『戦国覇者』を眺めてみる

.30 2009 未分類 comment(14) trackback(0)
とにかく今年も何か作ることにしていたわけで、すっかり目標を忘れたままはや三ヶ月が終わろうとしています。いけないいけない・・・
とはいえ一応、ゲームについてはアイデアも温めていたりはします。
このところ考えているゲームは・・・・戦国時代の国盗りカードゲーム。

もともとは戦国大名をプレイしていて、こういったゲームをもっと手軽にできないかということで色々考えていたのですが、だんだんカードゲームに近づいていったという・・・。現在、一応形になって、プレイテストを始めたところです。とはいえ、1人でちまちまやるには限界も・・・ここは「鍋会」の出番かな? 

しかしまあ、ゲームのアイデアといっても自分の考えるようなものは、とうの昔にどなたかが商品化していることが少なくなく。そんなわけでちょっと他に類似のものはないかということで探してみたらやっぱりありました。

戦国覇者

sengokuhasha01.jpg

カードを使った戦国時代の国盗りゲーム。マップがなくて代わりに、土地を表すカードが入っています。これに軍勢カードと、調略や豊作、一揆などのイベントカードが。やはりありました。

おそらくモンスターメーカー全盛の時代に翔企画から発売されたものでしょう。デザイナーの名前に鈴木銀一郎氏の名前が。もう1人、野宗英邦という方の名前もありますが・・・不勉強のため存じ上げず。

sengokuhasha02.jpg

しかし、駒の入っているところがすごいですね。大名のいる位置を表すユニットの他、築城などのマーカーも。
ルールを読むと戦闘の駆け引きも熱そうです。カードゲームだけど、そこかしこにシミュレーションのにおいを感じるデザイン。結構、戦略的思考が要求されるかも。なるほど・・・・と思うところも多々ありました。
カードのデザインもかなりグッド。やっぱりカードにイラスト入れたいなぁ・・・しかし、自分で書くのは限界が。


ただまぁ・・・デザインの根幹はかなり異なっていたので、アイデアも無駄にはならず一安心。シミュレーションゲームというよりはファミリーゲーム的なテイストで仕上げるつもりです。
そのためには、一にも二にもテストプレイが必要なんですが・・・こういう「ウォッチ」的な記事を書いているときは、実は仕事が忙しくて趣味に使える時間があまりない時なんですよね・・・・

月が変わるのを待つしかないかなぁ。


そういえば、ウォーゲーム日本史では第2号が『新・戦国大名』。シミュレーションゲームの国盗りゲーの定番はやはりここらあたりとすると、うん。やっぱり自分が作るのはファミリーゲームテイストだな!

この映画は見逃せない!?

.25 2009 未分類 comment(0) trackback(1)
しばらく風邪で伏せってて、すっかり更新ほっぽっておりました。たいていなら1~2日もすれば熱がひくもんですが、今回のは3日間38度の熱が引かず・・・。おかげで貴重な三連休も無駄に消えていきました。
その間日本は、WBCで熱上がってたわけで、ホント、侍ジャパン勝利おめでとうでございます。

さてそんなわけでようやくまたふらふらと何か再開。

もうかなり前から戦国づいていますが、ちょっと思うところあっていろいろな武将について調べ物したり。
そんなことしてると、なんかおもしろげなバナーが目に入ってきたわけで。

何だろう「GOEMON」って?


・・・・・・・予告画像でKOされました。
スクゥエア・エニックスばりのアングル、映像美ですよ。日本映画もここまで、できるようになりましたか。
戦国で広末涼子ですよ・・・・

これは必見ですね・・・・


『Down of War』の紹介動画だそうですよ

.18 2009 未分類 comment(1) trackback(1)
国内『Wings of War』最強サイト、「テーブルゲーム・ボードゲームオフ会」さんで、『Down of War』の動画が公開されています。
しかも、ストライク・ウイッチーズのキャラクターを使ったゲーム紹介。ストライク~は実はよく知らないのですが、キャラ立っていて、動画を見ているだけでだいたいの世界観、わかります。ルールもきっちり説明してあって、すばらしい。こういうの作れる根性がほしい・・・

DoWムービー

[リンク]テーブルゲーム・ボードゲームオフ会
記事:Dawn of Warの紹介動画完成

『Down of War』というのは、第一次世界大戦の複葉機の戦いを再現した『Wings of War』の姉妹ゲームで、第二次世界大戦の空戦のゲームです。ゲームのルールの解説は、オフ会さんの動画に譲るとして、この『Down of War』。『Wings of War』のただの焼き直しではありません。

飛行機を示すカードを、軌跡の書かれたカード(マニューバーカード)でつないで飛ばすという基本は同じですが、その運用の仕方が大きく異なっているのです。

『Wings of War』では、マニューバーカードは3枚セットし、全て公開してからまた3枚セットする繰り返しでゲームが進んでいきます。
これに対し、『Down of War』では、マニューバーカードは2枚セットし、1枚公開するたびに1枚追加でセットする繰り返しで進んでいくのです。

この違いが、複葉機と単翌機の戦いの性質の違いを如実に表しているのです。

カードを3枚セットする『Wings of War』では、自相手プレイヤーの機体の移動先はもちろん、自分のの機体の最終的な移動先すらも完全に把握するのが難しく、お互いに明後日の方向に飛んでいくことしばしばです。この大味さ、先の読みにくさは、機体の運動性能の制限と加えて複葉機ならではの視界の悪さとも非常にマッチしています。
これに対し、カードを2枚セットし、1枚使うたびに1枚セットする『Down of War』は、常に1枚先を読んでカードをセットしていくだけなので、自分の機体のコントロールは『Wings of War』より容易です。これは機体の運動性能の向上(操縦桿の操作がすぐに反映されると言った)をうまく表現しています。と同時に、相手の期待の動きもセットされる枚数の少なさにより読みやすくなっていて、これは視界が広がり敵機体の位置を視認しやすくなった単翼機の戦いの様相ともうまくマッチしています。
また『Down of War』では常にカードを追加していくために、戦闘がシームレスになって緊張感の切らせない展開になります。
『Wings of War』ならば、3枚使って1回仕掛ける、そして一呼吸という感じですが、『Down of War』では1枚ごとに敵との距離を詰め、どこかで仕掛ける、という感じですね。

また『Down of War』は1枚のカードに、高速、低速の二種類の軌跡が書かれていて、システムの変化にもより、一つの機体に要するマニューバーカードの総枚数がコンパクト化されています。そういう点で、プレイアビリティが非常に向上しているのも特長です。くわえて、この高速、低速の使い分けが、駆け引きに大きく絡むところも非常によくできています。


そんなわけで、『Down of War』はいろいろな点で『Wings of War』と趣を異にします。
『Wings of War』をダイナミズムあふれた空戦ゲームとするならば、『Down of War』は操縦桿の重さを感じる空戦シミュレーターといったところでしょうか。

『Wings of War』の陰に隠れてあまりプレイされている話を聞きませんが、オフ会さんの動画がきっかけになって、より多くの人にプレイしてもらえたらなぁと思います。

気になるゲーム『サンドトレーラー』

.16 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
もうじき発売の『ドミニオン日本語版』とか、『ウォーゲーム日本史』とか、『Down of War』の爆撃エキスパンションとか、『Race for the Galaxy』の2つ目のエキスパンションとか、色々あるのですが、今日はまだ発売日も未定の開発中の作品。

[リンク]武器:にくきゅう
記事:ファミリーゲーム「サンドトレーラー」をテストプレイ

ゲームのテーマがいい。
SFで砂漠で戦闘で貿易。
これで萌えないで、なにに萌えるのか。
名称も格好いい。スクエアヘクスもゲームのテーマに会っているような。
トレーラーのカスタマイズもあるみたいで、コンストラクトゲームファンとしてはうずうずしますね。
早く詳細が知りたいところです。

ここのゲームを開発している集団ワークス・ゼロさん。公式サイトの内容は正直・・・・・・・・・・・・・・・なのですが、上のゲーム開発をしているリンクスさんは、とても頑張っていてサイトも見ていて非常に好感が持てます。研究のために色々ゲームもやられているようですし。日記も見ていて楽しい。
最近の日記では『okko』をプレイされたそうですが、『okko』はチャンバラゲームの一つの完成形。正直、このシステムを超える戦術級チャンバラゲームはなかなか無いと思っているのですが・・・・ワークス・ゼロさんが作っている新選組はどういう切り口なのか、興味の尽きないところです。

『okko』について過去に書いた日記はこちら

MacBookの性能[実体験レポート4]MacでWindowsゲーム

.12 2009 雑記:MacBook comment(0) trackback(0)
さていよいよ(?)Mac(VMware)でWindowsゲームを遊んでみることに。
FF11については前の日記に書いたとおりで、PlayOnlineは激重いながらもかろうじて動作可能、FF11はキャラ周りは問題なく動作し戦闘も可能。ただ背景のポリゴンがごっそり消えていたのはエミュだったからなのか、Macのグラフィック能力が足らないからなのか・・・まあ3Dソフトはもとより期待はしてませんでしたが。

というわけで、買ってみました。

信長の野望

最近戦国付いていることとも関係がないわけではないのですが、どうもPCゲームと言えば「信長の野望」「三国志」「蒼き狼と白き牝鹿」という刷り込みが(汗)。で、調べてみたら「信長の野望」もずいぶん種類が出ているんですね。まあ実験ですし、最新版などはどうせ動かないに決まってます。というわけでちょい古い「嵐世紀」にしてみました。

で、AmazonのUsedをさくっと購入。安いのでいっしょに攻略本なども買ってみる。実のところ、攻略本はゲームのために買ったわけではなく、資料として買ったのだったり。

で到着したので早速入れてみました。

Macで動く「信長の野望 嵐世紀」

おお、動いてる・・・でも、えらく画面がちらつくんですが・・・。死亡寸前のパソコンのモニタみたいな・・・
描画性能の問題とは思えないので、エミュの互換性の問題のような気が。

・・・残念です。

でも、我慢してプレイするんだ(笑)。



まぁ、信長はだめでしたが、ちゃんと動くゲームもあるでしょうね。そんなののまとめサイトとかないかなぁ。


ゲーム鍋会 報告

.08 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲーム会のことを「例会」と言ったりしますが、うちは鍋会です。

今回はシャウエッセンがいっぱい入ったカレー鍋をつつきつつ、赤ワインでほどよく回ってからゲームを始めました。

まずはβ版の「関ヶ原無双」。会場提供の「にっしゃん」氏とゲーム歴皆無に近いにもかかわらずゲーム感のいい「チャムチュカ」に対戦してもらい、自分は観戦です。関ヶ原無双は、小早川秀明の動向が決するまでの関ヶ原の戦いをシミュレートしたゲームで、より押している側に小早川の気持ちが傾く(勝利に近づく)のが特徴となっています。
東軍は「チャムチュカ」氏。東軍は開戦直後は行動できる部隊数に制限があるため、全面的に仕掛けることができません。そこで「チャムチュカ」氏は、右翼三成正面を攻勢主軸に定め、左翼中央で受けることを選択しました。攻撃力の高い井伊隊を投入しての左翼攻勢は強烈で、島左近は戦死し、石田隊、蒲生隊も武将自ら戦う状態に陥ります。しかし、追撃で深追いした井伊隊が島津、小西隊と接触、戦闘で返り討ちに遭うと東軍右翼の突進力は失われ、その隙に石田、蒲生隊が部隊を再編して立て直します。
一方、受けに回った東軍中央左翼に対し、にっしゃん氏は宇喜多、平塚、戸田隊を押し出して全面的に攻勢に出ました。しかし、足の遅い大谷隊が突進に追随できず、兵力不足から戦線は膠着状態に陥ります。そこでちゃむちゅか氏は本多隊をこちらに投入して宇喜多隊を一つ一つ切り崩し、小早川の気持ちを東軍に傾けていきました。ここで思わぬ活躍を見せたのが宇喜多隊の明石。明石が本多隊を引きつけ、その間に、西軍は最左翼に戦力を集中。これにより福島、藤堂、京極が次々と退き、再び小早川の気持ちは西軍寄りにもどってしまいました。
そうこうしているうちにゲームはいよいよ最終ターン。チャムチュカ氏は直前に戦線を一時縮小して再編した部隊を一挙に宇喜多秀家、石田三成にぶつけました。宇喜多秀家と石田三成の両方を除去して東軍のサドンデス勝利を狙います! しかし、蒲生隊と小西隊が邪魔をしました。宇喜多秀家が後退したのみで、三成は攻撃をしのぎきります。
ここにいたり、小早川秀明は、もたもたしている東軍を見限り、西軍につくことを決心します・・・つまり、西軍にっしゃん氏の勝利となりました。
おかげでかなり貴重なデータがとれたので、二人には感謝です。

CA390598.jpg
[写真]関ヶ原無双プレイの終了時。軍の被害としては西軍の方が多かったが、全般的に押し気味に進めた西軍に小早川は微笑んだ

さて、その後は本命の『Race for the Galaxy』ですが、一人がワインで酔いつぶれたため自分、にっしゃん、ちゃむちゅか氏での三人プレイとなりました。全員が初めて、しかも酔っぱらいときたものです。ルール読みながら、アクション一つ一つ確認しつつのプレイで、かなり時間がかかりました。途中までゲームの仕組みがわからず、三人とも無駄なアクションを連発していましたが、やがて要領がわかってきて回転がスムーズに。しかし、これからというところでゲーム終了。たまたま得点計算をしたら自分の勝ちでしたが、ルールもよくわかっていない中でのことなのであまり実感もなく。
しかしやっとルールが理解できたのでもう一戦・・・と思いきやタイムアップ。ゲーム会はお開きになりました。

しかし、『Race for the Galaxy』はやるほどにおもしろいゲームらしいということで、次回再戦が決定。ほかリクエストで『モンスターメーカー(初代)』と『モノポリー』が出て、次回のゲームは一応決まりました。
しかし次回はいつだろう? それまで『Race for the Galaxy』のルール覚えてられるかな・・・(汗)

ダイイング・メッセージ

.06 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
昨日(といっても今朝の4時)の日記のタイトル、まるでダイイング・メッセージですね。「水戸黄門は時代劇の夢を見るか」と書いたつもりが…さすが、眠気頂点の頭は何考えてるか分かりません。

明日は午前中は仕事で営業先を回りますが、午後からはゲーム鍋会に出席です。「Race for the Galaxy」と「関ヶ原無双」ほか、プレイの予定。

なので今晩も改良などで寝れそうにありません。構想中のゲームは、明日は間に合わなそう…

共通認識は印籠の夢を見るか

.06 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
こちらになかなか興味深い話題が。

[リンク]へっぴりごしでふるぶっぱ
記事:時代劇RPGはなぜ“盲点とされている”のか?
記事:時代劇はだから盲点と“されて”いる

えっと・・・こういう難しい話は苦手ですが、「共通認識のすりあわせが容易」という点は同意です。

なのでそこに着目したTRPGを作っていたのですが・・・・
今や見事に頓挫していますよ、と。

そういえば、時代劇TRPGといえば「水戸黄門」がありましたね・・・・。速水螺旋人さんのリプレイ漫画がいつも以上に愉快だったという。
RPGamer vol.12号 芝居遊戯 水戸黄門

自衛隊応援マガジン『MOLIBITO(守人)』創刊号

.05 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
最近、知り合いのあちこちの日記に確定申告の話題が。春ですねぇ。

MOLIBITO(守人)自衛隊応援マガジン

さてさて、先日、新創刊された新しいミリタリー専門誌『Molibito(守人)』を入手しました。ミリタリーといっても自衛隊に特化した内容で、今回の特集は日米合同演習ヤキマ、というターゲットも軍オタというより自衛隊ファンに受けが良さそうな本です。コラムが充実してたり、巻末にバッチリ自衛隊マンガが載ってたりするあたりもその辺を意識してるのか、全体的にも読みやすい(読むところの多い)印象を受けました。

で、個人的にニュースだったのは、こちらに宮永忠将さんが記事を書いておられること。宮永氏は「自分もこんな文章がかけたらいいなぁ」と思っている人の一人でして。GJのガンダムヒストリーの記事以来のファンというやつです。最近、活躍の場を広げておられるようで、ファンとしては嬉しい限りです。

NGO設立だそうです。

.04 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
ちょっと前ですが、B2Fgamesさんに非常に興味あるお知らせがありました。

[リンク]B2FGames
記事:3月2日、新会社設立します。New Games Order。

新しい問屋を作って、少しでも安く卸せるようにしたい、そうして業界の活性化に貢献したいという内容に読めました。消費者目線としては、卸値が下がれば小売りの努力次第で売値も下がる可能性があるわけで、それは願ってもないことという気がしたのですが・・・・

日本最大級の掲示板、そのボードゲーム総合板では、アンチの書き込みが予想以上に多くてビックリしました。「アホみたいに批判されるようなことじゃないだろ」と冷静に反応している人もいるんですが、何でしょう・・・・違和感ばかり感じて非常に気持ちが悪くなりました。
消費者が、より安く買える店で買いたいと考えるのは普通のことでしょう。小売店レベルでは、新規参入、価格競争、定価価格化を望みながら、なぜ流通レベルでは新規参入、価格競争が否定されるのか・・・ちょっと分かりません。ただ、筋の通し方などを問題にする人も少なくないようですし、業界関係者が中心にこれらを書いているのだとすれば、新規参入、価格競争を拒む流れも理解は出来ます。

これまで掲示板には、業界の人も一部はいるだろうと思っていましたけど、もしかすると逆なのかもしれないですね。

もっとも、自分は一消費者として、B2Fさんを応援しますよ。

MacBookの性能[実体験レポート3]日本語入力

.01 2009 雑記:MacBook comment(0) trackback(0)
がまんしつつ使ってましたが、

やっぱり、「ことえり」使えねぇ。

確かに、昔に比べればかなり良くなりました。tab変換とかいろいろと使い勝手も改善されていますが、ATOKの変換にはかなわない。といっても、漢字変換の精度がすごいということじゃなくて(いやもちろん精度も差がありますが)、部分確定の機能が優秀ということですが。
ことえりに部分確定機能があれば、もしかしたらもっと我慢して使うかも。

ああそうか、「ことえりが使えねぇ」のではなくて「ことえりを使えねぇ」のか、自分...orz

そういうわけで、素直にATOKを買うことにしました。

しかし、ATOK。Windows版は2009年版が出ているのに、Mac版は2008までしかないとはこれいかに。今まではMacが先に出ていたはずなのですが、Justsystemの開発方針が変わったのか・・・ま、2008年版はLeopard(Intel)にも対応しているし、会社でも使っているので辞書も共有できて、十分なのですが。
で、ATOK 2008 for Macにはプレミアム版とかWinとのコンパチ版とかバリエーションがありますが、通常版 を購入することにしました。もちろん、安いから。しかもパッケージで買うと9,800円ですが、ダウンロード版なら7,140円なので、こちらにしてみました。当然、マニュアルとかないわけですが、

どうせATOKのマニュアルなんて飾りですよ

偉い人にはそれが分からんのです。

そんなわけで、Just MyShopで購入手続き。すると、「こちらの商品の方が安いですが変更しますか?」という謎表示。
表示されたのは、ATOK 2008 for Mac AAA優待版。どうも、過去にATOK製品買っているとこちらを買えるらしい。優待版だと4,725円なのでパッケージの半額。当然、こちらに変更です。
こういう案内は親切でいいですね。


〈・・・・・ダウンロード中・・・・・インストール・・〉


ここからはATOKで書いています。変換も快適。動作もすこぶる軽快です。誤変換も今のところありません。さすがATOK。
 HOME