通りの内容っぽいです。
ヒーローパックは、某店ではいつも通りの、『HERO PACK+SPECIAL EDITION SOUNDTRACK』というサウンドトラックとのセット販売。でも価格はこれまでよりかなり手頃な感じです。先に出た『Madness』とくらべると、ヒーローフィギュアもついているので、期待度は高いですね。

ということでもう少し、情報を集めてみたいと思います。

PS3用ソフト『ガンダム戦記』がよさげ

.02 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
今日発売らしいPS3のゲーム。

プレイステーション3用ソフト『ガンダム戦記』プロモーション動画




おお、動きがすごくよくなってる! 煙とか光の表現も!

「ガンダムのくせに!」


いや、ほんとガンダムの3Dシューティングはどうにも動きが満足いかないものばかりだったのですが、そろそろ遊べる気がしてきました。これ見ている限り。
いや、もしかすると動かすと・・・エース機種に乗らないと・・・というのがあるかもしれませんが。
PLAYSTATION3、ますます欲しくなってきた・・・・

しかし・・・・・

「フロム、なにやってんの!」

企画の上で大切なこと

.01 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲーム作りが趣味のものとしては、面白い記事を発見。

[リンク]エレメンツ 失敗のゲーム企画塾
記事:1P企画書と気持ちの動き

この塾を主催されている方はコンピュータゲームを開発されているのですが、この手法はアナログゲームを含めて広く通用しますね。
自分もアイデアに行き詰まったり迷ったりしたときは、これをちょっと思い出してみたいと思います。
 HOME