スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自衛隊出動 某日/対馬海峡

.30 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
昨日の晩は、一人で鑑対鑑戦闘を練習。練習シナリオの2は、韓国艦隊の対馬海峡突破阻止を想定した海上自衛隊艦艇同士による対抗演習という設定。ニュースで一躍有名になったイージス鑑「あたご」も日本側として参加です。
今回こそ、集中運用の出番。艦艇はタスクフォース/グループとしてまとめて運用でき、タスクフォースでは防御などにメリットがあります。バラバラに行動するより、艦隊を組んだ方が良い、というわけですね。ゲームをプレイする上でも、コマを積み重ねて動かすより、タスクフォーズ/グループに置き換えたコマを1つ動かすほうが、面倒が無くていいというのもあります。どのみち、火力を集中するためには、同じヘクスに船を集めなければならならないのです。

タスクフォースを組んだ仮想韓国艦隊は、対馬海峡を北上。対して自衛隊は竹島~境港間で迎え撃ちます。突破を防ぐためにいくらかの艦艇を散開させた上で、日本側の主力でやはりタスクフォースを組み、韓国側にガチンコ勝負を挑みました。
日本側にはイージス艦が2隻有り、ミサイル戦闘ではアドバンテージがあります。そこで韓国側艦隊は、対鑑ミサイル攻撃一辺倒を止め、移動接敵してからの近接戦闘に切り替えました。これが奏功し、日本側のイージス艦「あたご」と「みょうこう」は撃沈、ミサイル力の大きなコルベット鑑も沈んで一気に劣勢。押し切られて仮想韓国側艦隊が勝利しました。

ミサイル戦闘では活躍するイージス艦ですが、近接戦闘では特別に強いわけでないようです。防空の要を守るためには、タスクフォース/グループを組むのはもちろんとしても、周辺部隊を含めた戦術的展開など研究が必要なことを認識しました。

『アジアン・フリート』。難しいけど、面白い。
スポンサーサイト

自衛隊出動 某日/対国籍不明潜水艦

.28 2009 未分類 comment(2) trackback(0)
某日、海上自衛隊は東シナ海の宮古島南方海域に国籍不明の潜水艦を発見した。連日の領海侵犯に対し業を煮やしていた海上自衛隊は、同盟国へのポーズのためにも、攻撃も辞さない覚悟で部隊を派遣する・・・・

というのが、『アジアン・フリート』練習用シナリオ1の設定。派遣されるのは護衛鑑「くらま」「ゆうだち」の2隻と対潜哨戒機P3Cが2機。目標は国籍不明の潜水艦・・・使うユニットは中国のだけど。
アジアン・フリート シナリオ1 登場ユニット

分厚いルールブックでしたが、ルールは希にみる真面目さで読んだので、参照しながらプレイできるほどには頭に入りました(ちなみにソロモンキャンペーンはまるでダメでした。思い入れの違いか?)。個々のルールがどう機能するかはまるで想像つきませんが、やりゃあ分かること。というわけで、プレイ開始です!

〈写真:シナリオ1 初期配置1〉
アジアン・フリート 初期配置

写真は初期配置。護衛鑑が適当に潜水艦を補則してます。南九州の鹿屋飛行基地には対潜哨戒機がスタンバイ。
シナリオブックによると、潜水艦は日本の海域を北上して、一定ラインより北へたどり着ければ勝ちで、自衛隊はその前に攻撃して、一定以上の損害を「与えたに等しい」結果を出せればいい、と。つまりこのシナリオでは自衛隊の攻撃は全て威嚇攻撃で、実際に損害は与えないらしいです。リアルですね。
自衛隊勝利のために必要なのは、「撃沈」もしくは「損害を2回与える」こと。さて、自衛隊にできますかねぇ・・・。
アジアン・フリート 初期配置 アップ

海の戦いの基本は、索敵です。相手より先に見つけて叩く!
で、この『アジアン・フリート』もその例にもれず、索敵して敵を発見しないと攻撃できないようになってます。敵を見つけるには、船や潜水艦を派遣して敵のすぐ隣につけるか、偵察のために飛行機を出すか、方法は二通り。しかしこのシナリオでは、最初から潜水艦に護衛鑑が張りついているので、すでに索敵成功状態にあります(赤いのが潜水艦。となりの小さなコマが索敵状態にあることをあらわすマーカー)。なので飛行機をわざわざ索敵になど使ったりしません。索敵任務の代わりに戦闘を有利にする戦術支援か、直接の攻撃、どちらかに使うことにします。とりあえず、戦術支援を試してみよう。

〈写真:戦略航空作戦ディスプレイ1〉
アジアン・フリート 戦略航空作戦ディスプレイ

ということで、某日朝のターン。哨戒機2機が東シナ海に飛び立ちました。
で、海ではまず、主導権争い。先手を取ったのは自衛隊。しかしそこで早速、作戦ミスが露呈します。対潜攻撃(ASM)は、複数の艦船で共同して行えるのですが、そのためには同じマスにいる必要があったのです。初期配置を適当にやったのがまずかったのか・・・とりあえず、対潜戦闘に特化した護衛艦「くらま」が、哨戒機の援護を得て攻撃します。
攻撃のために振るダイスは10面体。0~9のダイス目で、振った結果は7。航空機の戦術支援を合わせると・・・潜水艦に1ヒット! さい先いいスタートです。次に潜水艦が北上するのを妨げるのに絶好の位置である宮古島の南西、石垣島近海へ2隻を移動させて合流し、グループを形成させました(グループになったので、グループのコマと置き換えます)。これで攻撃力UPです。

一方、潜水艦です。
国籍不明鑑は攻撃できないので、ひたすら逃げるのみです。遠回りになりますが、護衛鑑と宮古島を迂回しながら、北を目指します・・・と、

〈写真:移動結果1〉
アジアン・フリート 1ターン終了時

船から潜水艦が離れたので、索敵状態でなくなり、マーカーが外れました。護衛艦は潜水艦を見失ったようです。
まあ仕方ありません。これで午前のターンは終了で、午後のターンに移ります。
基本ルールだけでプレイしているためか、ゲームは意外にさくさく進んでいます。

で、午後のターン。
まずは飛行機の運用ですが、午前に戦術支援にとばした機体はまだ帰還しておらず、使える機体がありません。なので、次は海での戦いですが・・・・・(考え中)・・・・ああ、そうか!

このゲームでは、船による索敵は移動前に実施します。しかし、現在の状況では潜水艦が捜索できる距離(隣のマス)にいないため発見は不可能です。となると、護衛艦を潜水艦の隣に移動させたとしても攻撃できません。
しかし、しかし・・・対戦哨戒機を索敵に使っていたならば、船による索敵と違って相手が動いても索敵状態が解除されることはなかったのです(その代わり、夜間が来ると飛行機は帰還しなければならないため索敵状態が解除されます)。
船による索敵を過信しすぎました。とりあえず、護衛艦グループを潜水艦の前に回り込ませて行方を妨げます。
〈写真:移動結果2〉
アジアン・フリート 2ターン終了時

午後のターンはこれで終了しました。

そして、夜のターン。
夜になると、戦術支援に向かわせた対潜哨戒機が九州に戻ってきました。しかし、朝まで任務に就かせることはできません。
そして海です。
護衛鑑はなんとか、潜水艦の索敵に成功し、ふたたび索敵状態のマーカーを載せることが出来ました。
しかし、主導権のチェックでは・・・潜水艦が先攻。潜水艦はそこで高速移動を実施し、一気に勝利条件ラインを突破していきました。
〈写真:移動結果3〉
アジアン・フリート 3ターン終了時


海上自衛隊の敗北です。

高速移動の存在を見落としていたのもありますが、対潜攻撃力を向上させるためにグループ化させたため、充分に進路を妨害できなかったのも敗因でした。とにかく、やってみて色々分かってきました。なるほど・・・これが現代の海戦か・・・・

いろいろ分かったので、再戦です。今度はまず、初期配置から慎重に。最初は攻撃力を重視するために護衛艦をグループにしましたが、今度は分散させて潜水艦の進路を妨害する作戦です。
〈写真:初期配置2〉
アジアン・フリート 初期配置 2

というわけで、再び某国の潜水艦がやって来ました。自衛隊出動!

今度は、航空機を無駄にしません。2機のうち、1機を偵察任務に出します。潜水艦の現在位置を空から捕捉させるわけです。
潜水艦は中国製特有の高騒音型で航空索敵はあっさり成功。これで夜までは見失うことはありません。そして、もう1機は戦術支援です。
〈写真:戦略航空作戦ディスプレイ2〉
アジアン・フリート 戦略航空作戦ディスプレイ2

今回、海上では潜水艦側が主導権を握り、先に護衛艦を振り切ろうと逃走を開始しました。高速移動を使うと索敵に引っかかるのですが、すでに航空機により見つかっているため、遠慮無く使っています。先攻を取って、本気で逃げる潜水艦は意外に早いです。
しかし自衛隊も追います。そして、今度は見失いません。2隻で進路をブロックしながら、「くらま」で攻撃していきます。航空支援を投入した午前ターンの攻撃は1ヒット。やっと、本来の海の戦いになってきました!
午後のターン、さらに北上する潜水艦を追って、境界線ぎりぎりで再度捕捉。これが最後の攻撃チャンスです。その結果は・・・・
アジアン・フリート プレイ二回目最終ターン

これはいけてる!『熟語ドミニオン』

.27 2009 未分類 comment(2) trackback(0)


手札への循環を鑑みて山札を思い思いの攻略で育てる『ドミニオン』。そして、漢字の組み合わせで熟語作りゲームを楽しめる『熟語トランプ』。この素晴しい2タイトルの楽しさを融合させたゲームを考案してみました。熟語トランプの作者さん認定の、説明書には載っていない新しい応用ルール「熟語ドミニオン」をご紹介します。

◎熟語ドミニオン(2~4人用, 所要15分, 熟語トランプ:上級 専用)
応用ルール紹介:熟語トランプ用『熟語ドミニオン』





以前、こちらの熟語トランプについて書きましたが、まさかその後こんな遊び方に発展するとは思いもよらなかったですね。どうも遊んだ人の感想によると、とってつけた風ではなくて、まじめに遊べるルールだったとか。
これだけ流行ってるドミニオンですから、絶対次が出てくると思ってたけど、まさかこういう次があるとは予想外でした。こういう発想力、欲しいなぁ。

買うか、熟語トランプ。

Appleからの「パスワードリセット」と「MobileMe」のメール

.25 2009 未分類 comment(1) trackback(0)
昨年11月に来ていたメール。その時はフィッシングの類だろうと気にもとめなかったのですが、あらためて目にしてちょっと不吉な予感が。

・・・これって、誰か第三者がパスワードのリセット申請をしたってことじゃね?
下記はそのメール。




From: AppleID@apple.com
Subject: Apple ID パスワードリセットの確認
Date: 2008年11月●●日 ●●:●●:●●:JST
To: <9Joeのメールアドレス>
Reply-To: AppleID@apple.com

<9Joeの本名>様,

下記のURLをクリックまたはウェブブラウザのアドレスウィンドウにコピー&ペーストしてアクセスしてください。こちらのURLで新しいパスワードを再設定することによってパスワードのリセットが完了します。

https://iforgot.apple.com/cgi-bin/resetPassword.cgi?key=<省略>=JP-JA

上記のURLの有効期限はこのメール送信後3時間です。操作方法などご不明な点についてのお問い合わせは、各サイトのサポート窓口までご連絡ください。

お問合せありがとうございます。






フッタがないので、怪しいといっちゃ怪しいのですが・・・とりあえず、疑いについて問い合わせだけはしてみました。

あと、アップル関連といえば、MobileMeとかいうサービスで、「クレジットカードの情報を再入力しろ」とかいうメールが来ました。MobileMeそのものは、どうも.Macのアップグレードらしいことは調べて分かりました。しかし、自分は確かに.Macは使っていたけど、その旨(アップグレード)のお知らせを受け取った記憶がなく、もちろんアップグレードもしていません。なのにこんなメールが来るのかイミフで、これもフィッシングやハックを疑い出すと恐ろしい限りで、メール内に書かれているリンクはクリックせずに、とりあえずアップルのサイトから問い合わせを出しておきました。
下は来たメール。





noreply@me.com
Subject: MobileMeアカウントに関するお知らせ:クレジットカードを更新してください。
Date: 200●年●●月●●日 ●●:●●:●●:JST
To: <9Joeのアカウント>@me.com

もうすぐアカウントが更新します。

お客様のMobileMeメンバーシップは、2009/02/22 JSTに更新されるように設定されています。しかし、お使いのアカウントに保存されているクレジットカード情報が無効か、または期限が切れている可能性があります。サービスの中断を避けるために、MobileMeの「アカウント」でクレジットカード情報を更新してください。






Appleのサイトを読む限り、MobileMeとかいうサービスはOS10.4からしか対応していないらしく、そもそも自分の環境だと、
使用できない。
そういえば、最近なんか動作しないことが多くて、サーバエラーの類かと思っていたのですが、もしかしたら知らないうちにサービス切り替わっていたのかな? そんなことすらも分からないわけで、何かどっと不安がわき出しています。使えないサービスだから更新しなくていいけど、いったいいつから切り替わって(引き落として)いたの?
自動更新だとしたら、事前の告知なく、利用できないサービスを売りつけてるわけで、これって最近よく耳にするリンククラブ事件と酷似な気もするんですが。
.Macは神サービスだっただけに、こんなことでマイナスイメージ持ちたくないんですけど。

とにかくフィッシングの類の可能性とか考えてしまうので、不安で、不安で・・・ゲームが手につきません。

『アジアン・フリート』にみるアジア危機

.22 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
タイトルはかっこいいですが、要はアジフリのシナリオを読み終えたというだけです。

でも、シナリオのシチュエーションがかなり興味深く・・・ありえそうという意味で・・・とても感心しました。思い切りがいいと思ったのは、「宣戦布告」がプレイヤーの任意に任せられていたりする事。攻撃を開始したほうが、勝利条件判定で大きなペナルティポイントを得るのですが、これって国際世論の反応って言う意味では、とても正しいですよね。
とりわけ、シナリオ1は設定が秀逸です。これ、やりたい。

もちろん、シナリオ中、どの勢力も宣戦布告しない可能性(つまり戦闘勃発しない可能性)もあるわけですが(シナリオにも「どちらの勢力も武力行使を宣言しなかった場合」というふうにちゃんと書いてある)、それも一種の“危機”のシミュレーションとして正しいのかも。

シナリオの最後に各国の軍事情勢解説とユニットレーティングの理由とかも載っていて、資料としても重宝ですね。
だから全部合わせて50ページ超とかになるわけですね、わかります。

理解しつつ読もうとすると、1時間に4ページしか読み進められないのですが。
こんな難解なものを何で平日寝る時間半減させて読んでいるのか・・・自分でもわかりません(笑)

アジフリ 読了

.21 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
と言っても、基本ルールだけなんですが。上級は慣れるまでなくてもいいかなぁ…でも選択ルールの長距離空対空攻撃とイージス鑑ルールは入れずしてどうする的に採用予定。とはいえ練習シナリオがついているのが嬉しかったり。

自衛隊出動!・・・か?

.20 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
ずっとプレイしたかったゲームが手元に届いたのでルールを読み始めました。タイトルは『アジアン・フリート』。近未来・・・というか、今、アジアで軍事衝突が起こったらどうなるか?を再現したシミュレーションゲームです。
出てくる国は、日本はもちろん韓国、北朝鮮、台湾そして中国で、それぞれの国の空海の軍事力(日本の場合は防衛力・・・か)がユニットで再現されています。ラプターがあるのも嬉しいのですが、個人的にF18の収録が感涙もの。そういえば事故を起こしたイージス艦も入ってるような・・・結構、資料的価値も高い感じです。

現在ルールブックを読んでいるところで、基本ルールだけならもう少しで読了。これまでもいくつか海戦ものをプレイしましたが、ここまで精密なものは初めてなので一つ一つじっくり頭に入れて、シミュレートしながら読んでます。ファルクラム対イーグルとか・・・・近代兵器も好きなので、想像するだけでも面白いですね。

アジアン・フリート

しかし、マップでかい・・・家で一番大きいテーブルに乗らない・・・

レースは旬じゃない

.16 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
先日、レースが旬かも的なことを書きましたが、違いました。

今、自分的に旬なのはレースじゃなくて、マーチ(行進)です。

頭に「デス」が付く類の。

旬なレースゲーム

.13 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
ずいぶん長いこと、レースゲーム=『アベ・カエサル』ってイメージだったのですが、色々注意して見るようになって最近はモータースポーツのイメージになってきました。最近のレースゲームの駒は、ミニチュア・・・しかも作りが精巧になってきていて、ボードの綺麗さも相まってセットアップの時点から見て楽しめるものが増えているような気がします。最近で目にとまったのはこれ。

[リンク]高円寺0分(すごろくやさんのブログ)
記事:ゲーム紹介:フォーミュラD

ミニチュアが精巧(しかも小さい!)のもいいんですが、コンパネがギアボックスになっているところがすごい。車のギアがあがる毎に、振るサイコロの面数が変わるのも面白そう。

コンポーネントに凝っていると言えば、先日紹介したブログ「無限連装プロダクション」さんで紹介されていた『Leader1』もそう。

[リンク]無限連装プロダクション
記事:気になるゲームLEADER1

これもミニチュアが小さいながら、かなり良くできています。三台一組でレースをするのがミソだそうで、聞くところによれば駆け引きがかなり熱いらしいです。レースゲームと言えば、1人1台のイメージがあったので、そこがかなり目から鱗的。これも是非ともプレイしたいゲームの一つです。

同様のチーム戦で、ミニチュアの良くできたレースゲームと言えばバイクレースで新作が。

[リンク]a-game(アナログゲームショップ)
記事:MOTO GRANDPRIX

こちらはどうも2人1組のようで、コンパネがメーターになっているみたい。『Wings od War』を出しているNEXOSのゲームなのできっと面白いに違いない。

というわけで、今自分的にレースゲームが旬です。
次に来るのは、何のレースゲームかな。

こちらでご紹介いただきました

.09 2009 ★関ヶ原無双 comment(0) trackback(0)
自作シミュレーションゲームの『関ヶ原無双』ですが、こちらで紹介いただきました。
ベタ褒めで赤面ものです。

[リンク]無限連想プロダクション
記事:歴史の成績2の俺が「関ヶ原SLG」を作ってみる【未定】

それはそうと、こちらの『無限連想プロダクション』さん。幅広く活動されているんですが、ゲーム制作もがっつりやられています。今、開発が進んでいるのが自分の知るだけで5つぐらい? 実際はもっとあるに違いありません。どれもユニークな視点、アイデアで、完成が待ち遠しい限りです。関ヶ原のSLGも作られるんでしょうか・・・? 今年もブログから目が離せません。

「関ヶ原無双」を更新

.08 2009 ★関ヶ原無双 comment(0) trackback(0)
『関ヶ原無双』のダウンロード報告など、ちょこちょこいただきまして、大変嬉しく思っている今日この頃です。で、早速なんですがちょっと修正箇所が見つかりまして、データを更新いたしました。
お手数ですが、すでにダウンロードされた方は再ダウンロードをお願いします。
また、ご意見ご感想などは、この「同人SLG『関ヶ原無双』」関連にどうぞ。

ゲームはこちら。
[リンク]歴史シミュレーションゲーム:関ヶ原無双

作戦級の無双SLG

.07 2009 ★関ヶ原無双 comment(6) trackback(0)
先日アップした『関ヶ原無双』の、サイトの説明文が間違っているのに気づいた。

プレイ対象者が「とりわけ戦術・合戦級を好む人」って、戦術級の無双って普通じゃん...orz

ちゃちゃっと修正いたしました。

「とりわけ合戦級・作戦級を好む人」です。
作戦級の無双
ってのがポイントなので。

ゲームはこちら。
[リンク]歴史シミュレーションゲーム:関ヶ原無双

オリジナルのロボットレースゲームだそうですよ

.06 2009 未分類 comment(2) trackback(0)
年末どたばたしていて、ビッグニュースを見逃していました。

[リンク]無限連装プロダクション
記事:報告と予告☆ロボットのレースゲーム☆

重力がうんぬんという紹介が気になるところですが、それはさておき、なぜにロボットものは、こうも“燃え”るのでしょう?
色々、通説あるけども、“萌え”と同様、言葉で説明できない何かがありますね。

歴史シミュレーションゲーム:関ヶ原無双

.05 2009 ★関ヶ原無双 comment(1) trackback(1)
ちょっと予定より遅れましたが、何とかアップしました。

[リンク]歴史シミュレーションゲーム:関ヶ原無双

こちらから必要なルール&コンポーネントのpdfをダウンロードできます。全て含めて4ページしかありません。A4サイズで関ヶ原の戦いを合戦級で再現した、駒さばきを楽しむゲームです。

作戦級でちゃんと形にした(サマリでなくルールブックとして書いた)のはこれが初めてかも。同人作品としてどこかに投稿しようかしら・・・って、内容的にムリですね。デフォルメが強いので。でも、ゲームの展開、そしてプレイヤーの視点的にヒストリカルな関ヶ原のシミュレーションゲームになったとは思います。
今後は調整もですが、コンポーネントをいじっていこうかと思ってます。マップはまあ割とよくできたと思うので、できればユニットを。表には家紋、裏には武将のシルエットなど入れてそれらしくしてみたいなぁと(目標的には宗春氏のようなデザインで)。

というわけで、このゲームはバーグ先生に捧げよう(<注:まだ先生は死んでません)

年越し行事

.01 2009 未分類 comment(0) trackback(0)
『Nile Online』を放置プレイしながら『関ヶ原無双』のコンポーネントをつくりつつ年が明けました。どうみてもダメゲーマー的年越しです。ありがとうございました。

というわけで、

新年あけましておめでとうございます。



毎度適当なブログですが今年もよろしくお願いします。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。