FC2ブログ

ゲームデザインの悪手とは

.19 2019 未分類 comment(0) trackback(0)
仕様変更でログインできなくなって、このブログも終わりか〜と軽く絶望しかけてましたが、サポートの対応で復活した9Joeのらくがき帳です。

さて、復活最初は自作ゲームの宣伝から、といきたいところでしたが、まだ形が固まってない企画ばかりなのでアピールはちょっと自重します。万一完成しないと出す出す詐欺もしくは、それ俺が先に考えてたマウントみたくなるのもいやですしね!

さて、目下9Joeは頼まれもののゲームの和訳の真っ最中。これが終われば、やっと『ノイシュヴァーベンラント』のプレイ&記事書きを再開できて、それから、やっと本命の『Dead Reckoning』の和訳に入れます。新作ゲームのデザインも並行してますが、これまた行き詰まってまして、なかなか妙案が出ないんですよね・・・

ところでゲームデザインといえばここ数年、Twitterもデザインの方法やコンポーネントの作り方、宣伝やインストの仕方など、レクチャー系の話題が増えてきた気がします。それだけ同人ゲーム界隈が成熟してきたってことなんでしょうね。
ただ、それゆえに見解の相違とか、常識の造成に対する反発などでの意見衝突も以前より目につく気がします。プロ(を目指す人)向けなら、そういうヒントはありがたいのかもしれませんが、趣味の人からすれば縛られたくないと感じたとしても仕方ない思います。とはいえ、無理な押し付けさえなければ問題ない話のはずなので、それがそうなってないのは、プロ(プロ志向)の人とアマチュアが全く同じフィールドで発信し合うTwitterのサガでしょう、きっと。

ちなみに9Joeの趣味のゲーム作りは、思考錯誤しながら一つ一つ発見していくのが楽しいからやってるので、ハウツーとか〜論的なのにはあまり関心ありません。へー、そういう考えもあるんだーぐらいですかね。それより、遊んだ、楽しかった、これイイじゃんという話題の方が、よっぽど影響を受けますです、ハイ。

たとえ妄言でもッ! 僕はゲームを作ることを止めないッ!

.24 2019 未分類 comment(0) trackback(0)
ネットで「ゲームを知らないからこそ生み出される枠にはまらないアイデア」に対して「型破りなことは型を知っていないとできない」という投稿を目にして考えさせられました。

9Joeとしても、知らぬが故の発明は「そう何度もあることじゃない」と思いますし、独創的なアイデアが浮かんだと思っても「世界で先に3つは同じアイデアの商品が出てると思え」を戒めとしてるぐらいで、もっと言えば無知をいいことにオリジナル無双するのはもっと敬遠したいことですが、「ゲームを知らないからこそ生み出される枠にはまらないアイデア」を「妄言」と断じられると、もやもやしますね。

9Joeとしては型破りについては、「型を知らねば出来ない」とは思っていません。型を知らねばできないことは、「思いついたアイデアが希少資源かどうかの見極め」だろうと思っています。凡庸なアイデアは捨てて、比較的珍しいアイデアは残す、というような取捨選択では限りなく有利というだけです。もちろん、型には叡智が詰まっているので参考にしない手はないですが。

まぁ、そうでも思わないと、ニートゲーマーの9Joeとしてはゲームを作る意味がなくなってしまうので(笑)

チュートリアルとリプレイ

.16 2019 未分類 comment(0) trackback(0)
そういえば次のゲームマーケット大阪の日程が発表されましたね! 現在制作中のゾンビゲームですが、今からプレッシャーがかかってまいりました! ちゃんと完成するんだろうか!? 申し込んでも新作なしとかだったら超爆死デスネ・・・・

とりあえず、お陰様で再販も完売した『珊瑚海決戦カードゲーム』の予備部品が少しだけあるので、足りない部品は手作りするなどして、商品を組んで訳あり品として持っていこうかなと考え中です。

その『珊瑚海決戦カードゲーム』ですが、うれしいことにチュートリアルがわかりやすかったとお褒めの言葉をいただきました!(感激)
「チュートリアル」は9Joeとしてもこだわったところなので、その甲斐がありました。特に『珊瑚海決戦』は情報隠匿要素があるので、ルールの適用ミスはプレイ崩壊に直結しますから(人狼で正体を明かすようなものかな)、プレイ前に「索敵のしくみだけは掴んでもらいたい」という思いがありました。内容を詰め込んだために文字はちょっと小さかったのですが、ゲームの最低限必要な流れはつかめるものにしようとギュウギュウと・・・・。

ゲームを知ってもらうには「リプレイ」が一番、という話はよく聞きますが、それは雰囲気や面白さのポイントを伝えるためで、ルールやシステムを知ってもらうには「チュートリアル」が有効かなと9Joeは思っています。ですから、またちょいムズゲームを作るときはしっかりしたものを添えようと思いますです。

ところで最近、このあたりの言葉の定義が曖昧になっているのかな、と思うことがしばしばあります。リプレイと言いながらほとんどルール解説だったり(レビュー?)、対戦報告みたいなチュートリアルとか(リプレイ?)・・・・書き手のスタイルと思うことにしていますが、チュートリアルと思って読んでてゲームの感想が飛び込んできたりするとやはり目眩がするので、他山の石にしようと思います。

気になる(なっていた)ゲーム(2019年6月15日)

.15 2019 未分類 comment(0) trackback(0)
ゲームマーケット前に書こうと思っていたのですが、なんかいろいろ立て込んでオーバーランしてしまった9Joeです。もう入手したものについては消化予定、まだのものは通販なり次回なり購入の予定ってことで!

●ギャラクティックパワーズ銀河大国(一石ラボ)
『ブランクワールド』に続き、超壮大な宇宙戦略シミュレーションゲームということで大注目でした。こういう戦略的ゲームは海外にはいろいろあるようなんですが、日本語化されてないとハードル高くて、9Joeのようなライトゲーマーにはちょっと手が出ません。そういう意味でとても遊んでみたいゲームです。通販待ち。

●ボトムズタクティクス「青の騎士ベルゼルガ物語」拡張データカードセット(KEY商会)
当ブログでも紹介したことのあるガンヘッド、ボトムズボードゲーム「ブルーナイト」のKEY商会さんから、ボトムズタクティクスの拡張が出てました。写真を見た限りかなりしっかり作られているので、データやシナリオもきっと凝ったものになっているハズ! 今後のどこかのGMで購入予定。

●東京Resistance(堀場工房)
たちばないさぎさんのマンガでプレイしたい意欲が爆上がり。設定が漫画になっているっていいですね! 某通販ショップの取扱開始待ち。

●プラネットメーカー(アークライト)
Blue Orange社のゲームの日本語版。これは予約したので、到着待ち。早く遊びたいなぁ。

●the dead : beloved one(Latent Mellon Games)
新作ではないそうですが、泣けるテーマのゾンビゲームということで注目。ソリティアというところでも注目でしたが、これは今後入手は難しいでしょうね・・・・


というようなところですが、またも部屋に置く場所がなくなってきたぞ、どうする・・・・

MacBook&Mojave 設定メモ

.09 2019 雑記:MacBook comment(0) trackback(0)
去年、それまで使っていたMacBookも限界にきて、起動に15分Adobeソフト起動に30分ではとても作業にならなくなっていたのでMacBookを新調、環境もMojaveに移行したんですが、今とても快適な9Joeです(当たり前)。

Mojaveは現状Macの最新OSですがVerでいくと10.14。9ぐらいまでは九九のごとくに暗記していましたが最近はちょっと考えないと名前が出ない感じになってきました。 ちょっと振り返ってみます。

10.1 Puma ※9を使う人が多かった印象
10.2 Jaguar ※まだまだ10は重い印象
10.3 Panther ※このあたりから使えるようになった気が
10.4 Tiger ※え、まだ9を使っているの?という感じ
10.5 Leopard ※良いOS
10.6 Snow Leopard ※DVD提供された最後のOS
10.7 Lion ※DLオンリーOS。ディスクがないことから敬遠
10.8 Mountain Lion ※同じく
10.9 Marverics ※Leopardから挙げられる最後のバージョンで多用した
10.10 Yosemite ※順当にアップ。重くなる
10.11 El Capitan ※重くなるのと不具合を敬遠
10.12 Sierra ※サポート期限の都合でアップしたりしなかったり
10.13 High Sierra ※最初から入っていたら使った程度かな・・・
10.14 Mojave

動物じゃなくなってからが曖昧ですね・・・・それはともかく。
環境を新しくしたのはいいのですが、なんといってもゲーム制作の必要性からのアップだったので、基本機能のアップとか設定とかそういうのを後回しにしていて、環境設定とかは必要最小限のモノ以外変更せずにそのまま使っていました。改めて最近ちょっと調整したのが以下。

●ファンクションキーをよく使う人向け
環境設定から「キーボード」項目の「キーボード」タブを選び、TouchBarに表示する項目に「F1、F2などのキー」を選ぶ。

●Siriさんがよく起動して困る
タッチIDのボタンの横にSiriさんがいるのでよく誤って触ってしまうという人向け。環境設定から「キーボード」項目の「キーボード」タブの「TouchBarをカスタマイズ」をえらび、起動してもあまり差し支えない「輝度調整」などのアイコンをドラッグして右端に移動。デフォルトセットの並び順を変えられることに注意!
※ファンクションキーを表示する設定にした場合はこの問題も同時解決!

●勝手に音声入力が始まる!とお嘆きの場合
環境設定から「キーボード」項目の「音声入力」タブを選び、ショートカットから「Fnを2回押す」を変更する(使わないならオフに)

●ドラッグするときに変なことが時々起こる!
トラックパッドがクリックの強弱を感知するようになったので、強くドラッグし過ぎのときなどに発生します。環境設定の「トラックパッド」から「ポイントとクリック」を選び、「調べる&データ検出」を「1本指で強めのクリック」から「3本指でタップ」に変更すると解決

とまあ、些細なことですが、普通一度しか設定しないことばかりなのでメモメモ。

今の調査課題はF13以降のファンクションキーをどうやったら使えるのか。フリーソフトなどを使わないできればベストなんですが、調べて出てきたとおりにしてもなかなかうまくいかないんですよね・・・・
 HOME