ゲーム開発状況

.27 2008 未分類 comment(0) trackback(0)
以前Mixiに今年の目標として「作品を3本完成させること」と書いたんですが、間もなく4月も終わろうとしています。つまり、そろそろ1本目が完成しないといけない頃合い。ところが・・・まだ完成していません(汗)。

今年の制作ラインナップは、TRPGが2本と対戦ゲームの計3つです。
そのうちの一番簡単そうなTRPGの1本をさくっとあげて勢いに乗る予定でしたが、作っていくほどにアイデアがどんどん出てきて「やっつけるに惜しい内容」になってしまってずるずると・・・。

で、焦っていたら、思わぬところからハッパがかかりました。
「GW中にアレ持ってきて」
と友人。

アレというのは、制作予定に入っている対戦ゲームのこと。これは半年ほど前その友人にサンプルを見てもらったのですが、その後、いくつかの問題が発覚してから制作が頓挫していました。
半年、経ってまだ全然進んでいないものを持って行くのも嫌だし・・・とはいえ、今から開発再開しても間に合うわけが・・・

ところが、人間追い詰められると不思議に力が出るんですねぇ。半年、あれこれやって解決しなかった問題に対する回答が、急に頭の上に降ってきました!
ハッパをくれた友人に感謝!!

というわけで、今年最初の1本目の大詰めに入っています。

「脳みそを・・・よ・こせ・・」

.22 2008 未分類 comment(0) trackback(0)
引き続き気になっているゲームの話題です。

ミニチュアを使ったゲームも色々ありますが、今現在9Joeの中でホットなのは『LAST NIGHT ON EARTH』です。友人が所有していたので遊ぶ機会はこれまでにもありましたが、ずっと入手困難な状態が続いていて、やっと最近購入できました。

ゾンビもののゲームは、逃げる人間、追うゾンビとの戦い・逃走が軸になりますが、『LAST NIGHT ON EARTH』はその随所を映画的に演出するシステム的な仕掛けが盛り込まれているのが特徴。ぬかるみ足を取られて逃げ遅れたり、建物内で急に停電になって家捜しできなくなったり、しまいには生き残った男女二人が恋に落ちたり(おいおい)とまあB級ホラー映画ばりの展開が起こるため、ゲーム性がとてもドラマチックで何度も楽しめます。
パッケージやカードに使われているビジュアルが全て実写というのも良い雰囲気で、個人的にはそこが一番ツボだったんですが、友人は同梱されていたサントラCD(ゲームの雰囲気を盛り上げるために使うらしい)にはまっていました。

最近出た続編の『Growing Hunger』と組み合わせて遊んでみたいのですが。こちらも現在入手困難のようです。

「飛べない豚はただの豚だ」

.18 2008 未分類 comment(2) trackback(1)
今日あたりからしばらく、気になるゲームについて書いていきます。

第一次世界大戦のエースパイロットとして複葉機を駆る空戦ゲームに『Wings of War』というゲームがあります。飛行機の軌跡が描かれたカードをプロッティングして戦うんですが、簡単で駆け引きが熱いです。またカードのイラストも海外ゲーにありがちなけばさがなく、カードを広げるゲームにしては遊ぶスペースがテーブルで収まるのも好感度が高いです。

結構ファンがいるようで、最近、すごいブログを見つけました。
テーブルゲーム・ボードゲームオフ会
すごい熱意に感心。

で、このゲーム、続編として舞台を第二次世界大戦に移した『DAWN OF WAR』というのもあります。こちらはゲーム性をよりスタイリッシュかつエレガントにした感じで、上級者向けといった感じです。

違いについてはこちら
a-gameつれづれ日記 :関連記事[1][2][3

この二つのゲーム、友人が持っていて遊ばさせてもらっているのですが、そろそろ買おうかどうしようか、買うならどちらを買おうか・・・などと迷っています。どちらかというと『DAWN OF WAR』に気持ちが動いているんですが、いやいやいや・・・・a-gameで売ってますが、いつまであるかな。


引っ越し

.12 2008 未分類 comment(6) trackback(0)
Mixiに住み込んでいたのですが、
個人的な事情があって日記だけ引っ越しました。

はぁ・・・続くかなぁ
 HOME