ゲームマーケット2009がもうすぐです

.28 2009 未分類 comment(3) trackback(0)
知人から、自作ゲームのマイチェン報告をもらいました。
自作ってやつは〆切がないのでなかなかどうして製作が滞りがちですから、こういうのが自分にはっぱかける意味でとてもありがたいですね。

自作ゲームといえば、もうまもなくゲームマーケットが開かれます。

[リンク]ゲームマーケット2009 - GameMarket2009 -

上のサイトで情報出てますが、自分の場合、やはりここで気になるのは本よりゲーム。いろいろ発売されるようです。



[リンク]ワンドロー

よくばりキングダム
カードゲーム/2人用(対戦ゲーム)/カード40枚、チップ48枚、マニュアル/価格2000円
相手より早く応急を完成させた方が勝ちというバッティングゲーム
がむしゃらギャング団
カードゲーム/2~5人用(マルチゲーム)/カード6枚、マーカー15個、マニュアル/価格2000円
ギャング団同士の抗争を扱ったバッティングゲーム。


[リンク]みさき工房

バトルアスリート
ボードゲーム/2~6人用/マップとコマ類/価格不明
生涯が多数待ち受ける大運動会での優勝を目指すゲーム。
三国志対戦
テーブルゲーム/3~5人用/カード83枚、ついたて、チップ類ほか/価格不明
プレイヤーは君主となって武将たちを集めて最も強力な軍を作った人が勝利する。
アルケミのアトリエ
テーブルゲーム/2~4人用/カード一式、キャラシート、マーカー類ほか/価格不明
錬金術師となって数々の課題をクリアして名誉点を競う某PCゲームテイストのゲーム。

※三国志や戦国ものは武将萌えと切り離せないとの持論があるのですが、「三国志対戦」はイラストもしっかりしていて面白そう。


[リンク]操られ人形館

宝石泥棒の予告状
カードゲーム/多人数用(マルチ)/貴族カード40枚、ペナルティタブレット黄色15個・青15個/価格不明
貴族に予告状を送り盗みに入る泥棒たちという設定のトリックテイキングゲーム。
KURUKURUKITCHEN
テーブルゲーム/多人数用(マルチ)/ボード、コマ一式、カード類一式、チップ一式、ルール/価格不明
レストランの料理人という設定で手早く役を管制させて得点を得るラミーゲーム。
The Majority
カードゲーム/多人数用(マルチ)/カード72枚、タブレット40個、マーカー1個、説明書/価格不明
賄賂や暗殺が常套な黒議会の政党を率い、汚銭を稼ぎまくった人が勝ちというナイステーマのゲーム。
・MineOut
不明

※麻雀の仕組みを簡単にして手軽にそのおもしろさを堪能できるように、というコンセプトの「KURUKURUKITCHEN」に感心しました。また各ゲーム紹介に入っているデザイナーのつぶやきがとても興味深いです。


[リンク]もあみゲームズ

いろこいす ~ 平安恋愛絵巻 ~
テーブルゲーム?/3~4人用/カードとかタイルとかたくさん/3000円
平安時代を舞台にした恋の駆け引きのガチンコ戦略ゲーム。目指せ恋愛ゲーム界のプエルトリコ!(説明サイトよりママ抜粋)。
まんじゅうこわい
カードゲーム/3人用/カード58枚、チップ4個、カード立て/1500円
食わず嫌い王決定戦をまま戦国時代の毒まんじゅうにした感じの推理カードゲーム(超解釈)
SWEET×SWEEP aWAY ~ スイスイお掃除 ~
カードゲーム(入札ゲーム)/2~5人用/カード70枚、ガイスター?1、ルール/2500円
9人のメイドたちをうまく働かせて仕事をこなせていくことで得点するゲーム。

※メイド喫茶とのコラボレーション作品である「SWEET×SWEEP aWAY」はその制作愛もですが、各ゲームのデザイナーズノートにも、うなってしまいました。


[リンク]Aquaria

剣歌(つるぎのうた)
カードゲーム/マルチ?/不明/不明
架空世界の各国代表となり、リーダーとユニットを派遣してミッションをこなして代理戦争を勝ち抜くという設定のゲーム。
温羅之末(うらのすえ)
カードゲーム/マルチ?/不明/不明
山村を舞台に繰り広げられる「人狼」などに代表される犯人捜し&つるし上げ系の推理ゲーム。
・双札
カードゲーム/基本セット4~5人用/不明/500円
多人数対戦型生き残り形式のカードゲーム(説明サイトママ抜粋)
古都舞伎
カードゲーム/不明/カード50枚/500円
チーム対抗型の陣取りゲーム(説明サイトママ抜粋)

※「剣歌」や「温羅之末」のカードデザインにはセンスを感じます。


[リンク]笹塚ゲームクラブ(リンク先はゲームマーケット内)
・大きな燃える木の下で
カードゲーム/2~4人用/カード一式?/価格不明
動物がモチーフで、自分の正体を隠しつつカードで得点を稼いでいくゲーム。
・妖精のなみだ
ボードゲーム/2~5人用/カード一式とボードとコマ、宝石類?/価格不明
冒険者となって妖精の森の中から宝石を取ってくるゲーム。「スコットランドヤードを手軽にすることを目指したゲーム(説明サイトから抜粋)」
・アタック49
ボードゲーム/2~4人用/ブロックとコマ類?/価格不明
7×7のマスの上でサイコロを使って駒を動かしながらマスの色を変ていき、最も色の多い人が勝利という例の番組テイストなゲーム。

※コンポーネントは自作っぽいのですが、「妖精のなみだ」とかは格調高くてプレイ意欲がそそります。「大きな燃える木の下で」の動物イラストもぐっときた!


ほかにも興味あるのがたくさんです。
行けないのが残念! 来年こそは!


気になるゲーム(2009年5月20日)

.20 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
smallworld(スモールワールド)デイズオブワンダー社

デイズオブワンダー社(Days of Wonder)から発売された『スモールワールド』。
ファンタジー世界の多種族による文明の興亡がテーマのゲームで、結構注目していたのですが、やはりキターかも?

a-gameさんで日本上陸(今回もココが最初)したあと、ホビージャパンさんで日本語版発売の報があったのはGWに書きましたが・・・・いつも入荷の遅いアークライトボードゲーム通販さんが今回素早く入荷、新興のテンデイズゲームズさんでも日本語訳付きで発売を始めた模様。
アークライトは品切れですが・・・・もしかして注目株?

テンデイズゲームさんの日本語訳はどんな訳なのか・・・できばえが気になります。

リセット

.15 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
ようやく腰の痛みがひき、脚の麻痺が多少残る程度まで回復しました。けどまだ夕方以降はきつい。仕事帰りにバス停で待たされるのが辛い。せめてベンチがあれば・・・なんですが。

戦国カードゲームは、溜め込んでたアイデアを再チェックするも、活路が見えず。どうも、何か降ってこないとダメっぽい。

こんな時は、頭をリセットするために他のデザインを進めるしか!
というわけで、制作スケジュールを再計画中です。

カードゲーム制作再開

.13 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
失敗からようやく立ち直り、カードゲームをまた作り始めました。

とにかくスリムアップ! それも劇的に! ってことで考えているわけですが、削る・修正となるとそもそもA4用紙2枚程度のルールをさらに? どこを? ってことになって身動きとれない・・・・

なので、いったんコンセプト段階まで戻って根幹から再構築することにしました。システム的なアイデアはいったん白紙。

それって、できあがるゲームは全く別ゲームじゃ・・・・という突っ込みもありそうですが、戦国時代のカードゲームというのは変わらない、ってことで。

それより、他のプレイヤーを攻撃する行為を、後ろめたさなく行えるシステムがないかと悩み中。対戦型カードゲームなら、そんなシステムはそもそも不要なんですが(攻撃すべき相手は決まっているのだから)。

気になるゲーム

.11 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
最近気になるゲーム。

SF好きとしてはですね・・・このタイトルと表紙で食指が動かないはずもなく。ただ、値段がなかなかなので「試し」というのも腰が引けて、もっと詳しい情報があればと思っていたところに吉報です。

CA390674.jpg

『supernova』

[リンク]B2F Games
記事:自分が羨ましく思うようなボードゲーム会が開きたい(笑)。

某店の説明だと、技術開発や武力闘争をしながら太陽系脱出を目指すゲーム、ということなんですが、さすがにそれだけでは情報不足。しかし日本語訳も完成したそうなので、近々Greatな解説を書かれるに違いありません。
それ見て購入考えようー。


ところで、この記事のタイトルの「自分が羨ましく思うようなボードゲーム会が開きたい(笑)。」ですが、考えさせられますね。

最近、自分の自宅の近くに集会所が完成しまして。それで、何か地元に貢献できるようなことができないか・・・・せっかくゲーム資産があるわけだし、子供の情操教育的なゲーム会など開ければいいな・・・などと思ったりしていました。
しかし、ウオッチしていたゲーム会が最近活動を停止し、その周辺の人々の反応を見たりすると・・・・まあ、腰が引けるわけです。

その会、とはこちら

幅広くゲームのプレイレポが上がることにくわえ、こちらの会の主催者が作っているオリジナルゲームの制作話がなかなか興味深く、一読者的には更新を楽しみにしていました。
商業色を排して、趣味の会としてでいいから続けてほしいな・・・と、一ウオッチャーとしては切に願います。

『GOEMON』鑑賞

.05 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
腰が痛くても映画は見れるってことで、『GOEMON』を観てきました。自宅そばの停留所からワーナー・マイカル・シネマズまでバス一本でいけるので。
5月1日に公開されたばかりの邦画。CG使いまくりでアクションかっこよさそう、というのが動機。石川五右衛門が主人公なので、時代怪盗アクション映画かと思ってたんですが・・・意外に戦国バトルアクション映画でした。

いや、正直おもしろかったですね!
時代考証とかはほとんどフレーバー。というか合わせる気無しっていうか。戦国時代の演義ものというか、無双とかBASARAていうか。そのつもりで観ると、おいしいどころ満載で。微妙にずれてる歴史がかえってストーリーの予想を不可能にさせてくれて、最後まで手に汗握って観ましたよ。こういう羽目の外した歴史物、大好きです。

オールCGの背景・効果も、まあWETAとかには遙かに及びませんがスケール・迫力の表現をとれば、セットよりか成功していると思いました。自分がCG映像に慣れている、というのもあるかもしれませんけど。いい意味でゲームにもアニメにも負けてません。

主人公の五右衛門はもちろん、三成の邪悪っぷりとか、霧隠才蔵やその部下とか、登場人物や設定がどれも魅力的。で、やっぱり一番は、茶々様。茶々様、けなげで! 広末涼子の茶々様はこれまでの淀君に持ってたイメージを変えちゃいましたね。それ以外にも、五右衛門らの幼少期。これはいい。幼少期だけで、映画が1本作れはしないか、とか思ってしまうほど。少年たち、かっこいいぞ。

とまあ、キャラ(?)萌え的に満足なんですが、強いて言うなら、結末は『グラディエーター』的というか、頃合いでバサッと切ってほしかった。ディレクターズカットでやらないかな・・・そうして続編作ると・・・・無理か。


[リンク]映画 GOEMON 公式サイト

移動不能

.03 2009 未分類 comment(2) trackback(0)
連休に入って速攻、腰が破壊されました。
着座可能なるも移動不能。
現在三日目だけどまだ外出できない。
連休だからよかったと言うべきか、連休なのにと言うべきか(ノД`)

友人も入院中なので我慢我慢。

もう少し自宅療養すれば歩けるほどには回復するかな。

というわけで今日は読書。


現代紛争史 山崎雅弘


現代紛争史』。以前紹介した山崎雅弘さんの以前の作品。国際貿易センタービルでのテロ直後に出た本で、ベストセラーになった本。表紙はビン・ラディンですがアル・カイーダ関連だけでなくてイラン・イラク戦争やフォークランド紛争なども扱っていて、ややこしい国際紛争をまとめて理解するのに役立ちました。

で、今改めて読み直してみて、月日の経ったことを実感。
ビン・ラディンもですが、イスラエルのハマスなど、新しい勢力に関することも含めた新盤が出たらいいなぁと夢想。



あと、動けない=家族サービス不可を理由に久々にゆるりとネットなど。
公開されてからちょっと時間経ったけど、

[リンク]ボードゲーム・オフ会さん
記事:ウィッチーズが遊ぶボードゲーム「BATIK KID」

「BATIK KID」。こういうゲームだったんだ。
動画の解説力ってすごいなぁ。

『パンデッミック』日本語版発表!

.01 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
最近、日本語版を次々と販売し、とても勢いのあるホビージャパンさん。
この時期『パンデミック』の日本語版の発表はなかなかです。ただ、自分的には一緒に発表のあった『スモールワールド』の日本語版の方が気になるところ。確か、出たばかりのはずですが?
 HOME