気になるゲーム(2017年8月20日)

.20 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
お盆の間、USPを探しに行くつもりでしたが、色々用事ができて行けませんでした。まあそのうちチャンスもあるかなと思っていますが、そうこうしている間にも気になるゲームがちょっとずつ増えてきてきました。忘れないようにメモしておかないと。

カルタヘナ完全日本語版(アークライトゲームズ)
http://www.arclight.co.jp/ag/index.php?page=products&code=LG-0195
有名なゲームですがずっとプレイする機会がありませんでした。日本語版、しかも追加ルール有り、というなら買ってもいいなあと思っているところです。

駒50個の大東亜戦争(ボンサイゲームズ)
http://lforn.exblog.jp/26965282/
対米開戦前から考えることができる太平洋戦争ゲーム?(あ、だから大東亜戦争か)というのは貴重かなと思っています。カードを使うようなのでソロプレイできるのかどうかがとても気になります。

姉川の戦い-ならず者、織田信長を討ち取れ-(サイフォン)
http://si-phon.jp/solo/002/index.html
スマホゲームですが、ボードゲームライクなゲームづくりをしているサイフォン。ソロプレイ専用アプリに力を入れていますが、第一弾の架空戦のとはちがって今回はテーマが戦国時代。久々に遊んでみようかなと思っています。

パンデミックレガシー:シーズン2(ホビージャパン)
http://hobbyjapan.co.jp/gamelist/pandemic_legacy_s2/
パンデミックと言えばアークライトと思っていたので、なにげにすっかり別物と思ってました。ストーリー性のあるゲーム? キャンペーンメインのゲーム? らしく、一回のキャンペーンしか遊べないようですが、相当に面白いとか。どういうゲームなのか気になりますね。

Fish! Dash! Cash!(twitter @Tadatoshi)
https://twitter.com/jintosi/status/898919115322146817

国防軍の夜2(twitter @PeriodGames )
https://twitter.com/PeriodGames/status/894143364638973952

ゲームマーケット2017秋に向けて、同人ゲームも色々新作が動いているようですね。自分のゲームは来年向けですが、頑張らないとあっという間にその日が来てしまいそうです。そういえばゲームマーケット2018大阪は4月1日開催だとか。いつ予約開始なんだろうか。

しかし・・・なかなかお小遣いのマネジメントが厳しいですね。

USPについて雑誌を当たったら月刊GUNが・・・

.10 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
先日、「評判のUSPはマネジメントがすごい」という日記を書きましたが、その後、もっとよく知りたいから「ネットではなくて雑誌を当たってみよう」と思いまして、久々に何を買おうかと雑誌を調べてみたらなんと、国際出版の月刊GUNが廃刊になっていたことを知りました。あーそーなのかー。とても残念ですが仕方ありません。なんかそういえば、噂でそれっぽいことを聞いたことがあったような・・・。ネットでも廃刊を悲しむ投稿が見つかったりして・・・

で、その代わりと言うかHobbyJapanから出ているGUN Professionalsを発見。これもやはり月刊誌らしくて、サイトで見た限りかつての月刊GUNと雰囲気も似ている。しかもこれはたまたまだと思いますが、この9月号の特集が「M9時台の終焉」とかで、この30年間を振り返る内容になっているなんて、復帰組には最高の内容じゃないっすか?(あまりUSPについては載ってなさそうですが)

そんなわけで、帰りは書店にGOなのです。

評判のUSPはマネジメントがすごい

.08 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
USPっていっても経済用語のことではなくてH&K社のUSPです。え、そんなことはわかってるって? 最近知ったんですが、このUSPの開発におけるリスク・マネジメントのエピソードが結構ツボでしたんで、急にUSPが好きになってしまったという話です。

9Joeも男の子の例に漏れず、昔はサバイバルゲームなどもしてまして。当時好きだったのがコルトガバメント。ガバメントのあのすらっと長い首とスリムなボディ、そして大口径に惚れまして(エアガンは別に口径関係ありませんが)、おかげでずっとハンドガン専門でした。
ところが時代は9mmパラベラムへ。「弾数多くて口径小さいくせに貫通力高い」とか詐欺的な理由(でも本当)で米軍の制式拳銃がベレッタに変わったことで、アンチ9mmに。その結果、ドイツ軍に採用されたH&KのP9(USP)にも感心がまったくありませんでした。
でも流石にポリマーフレームのグロックが評判になり(空港のセンサーに引っかからないとかいう噂もありましたが、これは映画ダイハードの影響が大きい!)、マトリックスなどでも見かけるようになるとちょっと浮気しまして。ついロングマガジン込でグロック買ったりしちゃいました。
でもですよ。グロックは所詮遊び。ブームが過ぎ去るとあの手堅くまとまりすぎてるデザインにも飽きて、ヤフオク様にてさようならしたわけです(単純に、自宅においておく場所がなくなったからとも言う)。

それを最後に、すっかり銃とは離れていたんですが、ひょんなことから久々にエアガンを弄んでみたくなりまして。それで最近はどんな銃が人気なのかなとしらべていたらUSPが結構評判いいらしい。今ではドイツ連邦軍だけでなく、日本警察の特殊部隊や陸上自衛隊も使っていると知り、むくむくと感心が!

で、さらに興味をひいたのが、設計の部分。前身となるP7は登場当時から変わった銃と言われてましたが機構とかに色々問題があったらしく、その反省に立って「あえて現状の技術のみを使い開発」したのがUSPというのが気に入りました! そうなんですよね。銃は信頼性が大事ですよね!(だったらオートマチックではなくて・・・とかはこの際置く)
結果的にそうなった、というよりメーカーが設計時のリスク・マネジメントをきちんとして、リリースに持っていき、計画通りにヒットさせたというのにちょっと惚れました。アメリカ市場向けの45口径もありますしね!

USP 45口径
USP 45口径(Wikipediaより)

そんなわけでUSPをちょっと欲しているわけですが、自宅から自転車で通える距離に開放倉庫があって、そこが結構エアガンが充実しているので、次の週末にでも覗いてこようかなとか思ってます。あるといいなぁ、45口径。

君の名は(ドイツ語)

.07 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
翻訳ゲーム物色の記事に各所からコメントなど頂きまして、こんなに反応あるなんてと喜んでいる9Joeです。読み方のわからない「Neuschwabenland(非匿名、なんちゃらランド)」については、 ノイシュヴァーベンラント(ドイツ語)だと教えていただきました。感謝感謝! どうにもドイツ語でしかもクソ長い名称だし南極にドイツ語なんてありえないだろうと調べる前から造語だと勝手に思ってました(バカ)

その『ノイシュヴァーベンラント』。どうも某ゲームショップで和訳を作るという情報をキャッチしましたので(ショップはこちら)、翻訳は本職に任せようかと思います。代わりに、9Joeはゾンビゲーム『DEAD RECKONING』のほうをやろうかなと。まずは、お盆に突入してからな〜

次なる和訳対象ゲームを物色中(2017年8月6日)

.06 2017 未分類 comment(2) trackback(0)
テストやグラッフィク制作は残ってますが、一応『珊瑚海海戦カードゲーム』も完成したので、ようやく心を落ち着けて別のことにかかれます。システムやルールで悩んでいるときは、ゲームを遊んでも気がかりで素直に楽しめませんからね。その別のこと、とは何かというと和訳制作です。

先日、『ASTRA TAITANUS』の和訳が完成したので、次の犠牲を現在物色中。候補は現在三つに絞られているんですが、さてどれにしような、というところ。

候補その1
finanl frontier 1
『Final Frontier』(VPG)

見ての通りのSFゲーム。9JoeはSF大好きですし、しかも宇宙探検テーマですからね。人間やエイリアン、ロボットなどのクルーとともに目的達成を目指す、ということで結構ロールも楽しめるんじゃないかと。ただ、コンポーネントがゴージャスなので、ちょっと和訳大変じゃね?と、ビビってもいるんですが。ちなみに、同名のゲームを過去持っていたんですが、これは中身がまったく違っています。
finanl frontier 2


候補その2
dead reckoning 1
『DEAD RECKONING』(TinyBattlePublishing)

SFと対抗できるテーマと言えばゾンビですよね!(異論は認める)
こちらはゾンビゲームながら、なんと六角ヘクスという仕様。そしてその上、安定のカードドリブン。しかしダイスを使わないのがこのゲームの特長らしく、システム的にいろいろ楽しみであります。
dead reckoning 2


候補その3
Neuschwabenland 1
『Neuschwabenland』(TinyBattlePublishing)

なんと読むのかよくわかりませんが、表紙はUFO。それもアダムスキー型。シチュエーションは、南極にいるドイツ第三帝国の残存兵力がエイリアン部隊と戦うというもので、どれも9Joeの好みがもろに出てますね。しかも、ユニットなどのグラフィックがかなり好み。
Neuschwabenland 2

個人的にこのなんちゃらランドは、グラフィックにセンスというかこのテーマに対する気合が感じられます。ルールブックも中身が何これかっこいい。そしてシナリオがブックとして独立していて、なんと六本も入っているのです。
Neuschwabenland 3

Neuschwabenland 4


『Final Frontier』が一番手間取りそうなので、早めに終わりそうな(といってもまた一年とかかかるでしょうが)ゾンビかUFOからかかろうかなと。でもゾンビは当たりハズレが大きいから、やっぱり『Neuschwabenland』かな? コンポーネントも三つの中で一番シンプルだし。というわけでちょっと悩み中です。

リニューアルしたサイトに増えたもの

.02 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
せっかく更新して報告日記まで書いたのに、なぜかリンクがおかしくなっていて飛ばなかったのに今日気づくとか、自分的に残念の極みです。正しい飛び先はこちらです。

英雄開発事業団サイト(ゲームとか創作集団のサイト)
http://daikonkun.jp/

よーし、今度は大丈夫なはず!

さて、リニューアル時に追加したのは何だったかというと
『ねこあつめカードゲーム』
『リーダーズアイドル』
の、2つでした。

『リーダーズアイドル』はそのうちフリー・ダウンロードにしようかなと考えてまして。ただ、コマをどうするかという問題と、DTPゲーム化するとルールの書き換えも要るのでその時間がほしいなぁという感じです。
これとは別に、近々追加するかもしれないのが『珊瑚海海戦カードゲーム』の紹介です。とはいえ、開発中のため、予告ページみたいな感じにしかならないと思うのですが。

英雄開発事業団のサイトを更新しました。

.31 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
サイト作りに使っていたGoLiveがサポート打ち切りになり、MacのOSに対応していかなくなったことから長らくWEB制作はやっていなかったんですが、会社でWEBを作る必要が出てきたので、ここはいっそと先週新しいソフトの使い方を勉強していました。

WEBサイト作りといえばDreamWeaverですが、これが正直どうにもクセのあるソフトでして。挑戦するのは今回3度目。前回、前々回は予習無しで挑んで返り討ちにあったので、今回は、予習込み&テンプレートからという決断をして挑戦。が、見事に敗北。WEBサイト上にある、一日でできるWEBサイト作りみたいな動画のウリ文句、絶対信用できない(感想には個人差があります)。
しかし、探せば他にもソフトは有るもので。とりあえずは、それで放置していた英雄開発事業団のサイトを更新してみました。

英雄開発事業団のサイトは、かれこれ最終更新が2012年。なんともう5年も未更新でした。その間に、いくつか新作も出せていたので、これもコンテンツに追加。追加しながら、「これもそろそろ再販したいな」とか「これはもう時代的にどうか?」とあったので、説明文も更新したりしています。

平日はサイトと動画をみて使い方を覚え、作業は土日で集中してやったのですが、なんとか最低限は形になったかな?
ソフトの使い方も覚えたので、今後はサイトもちょくちょく更新していこうと思います。

英雄開発事業団 ホームページはこちら

オススメめのラーメン屋さん

.29 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
四ツ橋線四ツ橋駅のなんば方面出口の方に近いところにあるラーメン屋さんHippo。今年に入って見つけたのですが、今、いちばん通いたいお店です。
メインは鶏ガラスープの塩ラーメン。というか、鶏塩ラーメンしかありません。しょうゆやとんこつやその他の引き立て役の塩味のラーメンではなく、本気の塩ラーメン。

しっかりした深みあるスープに、腰のあるストレート麺。塩ラーメンは食べた気がしない、っていうことけっこうありますが、それってスープがものたりなかったり、スープを絡ませるために麺が細めで食べ応えがなかったりだと思うんですよね。Hippoのラーメンはしっかりした麺にしっかりしたスープが絡んで、しっかり味覚を刺激してくれます。細ねぎが絶妙なアクセントになり、チャーシューが甘く舌に溶けます。スープは最後までくどくなく食後のさっぱり感も塩ラーメンならでは!
ちなみにさらにさっぱりが好みの方には、レモンラーメンなんてのもあります。鶏塩の深みとレモンの清涼感が混ざって、塩ラーメンと思えないパンチ力があります! お店の人の話では、女性に人気とか。

9Joeは塩ラーメン好きであちこち開拓しているんですが、ひさびさに「これだ!」というラーメンに出会いました。
価格も手ごろなのですが、半ラーメンもありまして、それが500円歩っきりなのです。仕事帰りとかにもつい寄れてしまうので、本当にこまりものです(笑)。

『CHRONO BLAZE』『FLEET』を遊んでみる

.04 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット2017春の新作、そのなかでもロボットものカードゲームということで注目していた『CHRONO BLAZE』を遊んでみました。機体のカードと武装のカードが存在する時点で、何らかの機体構築要素の存在を感じさせてくれるわけでして。ワクワクドキドキ、ゲーム開封の儀式〜〜〜

chrono blaze プレイ中
▲『CHRONO BLAZE』プレイ中

『CHRONO BLAZE』はサークル「重大工房」さんの作品。二人用のカードゲーム。このゲームには二種類の機体が収録されていて、プレイヤーはどちらかの機体を使用することになっています。各機体には、隊長機1枚、僚機2枚がセットになっていて、1ゲーム中に各プレイヤーは3機まで使用します。武装は共通の山札としてシャッフルされ、基本的にはここから補充していきます。最初は何枚かランダムに与えられるので、最初の機体カードと合わせて手札となります。

カードは場にセットアップし、相手のカードを攻撃したり、場合によっては相手プレイヤー本体を攻撃することもできます。攻撃は場に展開した機体が行いますが、そのためには武装が必要。武装は機体の隣に配置されたものだけが使用可能都というのがこのゲームのポイントで、状況によって一つの武装を複数の機体で共有したり、使用する武装を切り替えたりすることになります。たとえば上の写真では、自分の機体2機の間にライフルを置いていますが、このライフルを今2機が使用しているわけなんですね。ちなみに自分の機体の後ろに裏向けておいているカードにはミサイルランチャーがあり、もし邪魔が入らないようならミサイルに切り替えて、相手の後列や本体を攻撃するという布陣だったりします。

攻撃された場合、機体は反撃または回避を選択可能で、攻撃力がある場合は反撃、攻撃力が低い場合は機体固定の耐久力を使って回避(ルール用語ママ使用)することになります。撃破されると戦闘フィールドから取り除かれてリペアゾーンに置かれます。武装カードの場合は機体と違い、攻撃されると自動的に撃破となるため、出すタイミング、置く位置が重要です。上の写真では相手の機体の正面に置いている自分の武装は直後にリベアゾーン送りになりました。

独特なのはそのリペアゾーンのルールです。ここには基本的にカードは表向けて置かれますが、修理したいカードがあれば、そのカードの修理値分だけ他のカードを裏面にすることで、手札に戻せるのです。リペアゾーンには、自分の手番を使って手札からカードを送り込むこともできるので、戦闘よりも修理を優先する選択も可能です。これはダメージコントロールの限界、リソースの消費をうまく表していると思います。多くの場合、武装の修理より機体の修理が優先されますが、特に強力な武装を失ったときなどは状況次第でそちらを取ることもまたあります。

敵カードを排除すると、空きができます。よくあるTCGとは違い、この『CHRONO BLAZE』ではそこに自軍が進撃することができます。自分の移動フェイズで、開いている隣接スペースにカードを動かせるのです。ただし、動かせるのは1枚だけ。機体を動かす場合に自分の配置している装備カードから機体が離れないようにしなければ、続く攻撃フェイズで何もできないことになります。
上の写真では、敵の右側の一列ががら空きとなり、前に進める機会がありました。しかし、そのまま自分の右側のロボットが前進させると、武装との接触がなくなるので、次の攻撃フェイズで何もできません。
そこで使えるのが、補給フェイズでの武装カードの配置と移動フェイズにおける置き換えルール。前進したいスペースに補給フェイズで武装を置き、次の移動フェイズにその新しい武装と機体の置き換えを行うと、ロボットは前進しつつ、武装も使える状態となるのです。

気になったので、武装の構成を調べてみました。

chrono blaze カード構成
▲『CHRONO BLAZE』の武装カード構成

装備は近距離、中距離、遠距離用と防御用、撹乱用の5種類と、普通、ちょい高性能、高威力だけど使い捨ての3グレードになっています。高威力の使い捨て武装をどこで使うかが、勝敗に大きく影響したような気がしました。もっとも、どの武装カードが手に入るかはまったくカードの引き運次第なんですが。

ゲームはリペアカードつまり損害を多く与えた方の勝ち。機体3機、配置と進撃、修理ローテーションなどを考える内容で、思っていたコンストラクション系ロボバトルゲームというよりは、作戦戦術級ロボットカードゲーム、という印象でした。「ナウシカシステム」ってのが頭をよぎりましたがきっと気のせい。


時間もあったので『FLEET』もあそんでみました。

FLEET プレイ中
▲『FLEET』プレイ中

こちらは新作ではないんですが、自衛隊の艦艇がたくさん登場するカードゲーム。売り子さんの説明では「ワーカープレイスメントで、最後に戦闘があります」とのことで購入。
プレイしてみた感触から言えば、一般的なワーカープレイスメントではなかったんですが、手札の隊員カードを使って艦艇に任務を行わせたり、後のプレイを有利にすすめるために購入したりして自分の艦隊を作り、最後に戦闘し、残った艦艇のVPを集計して最も多い人が勝利というゲームで、拡大生産系ゲームと言えなくはありませんでした。

ストーリーはなくて、プレイヤーの立ち位置や最後に自衛隊の艦隊同士が何故戦うかも不明ですが、とにかく艦船が実際の名前でカード化され、それぞれに細かなルール付がされている当たり、どうしてこの船を購入すると隊員が増えるのか、VPになるのかなど、作り手の思いを想像するだけでも楽しめます。3人プレイでしたが、最終決戦でまるで勝負にならずに最下位の悔しさといったら。


そんなわけで、久しぶりにロボットゲームをやって、また創作意欲が湧いてきました。というわけで、今日も『ロボコマ』の駒を生産しています。来年の大阪あたり、英雄開発事業団として出店できることを目標に頑張る!
ロボコマ 駒製作中

ゲームジャーナル63号を眺めてみる

.31 2017 未分類 comment(0) trackback(0)
最近何か忘れてるな〜と思っていたら、ゲームマーケットの新作レビューの続きのことでした。予告しながらすみません。いろいろな事情でプレイまでこぎつけられてないというのが現実です。完全週休二日導入はよ!(誰に言っているのか)

そんな中ですが、ゲームジャーナル63号をゲットしたので眺めてみました。
まず、衝撃なのは次号予告(オイ!)

池田やすたか氏の戦略級関が原! タイトルは今風の『シン・関ヶ原』ですが、ピピっときたのが、「ウォーゲーム日本史の関が原合戦のリメイク?」

いや、それだとすると、これヤバイ。かなりいい感じでヤバイです。もう何年か前から「池田さんの関ヶ原のリメイク出すべき」と周囲(誰に?)にいい続けてきた手前、まあこれはまさにそれではないかと思うわけです。
もともとの関が原合戦は、ゲームルールはかなりコンパクトでいいんですが、プレイ時間がやや長く、勝ち筋の部分でも少し改良の余地が有りました。余地があるんだから進化を期待するのは当然ですよね!
しかもマップは、ポイントトゥポイントからエリアへ変更。もとの関が原だとコマが多くて、ポイントに置ききれなかったりしたのでこれも僥倖かもしれません。

などと、勝手に妄想して、全然新作だったらどうしようか。
 HOME