『ロボコマ』のチュートリアルを考えてみる

.19 2017 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
日曜日も『ロボコマ』の駒作りのためキャストの流し込みをしていましたが、なんせ、一度型に流し込んだ後は数時間放置なので、いくら時間があってもバンバン生産というわけにはいきません。それで、その間に『ロボコマ』をプレイしました。

『ロボコマ』プレイ中
▲ロボット構築&大戦ボードゲーム『ロボコマ』プレイ中

実は今更ながら『ロボコマ』のチュートリアルを考えていたので、ちょうど遊びに来ていたひなPに「やってみない?」と声をかけてみたのでした。もう小学校高学年なのでそろそろ漢字もわりと読める年頃です。『ロボコマ』のカードは、『ねこあつめカードゲーム』などと違って、対象年齢をまるで考慮していません。

機体はこちらが作り、カードの効果を説明。コマンドのセット、実行、移動、攻撃(射撃)の概要、武装タイプと回避の概念を説明し、いざプレイ!

チュートリアルその1は、「砲台撃破ミッション」。旋回→射撃のみくりかえすロケットランチャー(テロリストがビルの屋上に設置したという設定)を撃破するというもの。機体にロケラン以上の射程を持つ武器を持たせていないので、死角に入って間合いを詰めるか、一気に前進射撃できるか、のどちらかの選択肢があります。ひなPが選んだのは前者で、あっさり第一ミッションはクリアしました。

チュートリアルその2は、「ミサイル撃破ミッション」。さっきと同じですが武器がミサイル。死角が少なく、射程も長いので一度は被弾する可能性がある・・・・はずだったのですが、高速移動のコンボを覚えたひなPが、あっという間に間合いを詰めたのでミサイルを発射する隙がありませんでした。あっさりクリア。ここまで移動の練習と思っていたのですが、むむ、簡単すぎるか?

チュートリアルその3は、「連装砲塔撃破ミッション」。武装が複数あるため、1ターンに2回攻撃を受ける可能性があるというもの。とはいえ、ここまでこれたひなPにとっては、朝飯前でした。逆に2連続攻撃を決めてクリア。

チュートリアルその4は、「装甲付き砲塔撃破ミッション」。シールドが二枚実装されていて、旋回→射撃→シールド展開、というアルゴリズム。これは流石に一撃で撃破とはいきませんでした。しかし、一度防がれたことで要領をつかみ、横に回り込んでからの射撃で今度は撃破。おやおや、これはもう普通に対戦できるんじゃないか・・・

というわけで、ここまできたらそろそろいいかなと思い、最終チュートリアル「対RC戦闘ミッション」を敢行。といっても、敵のRCは操作情報が全部漏洩している機体という設定で、つまりこちらのコマンドをセットするときに内容を全部教えちゃうというもの。これなら今回も楽勝か・・・と思いましたが、さすがにそうはいきませんでした。激しい接近戦で、一撃与えるに成功するもRCは流石に耐久力があります。2連続の反撃に対し、回避方法を間違え、ボムの直撃で戦闘不能となったのでした。

ちょっと疲れたのかここでひなP、休憩宣言。星のカービィの世界に旅立っていきました。お疲れ様〜(もう少し遊んでほしかったな・・・・)
しかし、なかなか、手応えはあったので、この路線はもう少しじっくり考えてみようかなと思っているところです。来年春に本当にGM大阪で販売するなら、チュートリアルを付けてもいいかもですね!

今日もせっせと駒作り〜♪

.15 2017 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
ロボコマの駒づくりに勤しむ最近♪

170611.jpg

といっても、

型から外す→キャスト混合→流し込み→放置

だけなんですけね! バリ取り、整形は後日まとめてやる予定〜

『ロボコマ』ミニチュア型作り(4)

.01 2016 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
連番になっていないけど四回目です。固まった型から原型を取り外す作業。今回は型の形状に凝った分、取り外すのに苦労し・・・・というか、取り外す際に原型を破損。これまでパーツの接着面が外れたことは良くありましたが今回はそうではなく、一体成型の部分がもぎ取れました。これ、原型も疲労しているのかもしれませんね。「これが最後の型になるだろう」という感じでしょうか。

『ロボコマ』型作り

型の凹凸を覧てもらえると、今回の型はかなり知恵を絞ったのがわかっていただけるんじゃないかなぁ・・・

休み突入〜

.29 2016 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
気がつけば放置してましたが、ここで起死回生の休みに突入で作業再開です。今度は粘土を取り除いて、反対側にシリコンを流し込む作業。これで今回も一缶使ってしまいました。これで使ったのは5つ目になったかなぁ。

RC160429.jpg

ロボコマ駒づくり、新しいシリコン

.25 2016 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
シリコンは信越シリコーン(KE-14)と、シロプレンRTV-2K#1406を二種類試したんですが、感触から言うと信越シリコーンのほうが耐久性があって「いける」印象でした。ゆえに次買うときは信越、と思っていたんですがこの間買いに行った時にはそれがなく、つい見覚えがあるのを買ったら「それシロプレンや・・・」てな事になってしまいました。もちろん、それぐらいでどうこうなるほど、緻密な計画じゃありません!(?)

ロボコマ 型作り

そんなわけで昨日はシリコンの流し込み作業をしました。モノの本には、シリコンを流しこむ前にバリヤーコートを塗るよう書いてあるのですが、それが「二回目のシリコンを流しこむ時だけ」のものと「粘土型にシリコンを流しこむ時にも」塗るように書いてあるものとがあり、じつはこれ、どちらが良いのかわからないままやっています。粘土型の上に塗るのはあまり意味が無いようにも思うのですが、ただ塗っている時に粘土表面がやや溶けて原型との境界をなじませてくれるので、違う意味でアリのような気がしていたり。

とか考えながらやっていたら、手順の検討が甘くてシリコンを固める触媒を入れる量がやや少なくなってしまいました。少ないと凝固に時間がかかるらしいんですが、少なすぎて半熟ってことにはならないかとひやりひやり。代わりに気泡が十分に抜けてくれさえすればいいんですが。

『ロボコマ』ミニチュア駒作り再開

.24 2016 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
ロボコマ 製作中

タイトルのとおり、『ロボコマ』のミニチュア作りを再開しました。ゲームマーケットに間に合うかどうかはわかりませんが、まずは型作りからです。型作りもこれでタンク、二脚ともに4つめになります。知り合いから、「そんなに大変なら専門の業者に製造依頼したら?」とアドバイスも貰ったのですが、そもそも「一体成型の限界に挑戦」ぐらいのつもりでディテールに凝っているため、持ち込んだところで「この原型では・・・」と言われそうなので、もうしばらく家庭内手工業でやってみます。まあ、業者に持ち込みに行くような時間も取れなかった、というのが実像なんですけど。

過去何回か書きましたが、型を取る場合には、まず原型を型枠内に敷き詰めた粘土に半分埋めるところから始まります。この時、どこまで埋めるか、がかなり重要で、特に『ロボコマ』の駒のように、エッジが立っている造形で、銃や盾やロケランが突き出しているような形状だと、“平らに半分埋めた”だけではうまくいかない(不良率が高くなったりあとで整形が大変だったりする)というのが、さすがに四回目ともなるとわかってきまして。今回はつきだして横から面を取るような構造(言葉ではうまく説明できないんですけど)も取り入れた型となりました。構造が複雑な分、気泡のヌケが悪いわけですが、そこにパーティングラインを持っていくようにすると気泡が型の接続面から抜けるんじゃないか、という推測にもとづいてもいます。うまくいくといいなー

『ロボコマ』プレイレポ発見!

.12 2013 ★ロボコマ comment(2) trackback(0)
『ロボコマ』のプレイレポートを発見してしまいました!

[リンク]The Northern Wolves' Lair
記事:「こんなものを遊びました」 アナログゲーム

つい最近書かれた記事のようですが、おそらくブログでは1番槍(?)ではないでしょうか!!! (制作協力者のいちねんせいさんのブログは別として)
いや、ホント嬉しいですね〜! 管理人のエノ様、ご購入、そしてプレイしていただき、誠にありがとうございました!

こちらの方もゲームを作られているようなので、今後は興味深くブログを見させていただこうと思ってます!

『ロボコマ』ご注文ありがとうございます

.02 2013 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
rc130901.jpg

少し前から『ロボコマ』を直接販売させていただいていますが、おかげさまでお問い合わせ多数いただき嬉しい限りです。仕事がなかなかハードで週に3回しか帰れないとか、平日all終電とか平気であるもんで、休みの日も溜まりまくった町内活動や家族奉仕に喰われてメールチェックも忘れがちになるのでこれまで二の足を踏んでいたのでが、「再入荷をずっと待ってました」みたいな話も聞かせていただいたりで、こんなことならもっと早くにやればよかったと痛切に感じています。『ソリティア関ヶ原の戦い』を遊んだ方からの感想などもらったりもして二倍嬉しい!

もっとも、状況変わらないので注文が重なったりすると、受注生産/発送の対応のためにお待たせしたりすることも有りまして。その辺りご容赦いただきながらになっておりますが、ロボット設計&対戦ゲームスキーの方はご検討ください。

ご注文方法についてはこちらです(といっても巻頭記事ですが)。

『ロボコマ』を久々に遊ぶ

.06 2013 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
会社に入った新人君が意外なことにヘビー・ゲーマーなことが発覚。ボードゲーム経験はそうそう多くはないものの、ちらりと『ロボコマ』を見せたら食いついてきた!

そんわけで、先週末仕事がふけた後、久々に『ロボコマ』をプレイしたのでしたw

一回戦は、なんと新人君の勝利! 「ミサイルはロックオンが必要だからちょっと難しい武装ですよ〜」と説明してたのですが、組んできたのがまさかのミサイラー機体! ミサイルの連続発射がまさかの直撃(高速移動で特攻したところに被弾した)で開幕後あっというまにやられてしまいました。マジ、油断禁物ですわ。え? いや、ほんと、手加減とかないから!

第二戦は雪辱を果たすべく、防御兵装もしっかりと機体を設計。二脚型の機動力を活かして中間距離から飛び込み接近戦に持ち込む計画で対戦しました。しかし、今度は高威力の多弾頭ミサイルを装備しておりシールド越しのダメージで脚部を損傷(移動カード減)。機動力を失ったところに、二脚殺しのビーム兵器で攻撃を加えてくるとか、君ほんとにこのゲーム初めてかwww
しかし、間一髪ポジショニングでビーム兵器の直撃を回避。ここにいたってようやく間合いがつまり、カウンター攻撃から爆雷へのつなぎで状況逆転。何とか勝利できました。ふう、ビームを読みちがえてたら敗北決まってたわwww

で時間もほどほどになったので、最終戦。先の薄氷の勝利ではいかんともしがたく、この理数系の新人君にデザイナーとして圧倒的な差を見せつけねば、と機動タイプながらホバー型を選択。高度差を生かしたアウトレンジで圧倒だ! と思いきや、追い詰められて接近戦になる始末。しまった、白兵戦用武器を用意しておくべきだったとか後悔。しかし、なんとか手数で押し切っての勝利となりました。でも新人君は、ちょっと設計ミスがあったみたい。

まあ、なんだろう、久々のプレイで自分のほうがテンション高かったような気がしますが、また新人君、対戦してください(このブログ見てる?)。しかし痛恨は写真の撮り忘れ! ガッデム

で、そんな事があったから・・・というわけではないでしょうが、a-gameさんから『ロボコマ』のオーダーをいただきました。ゲームマーケット2013秋で扱ってくださるそうです。今から10個なら充分準備は間に合うはず。
「10個以上でもいいんですよん」といってみたら、新作はないんですかと言われたので『ねこあつめ』をPRしたら、「10個もあれば」みたいな感じだったので、こちらもきっと扱ってもらえるでしょう!

完成すれば!

ですが。そんなわけで、大阪をまたずして英雄開発事業団としては3つ目のゲームが発表〜となるかもしれません。

ゲームマーケット2013お礼

.30 2013 ★ロボコマ comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット2013春は大盛況だったそうですね。毎回記録更新ってすごいイベントになってきましたね。

その28日は、ロボコマお買い上げくださった皆様、ありがとうございました。楽しんでいただけますと幸いです。また、製造数が少なくて手に入れられなかった方がおられましたら、ちから及ばすですみませんでした。また次回がんばりますので、気長にお待ちくださいませ。

しかし、自前で出店計画できない自分が恨めしい・・・みんなとロボコマやりたいよう。
 HOME