気になるゲーム 追補版

.29 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
気になるゲームのパソコンゲーム版

空母決戦
コマンドマガジン87号に紹介のPCゲーム。太平洋戦争における空母機動部隊の戦いがテーマ。一言で言うと「手軽に遊べるセミリアルタイムストラテジー」。今発売されているのは「Ver1.5~二大海戦追加版~ 」。忙しい中でもちょくちょく遊べる、索敵ゲームこそPCに向き、ということで注目。
メーカーは大星株式会社。ブランド名はSi-phon(サイフォン)。

凱歌の号砲
上の『空母決戦』を開発しているエレメンツという会社が作ったという作品。エレメンツの中の人はもともと『大戦略』を担当していたそうで。発売元はコーエー。現代物の架空戦、というだけでプレイ意欲が萎えるひともいると思いますが、舞台が日本で、そのマップが航空写真みたいにリアル、となれば意欲も増そうってものです。
もうかなり前に出た作品らしいので、今店頭で手にはいるのかしら。マカーな自分は、PS2版を探すことになりそう。

気になるゲーム(2009年6月29日)

.29 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
気になるゲーム、本日の3つ。

ドミニオン日本語版第二弾『陰謀 / Intrigue(日本語版)』
詳細な説明はこちら(すごろくや)ホビージャパン公式より断然アナウンス早い。ドミニオンパンツも第二弾が用意される模様。
しかし、新しい王国カードだけのセットって出ないのかなぁ。出れば絶対に買うのですが。

sekigahara20
ビクトリー・ポイント・ゲームズ(VPG)の『Napoleonic 20』シリーズと同じく20個で戦場を再現するコンセプトで作られている同人SLGらしい。「Sengoku 20」シリーズになるらしく、その第一弾が『Sekigahara 20』なのだそうな。夜間移動があるということは、大垣城から関ヶ原への転進が含まれているということかな。やっぱりカードドリブン? 同人関ヶ原ものをつくっているものとしては注目!?

・知り合いから送られてくる予定の戦国もの(笑)

鍋会(09年6月20日)

.24 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
先週末は久しぶりの鍋会(ゲーム会?)でした。
今回やったのは、知人が開発中のウォーゲームとドミニオン(日本語版)。

ウォーゲームは自分はプレイしたことがあるので、未経験の参加者二人にブラインドテスト(全くインストなしでプレイしてもらうこと)の形であそんでもらい、自分は記録係です。ウォーゲームのほぼ未経験者の二人だったので、熟練者のテストでは出てこないようなルールの質問などもあり、大変参考になるデータが取れました。テストはスカイプを使って、開発者に映像と音声を中継しながらやったのですが、ルールの不明点がその場で開発者に聞けたのもなかなかよかった。
ルールの読み込み約30分、プレイは約3時間だったので、ボリューム的には問題ないことも判明(熟練者のプレイなら1時間半以内)。ただ唯一の失敗はサイコロを忘れたこと。開発者から乱数表をもらって自分がそれを読み上げながらテストすることに。一般人宅にはサイコロって無いんですよね・・・・

アルコールが入った後はドミニオン。
ドミニオン日本語版(Dominion)プレイ風景
ドミニオンはなんと今時全員未経験。ルールの確認から始めて、2時間ちょっとで終電をぎりぎりまで粘って4戦しました。おもしろさの説明は今更不要でしょう。しかし、持ち主である自分は全敗。コンボの楽しさが分かって狙えばねらうほどに勝てないのはなぜなんだ!(嬉しい悲鳴) ウォーゲームでは完敗したプレイヤーが、なんとドミでは全勝し、チャンピオンのあだ名が付いたとか付かなかったとか。本当にルールが簡単だし、アレンジ幅も広いのでたぶん今後の鍋会の定番になると思われます。

今後の鍋会の定番候補
モンスターメーカー(初代)
天下三分の計・にょた
Race for the Galaxy
ドミニオン(日本語版)

RPGのベスト10

.18 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
某ゲーム系掲示板で頻繁に立つ「~のベスト10決めようぜ」系スレ。これを見るのが、結構楽しい。で、見ているうちに自分もやりたくなってくる。

今回は「RPGのベスト10」。自分もやってみるね。

DQ3そして伝説へ
DQ5天空の花嫁
FF1
FF4
FF10
FF11
SAGA
キングスフィールド2
Wiz3リルガミン
ブラックオニクス

…かなり思い出バイアスかかってますね。メーカー偏ってるし。
まああれだ。
ゲームの評価って、発売当時のハード、ソフトの技術、そしてプレイヤーのプレイスキルといった時代環境と切り離せないんですよねぇ。
「あの当時でアレは凄かった」みたいな。

しかし、何か抜けている気がする…

クロノトリガー?
マザー?
ダブルダンジョン?
ワルキューレの冒険…は違うか。

しかし、あらためて最近「いかにも」なRPGはやってないことが分かりました。考えてみれば、バイオとかもRPGみたいなもんですし。いや…むしろ本来の意味でのRPGに近い?!

気になるゲーム2009年6月12日「デースマーチ」

.12 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
仕事のハードなうちの会社ですが、いいところもたくさんあります。その一つが勤続休暇で休みがもらえること。久々にゆっくりとした日を過ごしています。
会社のMacも過酷な使用がたたってか、それとも単なる初期不良かわかりませんが、この有給の間に修理に出ています。いいタイミングだ。自宅のMacBookは・・・こちらもなぜか調子が悪くなってますが・・・おまえも休みたいの?

そんなわけで、今日は自宅でまったりとMacBookのメンテナンスです。

メールボックスが開けたり開けなかったりデータが化けたりするので、まもなく完全にデータが破損すると予想。重要なメールをせっせとテキストファイルにして保管中。
そんな中、おもしろそうなメモが出てきた。

IT業界のあれこれのゲーム。

[リンク]デスマーチ
ブログはこちら

凄惨なIT業界の現場を、あるときは自力で、あるときは責任回避で乗り切り、徹夜で体力をすり減らしながら何とか生き残ることを競うマルチゲームらしい。

自分も似たようなのを夢想したりしましたが、やっぱりあるところにはあるんですねぇ。文字がデスノートのタイトル字みたいなのがセンスいい。
ちょっと遊んでみたいところですが、だれか夏コミに行って買ってきてくれませんか~

シミュレーションゲームの制作スケジュール

.07 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
やはり、どう考えても今年は三作無理っぽい。
自分が作るゲームは小品ばかりですが、いまから3つはないわ~という感じ。やはりカードゲームの没が痛々・・・

実際の制作にかかる時間以外に、リサーチとバランス調整に、自分は結構時間使います。
他はどんなもんだろう、と思っていたらココにいいデータがありました。

[リンク]ソークオフだよ人生は
記事:ドイツ(以外)戦車軍団

以下、一部引用すると
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ハーフマップのゲームを今からつくり始めた場合、大雑把に言って
アルファ版完成:~7月
アルファ版テストプレイ:8~11月*
ベータ版完成:~12月
ベータ版テストプレイ:1~2月
* 全面的な改訂もあり。
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
ここまで。

テストが終わってから、本番用のマップやらコマやらを作り始めるとしたら完成は4月とか5月とか? 全面改定入れたらもっと伸びるのかも。と考えると、プロでも1作1年かかるわけです。ここらあたりが1年に3個完成させるとか・・・ちょっと風呂敷広げすぎてた....orz

振り返ると確かに去年作ってたNCSもまだ未完成だし、なんとか形になったのは関ヶ原無双ぐらい? 趣味だからこそ、中途半端はいかんですよね。

というわけで、ちょっと志を改めて、
ちゃんと完成した
と言えるゲームを
年1個以上
作れるようにがんばりたいと思います。




・・・・つうか

なんて思いっきり良すぎる下方修正。
景気に合わせすぎだろ。

戦国時代のシミュレーションゲーム構想中

.06 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
年始の目標、年内に3作。これを達成しようとしたら、そろそろ何かできていないと厳しい時期になってきました。とはいえ、戦国カードゲームはほぼ白紙の状態になってしまったし、ほかはというと・・・・戦国時代もののシミュレーションゲームをいくつか考えていたのですが、どれもまだ形になってません。

一つは、上杉の最上攻め。北の関ヶ原の戦いと言われているやつです。これをいわゆる作戦級のレベルで作れないかと考えていたのですが、勝利条件他の部分で長谷堂城の部分が引っかかってしまって・・・(まあ直江兼続も長谷堂城で引っかかっていたわけですが)。最上攻めの戦いそのものに関する資料もなかなか手に入らず。最近山盛り並んでいる天地人や兼続関係の本も端から読むものの、思うものに出くわしません。現地調査しかないかと思っているところです。

もう一つは、長篠の戦い。今では長篠の戦いは長篠・設楽が原の戦い、というそうですが、これを合戦級レベルで考えてました。やはりこれも勝利条件の設定が難しい、というか長篠の戦いにはいろいろ謎が多くて(なぜ武田勝頼は撤退を選ばず無謀な突撃をしたのか、とか)それが解決しないのでゲームが作れない。

もう一つは川中島。有名どころの第四次です。第四次川中島は昔SSシリーズで「信玄vs謙信」の名前で出ていますが、それよりマップの切り取りを大きくして考え中。一番実現可能性がありそうなのがこれですが、第四次川中島も正直謎だらけの戦いなんですよね。きつつきの戦法は本当にあったのかとか車がかりの陣は可能かとか、そもそも山本勘助は実在の人物かとか・・・。

とにかく山本勘助は出すつもりです。イラスト入れるとしたら謙信はもちろんロン毛で(笑)。
 HOME